ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第69号

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

もぎたてさっぽろ第69号

ろご 第69号
平成23年(2011年)3月10日
 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の長澤です。
 札幌では、まだまだ寒い日が多いですが、少ーしづつ暖かい季節の息吹が感じられてきました。
 今回は、近々オープンの新施設の情報も載っています!
 ぜひお楽しみくださいね!!
 
「藻岩山再整備について」
 2010年4月から再整備のため営業を休んでいる藻岩山の観光施設は、ロープウェイ山麓駅、山頂駅の建物の解体等も始まり、工事が本格化しています。
 それに伴い、利用方法等が変更になりますので、ご案内します。
 ・スキー場コースを利用して登山される方は、山頂駅付近で工事の案内
  標識に従って通行をお願いします。
 ・山頂展望台については、建物内部の撤去作業までとなります。屋上の
  展望台に立ち入ることはできなくなりますが、トイレは引き続き利用でき
  ます。
 ・登山者休憩スペースは、展望台の下に移設になります。
 ・スキー場の営業期間中は、ロープウェイ山頂駅、山頂展望台付近の工
  事は行いません。
 2011年12月予定のリニューアルオープンまで、皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
藻岩山から見た夜景
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

☆☆今月のトピックス☆☆
1 地下鉄東西線沿線で○○体験!~東西線沿線巡り~
2 転ばずに雪まつり会場に!?~札幌駅前地下歩行空間開通~
3 『ライオンキング』 いよいよ開幕!
4 さっぽろスイーツ2011が決定!
5 ようこそさっぽろ3月の特集

りぼん
 1 地下鉄東西線沿線で○○体験!~東西線沿線巡り~
りぼん

 今回は「体験」をテーマに、地下鉄駅東西線の沿線にある施設をいくつか訪れてみました。
●白い恋人パーク
 
 まず手始めに、観光客に絶大な人気を誇るお土産菓子「白い恋人」の工場見学ができる「白い恋人パーク」を訪れました。
 地下鉄東西線の西側の終点「宮の沢駅」から徒歩で7分、出窓に並んだ雪だるま達がお出迎えしてくれました。工場見学の受付をして入館料を支払うと、パスポートと白い恋人を渡されます。イギリスから移築した建物もあり、まるでヨーロッパのような雰囲気です。
 おや、床に猫の足跡が? じつは、この足跡は「道しるべ」で順路を教えてくれます。100年以上昔に作られたホットチョコレート用の食器やギフトボックスなどが美しく飾られた展示コーナーや、昔の人々がチョコレートを作る過程をジオラマで再現した「チョコ・タイムトンネル」などを抜けると、いよいよ「白い恋人」の製造工場です。
 「白い恋人」が目の前で次々と作られている様子は感動モノ! なんと、平均で一日46万枚も作られているそうです。この数も凄いのですが、かけている手間もすごいのです。ホワイトチョコは8時間もかけて練り上げ、チョコをサンドするラングドシャークッキーは、中心部は白いまま周辺部だけをキツネ色にするために、温度を3段階に変えながら焼いているそうです。
白い恋人パーク外観 パスポートと白い恋人 足跡!! 製造工場
 工場見学の次は「体験工房」へ!
 今回は大きなハート型の白い恋人を作る「私の白い恋人」コースを体験しましたが、お菓子の家を作るコースなどもあります。
 まずは、白いふわふわの生地を型枠に流し込み、均等に伸ばします。生地の配合が気になるところですが、残念ながら企業秘密とのことでした。
 その後オーブンで約8分焼くとクッキー部分が出来上がるので、温かいうちにホワイトチョコをサンドします。甘い匂いが漂い、お菓子作りのワクワク感が高まります!
 冷蔵庫で冷やして固めた後は、いよいよ絵付けです。はしゃいでいた取材班も、ホワイトチョコのペンを持ったら真剣な表情に。それぞれ思い思いに絵やメッセージを描きました。
型枠への流し込み クッキー部分焼き上がり! 絵付け 完成!
 パッケージはもちろん「白い恋人」の袋と箱です(大きさは標準サイズの約4倍もありますが)。箱に収めた後、封印シールを貼って「私の白い恋人」のできあがり!
 手作りながらも、仕上がりは白い恋人そのものなので、なかなかの達成感があります。
パッケージ後1 パッケージ後2
 ここまででも十分楽しいのですが、さらに1階のカフェで「ケーキビュッフェ」まで楽しんできちゃいました♪
 ショーケースに並んだホールケーキを、注文ごとにスタッフが切り分けてくれるというプレミア感がたまりません。
 人気のハードチーズケーキは甘さ控え目の上品な味で、チーズケーキ好きの期待に応えてくれました! ケーキのほかには、パン、タルト、カットフルーツ、ソフトクリーム、コーヒー、紅茶なども楽しめます。朝食を控えめにしてきて良かった~♪
ホールケーキに夢中です! 色とりどりのケーキ!
満腹のおなかを抱えたまま外に出ると素敵な中庭が!!
 夏は美しいロ-ズガーデン、冬は煌めくイルミネーションで飾られています。今回は日中に訪れましたが、イルミネーションは暗くなってからの方が映えるので、夜の写真を載せておきます。
イルミネーション風景 チューブ滑りでおおはしゃぎ!
 毎時0分にはからくり時計を楽しめるほか、この時期限定でチューブ滑りもあります。
 「白い恋人パーク」は季節・年齢・国籍を問わずに楽しめますヨ!

