ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第72号

ここから本文です。

更新日:2011年6月10日

もぎたてさっぽろ第72号

ろご 第72号
平成23年(2011年)6月9日

 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の西です。
 札幌も日に日に暖かくなってきて、日中は半袖で過ごせる日が増えてきました。陽気に誘われて、先週末にまた円山動物園に行ってきたのですが、外歩きがとても気持ちの良い季節になりましたよ。

 昨日からYOSAKOIソーラン祭りが始まっています。この後も札幌まつり(北海道神宮例祭)、夏まつりとイベントが目白押し!
 ということで、今回はアウトドア特集(果物狩り、ゴルフ、ウオーキング)と夏まつりの情報をお届けします。

「藻岩山再整備について」
 2010年4月から再整備のため営業を休んでいる藻岩山の観光施設は、ロープウェイ山麓駅、山頂駅の建物の解体等も始まり、工事が本格化しています。
 それに伴い、利用方法等が変更になりますので、ご案内します。
 ・スキー場コースを利用して登山される方は、山頂駅付近で工事の案内標識に従って通行をお願いします。
 ・山頂及びロープウェイ山頂駅付近は工事中です。工事区域内には立ち入りができなくなっています。
 ・登山者休憩スペースは、展望台の下に移設しています。登山者休憩スペースのそばに仮設トイレを用意しています。
 2011年12月予定のリニューアルオープンまで、皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
藻岩山から見た夜景
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

☆☆今月のトピックス☆☆
1 「くるるの杜」で感動の収穫体験!
2 涼しい北海道でゴルフはいかが?
3 地下街ウオーキング?!
4 第58回さっぽろ夏まつりは7月21日(木)~8月20日(土)
5 ようこそさっぽろ6月の特集

りぼん
 1 「くるるの杜」で感動の収穫体験!
りぼん 

 北海道にも短い夏がやってきます。さわやかな風を感じる初夏6月の札幌は、果物狩りが始まる季節。札幌市内にはいくつもの観光果樹園があり、6月の中旬のいちご狩りから始まり、11月まで、さくらんぼ、プラム、ぶどう、プルーン、りんごなど、様々なフルーツが楽しめます。目の前に生っている新鮮な果物を自分で採って食べる喜びと美味しさは格別!

サイロ

「くるるの杜」のかわいいサイロ

 観光果樹園のオープンを待ちきれず、札幌市に隣接している北広島市にある「くるるの杜」の「いちご収穫体験プログラム」に参加してきました。「くるるの杜」は、種まきや収穫など季節に応じた農業プログラムや調理加工体験が体験できる施設。子ども向けかと思いきや、大人が楽しめるプログラムもたくさんあります。
 札幌の中心部から地下鉄に乗ってバスに乗り継いで1時間ちょっと。畑が広がるすがすがしい景色に、心が癒されます。受付を済ませると、畑を通り抜けてビニールハウスに誘導されました。ビニールハウスの中は、甘い香りでいっぱい。

 収穫前に、いちごについて学習します。いつも食べているいちごですが、知らないことがたくさん。中でも、1粒のいちごに種が300~500個もあるというのには驚きでした!
 いよいよ収穫体験。スタッフの方々が、ひと株ひと株植えて、受粉させて、大切に育ててくれたいちご。一粒のいちごにも、時間と手間がかかっているんだなーと改めて感心し、収穫するときには目頭が熱くなりました。もぎたてのいちごを口の中に放り込むと、すぐさま甘酸っぱい香りが口の中に広がります。感動の美味しさ!!大きくてヘタが反り返っている完熟いちごが美味しいそうです。

いちご

1日に必要なビタミンCは、いちご5粒でクリア

くるるの杜

体験には事前の申し込みが必要です

 季節に応じた作物で体験を行っているので、このメールマガジンが発行になる頃には「いちご収穫体験」は残念ながら終了。その代わりに、新しく「トマト収穫体験」が始まります!そして、これからも順次いろいろな作物の収穫体験ができるとのことです。学習してみると、「採ること」「食べること」が今まで以上に楽しく感じられました。
 ここ「くるるの杜」で収穫体験してから臨むこれからの果物狩りシーズンは、いつもとは違った楽しみ方ができそうです。

