ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第67号

ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

もぎたてさっぽろ第67号

もぎたてさっぽろタイトル 第67号
平成23年(2011年)1月13日
 新年明けましておめでとうございます!札幌市観光企画課の長澤です。
 今年もよろしくお願いいたします!
 いよいよ来月の7日からは、「第62回さっぽろ雪まつり」が始まります!
 今年は、雪が少なかったため、雪集めに悪銭苦闘の毎日でしたが、なんとか必要な雪の確保のめども立ちました!
 皆さんもぜひ札幌に来て、大迫力の雪像を楽しんでくださいね!
 
「藻岩山再整備について」
 今年4月から再整備のため営業を休んでいる藻岩山の観光施設は、11月からロープウェイ山麓駅、山頂駅の建物の解体が始まり、工事が本格的になります。
 それに伴い、利用方法等が変更になりますので、ご案内します。
 ・スキー場コースを利用して登山される方は、山頂駅付近で工事の案内
  標識に従って通行をお願いします。
 ・山頂展望台については、建物内部の撤去作業までとなります。屋上の
  展望台に立ち入ることはできなくなりますが、トイレは引き続き利用でき
  ます。
 ・登山者休憩スペースは、展望台の下に移設になります。
 ・スキー場の営業期間中は、ロープウェイ山頂駅、山頂展望台付近の工
  事は行いません。
 来年12月予定のリニューアルオープンまで、皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
藻岩山から見た夜景
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

☆☆今月のトピックス☆☆
1 冬の温泉を楽しむ!~湯めぐりのすゝめ~
2 札幌ステイのスキーは格別!
3 観光コース「オススメ!さっぽろ巡り」第3弾登場
4 モエレ沼公園で冬のアートに触れる 【SNOWSCAPE MOERE 6】
5 ようこそさっぽろ12月の特集

line
 1 冬の温泉を楽しむ!~湯めぐりのすゝめ~
line

露天風呂  凍てつく寒さの中で露天風呂。
 経験したことがない人には狂気の沙汰にしか見えないかもしれませんが、実はオモシロイ楽しみ方なのです。今回は、札幌の奥座敷「定山渓」で楽しむ冬の温泉の魅力をお伝えします。
●魅力1 長風呂を楽しむ
 湯船に辿り着くまでは、裸で外を歩くので、短時間とは言えかなり寒いです。
 しかし、温かい湯船に入ってしまえば、快適そのもの。我慢大会的な要素はありません。
 私はすぐにのぼせてしまうほうで、普段湯船に浸かるのは5分が限界なのですが、冬の露天風呂では火照った体を 冷ましながら30分以上浸かっていられます。
 個人的には冬の露天風呂は長風呂を楽しめるので、温泉を満喫するのに一番いい時期だと思っています。
●魅力2 厳しい寒さを楽しむ
 露天風呂から手が届く処にある雪と氷。
 ゆっくり舞い落ちる雪。
 その向こうに見える寒々しい雪山の景色。
 間を隔てるものが何もないのに、温かい場所から厳しい冬の自然を眺めることができるというのは、なんとも不思議な気がします。
●魅力3 冬の味覚を楽しむ
 今回は、お料理が自慢の章月グランドホテルで一泊させていただきました。こちらの藤井料理長は、「料理の鉄人」に出演したこともある北海道では有名な方です。
 北海道の冬の食材の美味しさを存分に引き出したお料理は素晴らしいの一言。
 他のホテルでも、おもてなしの心をこめた美味しい料理が楽しめますよ!
 温泉旅館で美味しい料理を食べたら、贅沢な旅行気分を味わえること間違いなしです!!
●インフォメーション 
 定山渓温泉は日帰り入浴で楽しむこともできますので、札幌国際スキー場やニセコから札幌へ移動する途中で立ち寄るのもオススメです。
 第65号でお知らせした「定山渓ぶらり手形」を使えば、湯めぐりやスイーツをお得に楽しむこともできます。手形の販売は2月28日(月)までですので、ご利用はお早めに! 

 なお、冬の露天風呂では注意していただきたいこともあります。
 1雪や氷を踏まない、走らない(滑って転ぶと痛いです)
 2猛吹雪など悪天候のときはやめておく(耐えながらでは楽しくありません)
 3心臓病などの持病がある方は主治医に相談する
 これらを守って、冬の露天風呂を楽しんでください。

≪定山渓温泉に関するお問い合わせ先≫ 
 社団法人定山渓観光協会 
 電話 011-598-2012
 ホームページ http://www.jyozankei.com/index.html  

line
 2 札幌ステイのスキーは格別!
line

 皆さん今年の冬は札幌ステイでスキーを楽しみませんか?
 札幌ステイであれば、グルメ、ススキノ、ショッピング、スパなど札幌の魅力をたっぷり味わいながら本格的なスキーも楽しむ事ができます。
 今回は、都心からわずか40分。極上のパウダースノーが満喫できるサッポロテイネをご紹介します。
ゲレンデ&景色  1972年にアジアで初めて開催された札幌冬季オリンピックのアルペン種目の会場となったコースもあるので、かなり過激な急斜面があるのはもちろんですが、圧雪の入らないネイチャーゾーンや初心者でも安心して楽しめる緩やかな斜面など、多種多彩なコースとテーマゲレンデが、あらゆるスキーヤー、スノーボーダーの心を満たします!
 コースのバリエーションもそうですが、中でも私のお勧めは山頂周辺からの札幌市内の眺望です。
 190万都市を一望にでき、まるでそこにダイブするかのごとく天然パウダーを滑走できるのは世界でもここだけ?ではないでしょうか。これだけでも体験の価値ありだと思います。
 コースによって綺麗な弧を描く石狩湾を望むこともできます。また、五輪マークや聖火台などオリンピックの名残が随所にあるので是非探して見てください。 
聖火台?
元旦イベント風景  掲載の写真は2011年元旦のものですが、なんと元旦は日の出と共にコースオープンします!
 今年は7時7分でしたが、餅まきや豚汁サービスなんかもあり早朝から大勢のスキーヤーで賑わっていました。
 
 さあ、今年の冬は札幌ステイでアクティブな休日を過ごしましょう!