 ~白い恋人パーク~
 住所:札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
 TEL:011-666-1481
 アドレス:http://www.shiroikoibitopark.jp/
 入場料:中庭やショップへの入場は無料。工場見学は600円(中学生以下200円)。
       体験工房はコース別に料金が異なりますので、ホームページで確認してください。
 ※ケーキビュッフェは3日前までの予約が必要です。
●札幌市民防災センター
 
 続いて、地下鉄で「南郷7丁目駅」まで移動し、札幌市民防災センターを訪れました。
 ここでは、いろいろな災害を模擬体験をしながら、防火・防災に関する知識や、災害が発生したときの行動を「体験」して学ぶことができます。
 なぜ観光で防災センター?と思われると思いますが、最近は海外の観光客の方も多く訪れる隠れた観光スポットなのです。パンフレットは英語、中国語(簡体字)、韓国語に対応しています。
 『地震体験』は実際におきた大地震をモデルとして、最大で震度7の地震を体験できます。机の下に隠れたり、逃げ道を確保する、という地震時の行動の訓練なのですが、あまりの揺れの大きさにビビってしまい、右往左往という感じになってしまいました。 
 『消火体験』では、日常生活ではなかなか使うことがない消火器を実際に噴射することができます。訓練用の消火器で噴射するのは水でしたが、実際の消火器は薬剤を噴射します。噴射時間は意外と短いので、覚えておいた方が良さそうです。
 停電で真っ暗なうえに煙が充満している建物内からの避難を体験する『煙避難体験』では、低い姿勢を保ちながら、手探りで進むのは想像以上に大変だという事がわかりました。
 知識として知ってはいても、実際に的確に行動するのは難しい、と改めて実感しました。
 防火・防災の意識を高める貴重な体験ができますので、ご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。
地震体験 消火体験
 ~札幌市民防災センター~
 住所:札幌市白石区南郷通6丁目北
 TEL:011-861-1211
 アドレス:http://www.city.sapporo.jp/shobo/tenji/
 入場料:無料
●札幌市青少年科学館 

 さて、本日最後の目的地に向かいます。 
 『札幌市青少年科学館』は地下鉄東西線の東側の終点「新さっぽろ駅」の1番出口を出ると、目の前にあります。JR新札幌駅からも近いので、空港へ向かう途中や空港から札幌へ向かう途中で寄るのもオススメです。
 科学館は全国にありますが、札幌の科学館では世界初の人工降雪装置や南極の氷を見ることができる低温展示室など、北国らしい展示内容が充実しています。
 2階の展示室に入ると、プラネタリウムのドームを利用した巨大な北半球儀があって、その周囲に様々な宇宙関連の展示が並び、さながら宇宙空間のようになっています。
 臨場感あふれる画面と動く座席が子供に大人気の「スーパードリームライド」や「チンダル像」(氷に花が咲いたような模様で、別名「アイスフラワー」と言います)を見る展示など、札幌ならではの体験はこのフロアで楽しめます。
 3階にも多くの展示がありますが、世界で初めて本格的にゴムタイヤを採用した「札幌の地下鉄」が存在感を示しています。間近でそのタイヤを見ることができ、さらに運転操作の体験もできます。少年のころは何度も来たな~、なんて思いながら、ちょっと熱中しちゃいました。
 北国ならではの展示やアトラクションを豊富に楽しめるほか、3月26日には環境コーナーのリニューアルオープンが予定されており、地球温暖化の影響など環境についてもわかりやすく学ぶことができるようになります。こちらもぜひご家族で訪れてみてください!
北半球儀 札幌の地下鉄 宇宙関連展示 雪の結晶パネル
 ~札幌市青少年科学館~
 住所:札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20
 TEL:011-892-5001
 アドレス:http://www.ssc.slp.or.jp/
 観覧料金:展示室700円、プラネタリウム500円など(中学生以下無料)
        詳しくはホームページで確認してください。
 今回訪れた場所はいずれも交通の便が良い屋内施設ですので、旅行中天気に恵まれなかったときに訪れる場所としてもオススメです。
 また、公共交通機関で市内を巡るときは地下鉄専用1DAYカードなどを使うとオトクです。詳しくは下記ホームページで確認してください。
 http://www.welcome.city.sapporo.jp/ticket