 市内の観光果樹園についてはこちら
 http://www.welcome.city.sapporo.jp/play/orchards.html

りぼん
 2 涼しい北海道でゴルフはいかが?
りぼん 

 ゴルフシーズンとなったゴールデンウィークに雪が降ってしまった北海道にもやっと本格的なゴルフシーズンがやってきました!!
 ということで、このメルマガでは初めてとなるゴルフ体験に行ってきました。
 今回、お世話になったゴルフ場は札幌北広島ゴルフ倶楽部。札幌市民だけでなく、本州からも多くのお客さんがプレーを楽しんでいます。それもそのはず、3コース54ホールもの広大な敷地がありながら、北広島ICから車で10分程とアクセスも抜群で札幌市内、新千歳空港からも車で40分ととても利便性が良いのです。
 そんな、札幌北広島ゴルフ倶楽部でのプレー体験記をご紹介いたします。

 ティーグラウンドに立つと、目の前には絨毯のような鮮やかな緑色の芝生が一面に広がります。その真ん中を狙ってのドライバーショット!「あ~っ!」と完全なるミスショット。その後も、全く自分の思い通りに飛ばず、右に左に曲がり、言うことを聞かないボール。せっかくのフェアウェイをほとんど歩くことができずに次のホールへと向かいます。
 コースを進んで行くのは、こちらのカート。今回のように天気の良い日はフェアウェイの中もカートで走ることができます。私のように、ボールがあっちこっちへ飛んでいく方でも楽にプレーすることができます。

緑の絨毯カート

 とあるPar3のショートホール。ここのグリーンは池に囲まれています。大事なボールを池に落とさないよう慎重にティーショットしましたが、結果はもちろん池ポチャ。
 このような特徴あるホールがたくさんあり、飽きることなく18ホールを回ることができました。

池のあるコース

 

広くてきれいなフェアウェイ広くてきれいなフェアウェイ2

広くてきれいなフェアウェイ

OB?

あー、ボールはどこへ飛んでいく

ナイスショット?

ナイスショット?

 9時スタートで終了したのが13時。北海道のゴルフ場はスループレー(途中に長い休憩を挟まずに18ホールプレーすること)が基本。4時間で回ることができました。プレー終了後は、クラブハウス内にある大きなお風呂でゆっくりと疲れをとることができますし、レストランでは、北海道の食材を使った美味しい料理を食べることもできます。
 余った時間は札幌や札幌近郊を観光することもできます。

 今回、同僚と2人で回り、2人とも散々なスコアでしたが、とても豊かな自然の中を歩くだけで清々しく、日頃の仕事のストレスを発散することができました。

 これから夏本番。北海道のゴルフ場は夏でも涼しく快適にゴルフをすることができます。皆さん、ぜひこちらにいらっしゃってゴルフを楽しんでください。夜はススキノで1杯というのも良いのではないでしょうか?

 ようこそさっぽろにもゴルフに関する記事がありますのでご覧ください。
 「さわやかな季節はゴルフを楽しむ」
 http://www.welcome.city.sapporo.jp/play/golf-2.html
 「ボールが見えたらティ・オフ ~夜7時頃までプレー」
 http://www.welcome.city.sapporo.jp/play/bal-golf.html

りぼん
 3 地下街ウオーキング?!
りぼん 

 札幌の初夏は、梅雨もなく涼しくて爽やか。外に出てスポーツを始めるにはぴったりの季節です。
 思いきり体を動かすのも良いけれど、最近は、体に負担も少なく気軽に始められるスポーツとして、ウオーキングを始める人が増えています。

 たかがウオーキングと侮るなかれ。
 いつもより歩幅を大きく、しっかり腕を振って歩くことで、立派な有酸素運動となります。全身の血液の循環が良くなることで、心肺機能強化・脂肪燃焼にも効果があり、生活習慣病の予防にも役立ちます。
 また、自分のペースで歩くことができるため、気軽に長く続けることができます。

 でも、ただ歩くだけではツマラナイ。
 新緑に萌える木々を眺めながら、川のせせらぎの音を聞きながら、あるいは歴史的建造物を巡りながら。自分の体力に応じて、お気に入りのコースを見つけることで、一層ウオーキングを楽しむことができます。
 札幌市では、市民の方との協働によりおすすめコースをまとめた「ウオーキングマップ」を作っており、市内10区で合計108コースを紹介しています。
 ウオーキングマップについては、下記のウェブサイトをご覧ください。
 http://www.city.sapporo.jp/sports/jigyou/walk-sapporo/map/index.html

ウオーキングマップ

 

 