 詳細については、サッポロテイネへ
 公式ホームページ http://www.sapporo-teine.com/snow/
 電話 011-682-6000

line
 3 観光コース「オススメ!さっぽろ巡り」第3弾登場
line

 「ガイドブックに載っている観光地より、地元の人に人気のスポットへ行ってみたい!」という観光客の方のご要望にこたえて、札幌市民オススメの観光スポットを小冊子にまとめたシリーズの、第3弾ができました。
 今年度は、札幌が大好きな3つの市民グループが、自信を持ってご紹介する3コースです。
オススメ!さっぽろ巡り
■  vol7 雨の日だって楽しみたい! 半日おでかけコース
      紹介者:観光文化情報ステーションスタッフ
■ vol8 新発見・再発見 北大コース
      紹介者:道外出身北大生
■ vol9 子どもと一緒に遊びに行こう キッズコース
      紹介者:北海道子連れプロジェクト
 これまでのvol1~vol6はWebでも紹介しており、PDFのダウンロードもできますので、さっぽろ観光の際に、ぜひご活用ください。

 ※ vol7~vol9は1月中にアップする予定です。

 Web版はこちらhttp://www.welcome.city.sapporo.jp/sansaku

 ■ 配布先:北海道さっぽろ観光案内所、観光文化情報ステーション(地下鉄大通駅南北線改札口横)など
 ■ お問い合わせ:札幌市観光企画課
    電話: 011-211-2376  Fax:011-218-5129 e-mail: kanko@city.sapporo.jp

line
 4 モエレ沼公園で冬のアートに触れる 【SNOWSCAPE MOERE 6】
line

 毎年、札幌市東区にあるモエレ沼公園で開催されるアートイベント「SNOWSCAPE MOERE(スノースケープ・モエレ)」。
 今年で6年目を迎えるこのイベントは、アートや建築、ダンス、スポーツなどと「冬・雪」の融合による雪国ならではのアートイベントです。
 今年は、「SURVIVAL(サバイバル)」をテーマに2月18日(金)から20日(日)まで開催することとなっていて、アート作品の展示やワークショップ、トークイベントなどが実施されます。
過去のイベント風景その1
夏の冷房に利用するための雪を保管する倉庫

【EXHIBIT】
 モエレ沼公園ガラスのピラミッドには、夏の冷房に利用するための雪を保管する倉庫があり、普段は足を踏み入れることができません。この空間をイベント開催時に特別に開放し、地元のアーティストによるさまざまなアート作品を設置します。また、倉庫内にはスノーラウンジ(カフェ)も出現。冷えた体をあたためる食べ物やスープが用意されているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

【WORK SHOP】
  日本を代表する冒険スキーヤー、児玉 毅氏によるモエレ沼公園の雪原を使った冬の宿泊ワークショップを開催。テント張りから食事など冬山を想定したサバイバルの世界の入口を体験することができます。 ※予約が必要です

 彫刻家イサム・ノグチがマスタープランを手がけたモエレ沼公園を舞台に繰り広げられるアーティストたちの新たな試みを、ぜひ体感してください。

 また、同時開催で「モエレ公園通りスノーフェスティバル」(2月19・20日)が開催され、イグルー(かまくらのようなもの)作りを楽しむことができます。(制作時間は約2時間)
 防寒着や手袋などを持参して、雪遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。
過去のイベント風景その2 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ・モエレ・シックス)」

開催期間 :平成23年2月18日(金)~20日(日)
開催時間 :11時00分~17時00分 ※2月19日は20時00分まで
会   場 :モエレ沼公園ガラスのピラミットとその周辺

イベントの詳細はホームページで
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/ssm/

 また、モエレ沼公園では、歩くスキーやスノーシューのレンタルを行っています。雪に覆われたモエレ沼公園を散策してみてはいかがでしょうか。
 モエレ沼公園ホームページ http://www.sapporo-park.or.jp/moere/

※使用した写真は、過去のイベントの写真です。(「EXHIBIT」を除く)

line
 5 ようこそさっぽろ12月の特集
line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/


※スペイン語版及び携帯版フットナビは3月31日で閉鎖しました。

 
 1月の札幌の平均気温は最低気温が摂氏-7.7度、最高気温が摂氏-0.9度。スキーやスノーボード、雪遊びもいろいろ楽しめます。
 ふかふかのパウダースノーの感触を、ぜひ味わって下さい!
 (写真は手稲山山頂:現在ロープウェイは運休中です。)
   
○今月の特集
 ■第62回さっぽろ雪まつり
  ※後半は、「スノーパークで遊ぶ」です☆

○札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ■おしゃれな北海道土産が買える「きたキッチン」
  (女性・若者に人気)
 ■プライベートツアーでスノーモービルを楽しむ
  (体験プログラム)
 ■雪を楽しむ~スノーシューウォーク
  (都市型エコツアー)
 ■北海道が一大産地の冬野菜はこれ!
  (旬の食材)
 
手稲山山頂
札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/
22年度のイベントスケジュールはこちら!
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H22event-calendar.html
 

○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第67号」はいかがでしたか?
 今年も皆さんに喜んでいただける情報をお届けしていきたいと思います!
 次号は「雪まつり特大号」です!皆さんにもぎたてほやほやの情報をお届けしますよ!
 お楽しみに!

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は2月7日(月)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 Fax:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp


このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129