りぼん
 2 転ばすに雪まつり会場に!?~札幌駅前地下歩行空間開通~
りぼん

 札幌駅前地下歩行空間が完成し、3月12日より札幌駅から大通駅まで徒歩で行けるようになります。その地下通路は、「空港通路のようなシンプルでスタイリッシュな作り」になっています。さらに、「地下なのにずいぶん明るい」。それもそのはず、各所に設けられた天窓やガラス張りの出入口によって外光がふんだんに取り入れられ、開放感を演出してくれるのです。
 地下にいても外の雰囲気を感じることができるようになっているので、ただ通行するだけではなく、休憩スペースや接続する沿道ビルのカフェなどでゆったりと過ごすこともできそうです。
 3カ所にイベントスペースがあったり、大型ビジョンが設置されていたりと、情報の発信や市民の交流の場として大いに期待できそうです。
 実際に歩いてみると信号待ちがないため、徒歩10分程度で移動が可能です。季節や天候に左右されることなく移動できるのは魅力的!シンプルでスタイリッシュなデザインになっているので、通行者の装いで季節ごとに彩られ、異なる表情を見せてくれるでしょう。開通して札幌駅から大通・すすきの地区まで一体となり札幌がさらに賑わうのが非常に楽しみですね。
 余談ですが、出入口の壁面と通路の床材には札幌硬石を使用しているとのこと。そんなところに注目してみるのも面白いかもしれません。

<おまけ>
○北1条地下駐車場は、外に出ることなく、地下歩行空間を通って札幌駅周辺にも大通周辺にも行けるようになる
  のでとても便利になります。 
○地下歩行空間は、滑りにくい床面やエレベーター・多目的トイレの設置などがされており、どなたでも安全で快
  適に利用できるように配慮がされています。
地下歩行空間1 地下歩行空間2 地下歩行空間3

りぼん
 3 『ライオンキング』 いよいよ開幕!
りぼん

 以前のメルマガでもお知らせしたとおり、劇団四季の新たなる北の拠点として、全国で10番目となる専用劇場「北海道四季劇場」が中央区大通東1丁目に完成しました。
 グランドオープンは2011年3月27日(日)で、上演作品は『ライオンキング』となることが発表されています。
 今回はグランドオープンに向け、準備が進んでいる劇場の様子を少しご紹介します。      
 左の写真が劇場の舞台を上から見たものです。劇中で使われる「キングカーテン」という大きな幕を舞台に吊るすための準備をしているところです。真ん中に人が立っていますが、幕の大きさがお分かりになるでしょうか。
 続いて右の写真は、横浜にある四季芸術センターの小道具工房の様子です。『ライオンキング』札幌公演で使用されるチーターの製作中です。他の小道具なども1つ1つ丁寧に作りこまれています。
 新劇場の舞台の仕込みは、1月31日から始まり、1ヶ月半にわたって行われています。また、出演される俳優さんは、四季芸術センターで稽古を続けています。
 『ライオンキング』は、アフリカのサバンナを舞台に展開される子ライオン「シンバ」の成長物語で、「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」をテーマに生命の営みや親子の絆を綴ります。
 劇団四季の公演も東京を始めとした全国で行われ、上演回数は7,000回を超えるなど、多くの方々に愛され続けています。
 皆さんも是非、新しい劇場に足を運んで、感動を共有してはいかがでしょうか。

 『ライオンキング』に関する詳しい情報はこちらへどうぞ
 http://www.shiki.gr.jp/closeup/hokkaido/
キングカーテン準備風景 チーター製作中

りぼん
 4 さっぽろスイーツ2011が決定!
りぼん

 その年のさっぽろスイーツの顔を決める「さっぽろスイーツ2011」コンペティションが開催され、厳正な審査をへて、グランプリ作品が選ばれました。
 「生洋菓子部門」、「ギフト菓子部門」来年度に札幌市の顔として活躍するスイーツたちです! 今年は、昨年まで無料だった出品料を設定したことにより、出品数自体は減少しましたが、その分よりすぐりの洗練されたスイーツが審査会場に並びました。
 それでは、グランプリ作品のご紹介をします。

