ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第65号

ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

もぎたてさっぽろ第65号

もぎたてさっぽろタイトル 第65号
平成22年(2010年)11月11日
 札幌市観光企画課の長澤です。
 今年は初雪も例年より早く、まもなく冬の到来です!冬には厳しい寒さもやってきますが、「さっぽろ雪まつり」を始めとした各種イベントも開催され、まだまだ札幌は元気いっぱいです!
 ぜひ札幌にお越しくださいね!
 
「藻岩山再整備について」
 
 今年4月から再整備のため営業を休んでいる藻岩山の観光施設は、11月からロープウェイ山麓駅、山頂駅の建物の解体が始まり、工事が本格的になりますが、それに伴い、利用方法等が変更になりますので、ご案内します。
 
 ・スキー場コースを利用して登山される方は、山頂駅付近で工事の案内
  標識に従って通行をお願いします。
 ・山頂展望台については、建物内部の撤去作業までとなります。屋上の
  展望台に立ち入ることはできなくなりますが、トイレは引き続き利用でき
  ます。
 ・登山者休憩スペースは、展望台の下に移設になります。
 ・スキー場の営業期間中は、ロープウェイ山頂駅、山頂展望台付近の工
  事は行いません。
 
 来年12月予定のリニューアルオープンまで、皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
藻岩山から見た夜景
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

☆☆今月のトピックス☆☆
1 新メニュー“エゾシカジンギスカン”も登場!~さっぽろ羊ヶ丘展望台~
2 今年もやっています!~定山渓温泉湯めぐり手形~
3 第62回さっぽろ雪まつりシンボルマーク・シンボルキャラクター決定!!
4 雪まつりボランティア大募集!
5 ようこそさっぽろ11月の特集

line
 1 新メニュー“エゾシカジンギスカン”も登場!~さっぽろ羊ヶ丘展望台~
line

 札幌市内で北海道らしい牧歌的な風景が楽しめるスポットとして有名な「さっぽろ羊ヶ丘展望台」に新たに誕生した名物を中心にご紹介します!!羊ヶ丘展望台へは自家用車のほか、公共交通機関(地下鉄東豊線福住駅から羊ヶ丘展望台行きのバスに乗車)でも行くことができますよ!
 羊ヶ丘展望台に着いたらさっそく外壁を塗り替えきれいになったレストハウスへ。
レストハウス外観 レストハウス店内
 レストハウスは1階から3階までで、宴会場も含めると650席の客席がある広々とした明るい店内です。今回は営業時間終了後に特別に入れてもらいました。

 突然ですが、皆さんはジンギスカンがどのような料理かご存知ですよね?北海道料理の定番、ジンギスカンは羊肉を使った焼肉料理です(ジンギスカンをよく知らないという方はこちらをクリック!)。
 まず、ご紹介する新名物というのは「エゾシカジンギスカン」。羊肉ではなくジビエ料理として、フレンチなどでも使われるエゾシカの肉を使ったジンギスカンです。
エゾシカジンギスカン1 エゾシカジンギスカン2 エゾシカジンギスカン3
エゾシカジンギスカンは特製タレに漬けこんだ味付きです! そろそろ食べごろ!肉にも焼き色が付いてきました。 ジンギスカンは、ビールにもご飯にも良く合います!
 特製タレに漬けこまれたエゾシカジンギスカンは、やわらかく癖も臭みもなくとてもジューシー!!ジュワーッとしみる肉の旨みを存分に味わうことができます。
 エゾシカは低カロリー、高タンパクで、さらにさまざまな栄養素が多く含まれるとして注目されている食材です。ここで提供されるエゾシカ肉は、道東で飼育された食用肉のエゾシカを使っているので、臭みがなく羊肉のジンギスカンが苦手な方にも楽しんでもらいたい一品です。

 続いては「道産豚ジンギスカン」。こちらは、北海道産の豚肉をエゾシカジンギスカンと同様に特製タレに漬けこんだものです。
豚ジンギスカン1 豚ジンギスカン2 豚ジンギスカン3
たまねぎやキャベツなど、たくさんの野菜を引いて肉を乗せます。 漬けダレの香ばしいかおりがたまりません。 野菜にもタレの味が染み込んでいて、じゃがいももほくほく!
 一口食べて取材班全員が口々に柔らかい!と言ってしまうほどの非常に柔らかい肉質。味付きジンギスカンのタレには、肉の臭みを消す効果のほかに肉を柔らかくする効果もありますが、この道産豚ジンギスカンは想像以上です。豚肉、野菜、タレの甘みが口の中にバランスよく広がります。