 最近、札幌で「地下街ウオーキング」をする人が増えているのをご存じでしょうか。
 今年3月に開通した「札幌駅前通地下歩行空間」。
 この地下歩行空間の開通により、JR札幌駅から大通を経由して、バスセンター、すすきの方面まで、天候を気にせずに歩くことができるようになりました。
 南北1700m、東西1250mにも及ぶ地下空間は、全体をくまなく巡ると、全長4km以上のコースになります。
 今年開業40周年を迎える地下街はもちろん、沿道のビルと連携した多様な空間は、ついつい歩くのをやめて、寄り道してしまいそう。

 

 

 「札幌駅前通地下歩行空間」のページ
 http://www.city.sapporo.jp/sogokotsu/umall/umall02_network.htm
北一条地下駐車場札幌駅前通地下歩行空間

 

 

 これからの爽やかな季節はもちろん、雨の日や半年近くも雪に覆われる冬にだって、天候を気にせずにウオーキングを楽しむことができるようになりました。
 なかなか普段は運動をする時間がとれないという方も、札幌を訪れた際は、気持ちの良い屋外で、あるいは地下街で、ウオーキングを楽しんではいかがでしょうか。
 札幌の魅力を再発見できますよ。

 

りぼん
 4 第58回さっぽろ夏まつりは7月21日(木)~8月20日(土)
りぼん

 札幌の夏の風物詩、「さっぽろ夏まつり」の開催日が決定しました!!
 大通公園が12,000席も並ぶ巨大ビアガーデン会場となる「福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」、皆さんお馴染みの北海盆踊り、さっぽろバザールも開催されます。夏まつりの開催を皆さんお楽しみに。

 

・福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデンビアガーデン
  日程 7月21日(木)~8月15日(月)
  場所 大通公園4~11丁目(9丁目除く)
       4丁目 ハウス食品 ウコンの力
       5丁目 サントリービア&スピリッツ
       6丁目 アサヒビール
       7丁目 キリンビール
       8丁目 サッポロビール
       10丁目 世界のビール
       11丁目 札幌ドイツ村
 
 ・ステージイベントを縮小し、BGMの音量も小さく
   静かな落ち着いた雰囲気の中で、おいしいビールを楽しもう!
 ・営業時間は21:00まで
   営業終了後は大通、すすきの周辺の飲食店へ行こう!

〈ルールを守って楽しもう〉
・会場内で外から持ち込んだものの飲食はご遠慮ください。
・営業終了後は清掃作業などがありますので、速やかな退席にご協力を。
・過度な飲酒によるトラブル、近隣への迷惑行為はやめましょう。
・未成年の飲酒は厳禁です。また飲酒後の運転はぜったいやめましょう。

 

北海盆踊り北海盆踊り
  8月14日(日)~8月20日(土)
  大通公園2丁目
   子供盆踊り 18:30~19:30
   北海盆踊り 19:30~21:30
  
  8月20日(土)
  大通公園2・3丁目
   仮装コンクール 19:30~21:30

 

・さっぽろバザール
  8月18日(木)~8月20日(土)
  アンティーク雑貨販売 8/18~8/20 12:00~21:30 5丁目
  市民の手作り雑貨販売 8/19・8/20 10:00~18:00 6丁目

 公式ホームページ
 http://www.sapporo-natsu.com/

 

りぼん
 5 ようこそさっぽろ6月の特集
りぼん

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/


※スペイン語版及び携帯版フットナビは2010年3月31日で閉鎖しました。

すずらん 6月の札幌は梅雨がなく、1年で最も雨の少ない月です。
 気温も、平年値で最高21.5℃、最低12.9℃。さわやかで気持ちの良い気候です。
 緯度の高い札幌の6月は、日の出が朝3時台、日の入りは19時過ぎと、15時間以上の昼を楽しめる月でもあります。
 花や緑もいっぱいで観光には最高の季節です。ぜひ札幌にお越しください。

 

○今月の特集
 ■「八剣山」と「エルクの森」~山・森・果樹・ガーデン・ワインを楽しむ1日

札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ■札幌市内都心部とその近くでクロユリ観賞ができる場所のご三家
  (花・まち)
 ■穴場度満点!創成川と狸小路のグルメ
  (女性・若者に人気)
 ■マカロン・札幌スタイル
  (スイーツ)
 ■養鶏家のつくるフワフワ シフォンケーキ
  (産地直売)
  など

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/

 

23年度のイベントスケジュールはこちら!
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H23event-calendar.html


○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第72号」はいかがでしたか?
 次号は、5月にお伝えすると予告しておりました創成川公園(遅くなりまして申し訳ありません)、まちめぐりパス、サイクリングや7月以降のイベントをご紹介する予定ですのでお楽しみに!
 また次号でお会いしましょう!!

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は7月7日(木)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 Fax:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp


このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129