●生洋菓子部門●
 73作品の応募の中から、「さっぽろはちみつババロア」がグランプリを獲得しました。
 このスイーツを制作したのは、「株式会社もりもと」のパティシエ 今 伸五(こん しんご)さんです。
 グランプリ作品の「さっぽろはちみつババロア」のポイントは、北海道での生産量が全国的に見てもトップレベルであるはちみつ使用し、その風味を最大限に生かしていることと、見た目からすぐにはちみつをイメージすることができるデザインです。
 札幌では、最近都心部のビル屋上でミツバチを飼育するプロジェクトなども始まっていることから、時流にあったスイーツであり、札幌の環境保全への意識向上や、あまり知られていない道産素材の新たな魅力のアピールにも貢献することが期待できるスイーツです。

●ギフト菓子部門●
 記念すべき「ギフト菓子部門」の初のグランプリ作品は、28作品の応募の中から、「さっぽろビアパイ」が選ばれました。
 このスイーツを制作したのは、「株式会社北菓楼」のパティシエ 奥山 聖(おくやま さとる)さんです。
 グランプリ作品の「さっぽろビアパイ」のポイントは、札幌産たまねぎ「札幌黄」を練り込んだ生地とそこにトッピングされた大麦麦芽の絶妙なコントラストです。
 このスイーツのコンセプトは、「ビールによく合うスイーツ」。
 トッピングされた大麦麦芽が口のなかでプチプチとはじける食感をビールの泡がはじける感覚にたとえたそうです。
 この新しいコンセプトによって、札幌に新たなスイーツの楽しみ方を定着させてくれることを期待できるスイーツです。
 両部門のグランプリ作品のレシピは広く公開され、各店舗で共通条件を守りながら、独自のアレンジを加え製造・販売します。同じ名前で販売されているスイーツの食べ比べができるのが特徴で、ほかに例を見ない楽しさがあります。

●「生洋菓子部門」の共通条件は、以下の5点
 01北海道産のはちみつを使うこと
 02はちみつをイメージさせるデザインであること
 03ババロアであること
 04協議会が発行する共通プレートつけること
 05 「さっぽろビアパイ」という共通ネーミングで販売すること

●「ギフト菓子部門」の共通条件は、以下の5点
 01道産たまねぎを使うこと
 02パイであること
 03極力大麦麦芽を使うこと
 04協議会が発行する共通シールを張ること
 05 「さっぽろビアパイ」という共通ネーミングで販売すること 

 「さっぽろスイーツ2011」は、4月から札幌市内及び近郊の洋菓子店で順次売り出されます。
 今年は、3月25日(金)から、札幌スイーツカフェで「さっぽろはちみつババロア」の先行発売も行われますよ。
 先行発売の期間は、1日50個限定の販売になりますので、お求めの際はお早めに!!
 札幌へお越しの際は、ぜひ各洋菓子店で展開している「さっぽろはちみつババロア」、「さっぽろビアパイ」をよろしく願いします!
 また、期間は決定していませんが、5月下旬頃から7月末頃まで、おなじみの各店舗のさっぽろスイーツをめぐるスタンプラリーも開催予定です。詳細はメルマガでもお知らせしますので、ぜひお楽しみに!

■スイーツ王国さっぽろ推進協議会公式HP http://www.sweets-sapporo.com/
■スイーツ王国さっぽろ推進協議会公式ブログ http://sapporo.100miles.jp/s-sweets/
■さっぽろスイーツカフェ公式HP http://sweets-cafe.jp/
さっぽろはちみつババロア さっぽろビアパイ
  りぼん
 5 ようこそさっぽろ3月の特集
りぼん 

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/


※スペイン語版及び携帯版フットナビは2010年3月31日で閉鎖しました。

 
 9月の札幌は、さわやかな秋空の下、収穫の季節を迎えます。
 北海道の海・山・畑から採れたての新鮮な食材が集まり、アウトドアも心地よい季節です。
   
○今月の特集
 ■夏から秋のアウトドアを楽しむ(前半)
  ※後半は、9月17日から開催される「さっぽろオータムフェスト2010」
    の楽しみ方を ご紹介します。
 
○札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ■隠れ家的雰囲気の「鮨くどう」
  (夜のお酒や大人のグルメ)
 ■北海道産素材を使ったふわふわとろとろオムライスの「美里」
  (子連れで楽しむ札幌)
 ■馬に乗って川を走る、初心者に優しい「どさんこ」乗馬
  (体験観光プログラム)
 ■札幌の歩く道~円山周辺
  (都市型エコツアー)
  など
 
札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/
22年度のイベントスケジュールはこちら!
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H22event-calendar.html
 

○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第69号」はいかがでしたか?
 次号では、HBCさんが作成したiPhoneアプリを利用した観光地巡りをご紹介する予定です。
 お楽しみに!
 また次号でお会いしましょう!!

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は4月14日(木)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 Fax:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp


このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129