 もちろん定番のジンギスカンも充実!
ジンギスカン1 ジンギスカン2
 エゾシカ、豚と比較するため、羊肉もいただきます。こちらは味付きではなく生肉を野菜とともに焼くシンプルな食べ方で、塩とコショウのみでも専用のタレに付けても美味しくいただけます。厚切りの肉には適度な脂身があり、こちらも非常に柔らかく肉本来の味わいが楽しめます。新鮮な肉は独特の臭みもなく、羊肉が苦手という方にもぜひ試していただきたい一品です。

羊ヶ丘ちゃんこラーメン
 最後には、羊ヶ丘展望台オリジナルの「羊ヶ丘ちゃんこラーメン」をいただきます。ホタテ、カニ、エビのほか、イモやカボチャの団子などが入っている“ちゃんこ”と、こちらも北海道の定番メニュー“ラーメン”が夢のコラボ!とろみのある海の幸のダシが効いたちゃんこスープに、ラーメンが絡み絶品の味わいです。ボリュームもあるので、いろいろ味わいたい方はみんなで分けていただくのがオススメです!

 食後に本格ドリップコーヒーはいかがでしょうか?
 羊ヶ丘に新たにオープンした札幌のコーヒーの名店「宮田屋」では、香り高くコクと深みのある味わいのドリップコーヒーがいただけます。
コーヒーカップ ほっと一息の取材班
 窓からは紅葉する木々を見ることができます。夏には満開のラベンダーを楽しむこともできます。

 最後に展望台内を散策。
羊ヶ丘展望台景色 さっぽろ雪まつり資料館 羊グッズ(お土産コーナー)
 天候はあいにくの雨でしたが、ほんの少しの晴れ間には、目前に広がる牧草地や札幌ドーム、札幌の街並みをまたぐようにかかる虹が見えました。そのほか、来年2月7日(月)から13日(日)まで行われる「さっぽろ雪まつり」の歴史が展示されているさっぽろ雪まつり資料館のほか羊グッズや北海道の人気土産が揃うお土産店などもあります。体が冷えたら足湯もあるので温まることもできます。タオルがない!という方でも利用できるよう、隣にある自動販売機ではタオルも販売されています。
 皆さんも札幌にお越しの際はさっぽろ羊ヶ丘展望台の新名物をご賞味ください!!
自動販売機で販売されているタオル さっぽろ羊ヶ丘展望台 電話011-851-3080
公式ホームページ http://www.hitsujigaoka.jp/index.html



← 自動販売機で販売されているタオルです!

line
 2 今年もやっています!~定山渓温泉湯めぐり手形~
line

 支笏湖洞爺国立公園の緑豊かな大自然の中にある「定山渓温泉」。大自然に抱かれながら入る温泉は定山渓の大きな魅力となっていますが、温泉だけではありません。自然あふれる温泉街の中をかっ歩するのも、森林浴を楽しんでいるようでまた格別です。
 定山渓の大きな2つの魅力である「温泉」・「散策」をより楽しむツールが、この「定山渓ぶらり手形」です!
定山渓風景
定山渓ぶらり手形とパンフレット  ことしで3年目を迎える湯めぐり手形、今年は使える範囲が広がり、さらにパワーアップしています!
 温泉入浴はもちろんのこと、定山渓でしか買うことのできない定山渓限定スイーツ「温たま塩ぷりん」を食べることができたり、飲食店、体験施設での利用補助などに活用できたりと、より充実した内容になっています。
 この手形を使い、さまざまな趣向を凝らした温泉、定山渓限定スイーツなど、定山渓を満喫してみてはいかがでしょうか?ぜひご利用くださいね。
●定山渓ぶらり手形について
 ○販売期間:平成22年10月1日(金)~平成23年2月28日(月)
 ○利用期間:平成22年10月1日(金)~平成23年4月28日(木)
  ※定山渓スイーツの販売は、土日限定となります。
  ※施設により利用不可日等がありますので、事前にご確認ください。
 ○内   容:手形に4枚のシールが張られており、各温泉や飲食店、体験施
          設が定めた必要シール数を利用時に施設に渡します。
 ○販売場所:定山渓観光案内所(札幌市南区定山渓温泉東3丁目)
 ○販売価格:大人1,600円、こども800円
 ○利用できる施設や必要シール数等詳細は、社団法人定山渓観光協会ま
  で。
   電話 011-598-2012  ホームページ http://www.jyozankei.com/index.html  
定山渓散策風景

line
 3 第62回さっぽろ雪まつりシンボルマーク・シンボルキャラクター決定!!
line

 第62回さっぽろ雪まつりのシンボルマーク・シンボルキャラクターが決まりました。
 今回のシンボルマーク・シンボルキャラクターはさっぽろ雪まつりのポスターに登場する雪だるまをイメージしたものとなっています。
 名前は「ゆきだるまくん」といいます。「雪まつりを楽しみにしているみんなのために、動物たちがせっせとひとつの雪だるまを作りました。」というコンセプトです。動物たちの思いをたくさん受けた「ゆきだるまくん」が、みんなを純白の世界に連れて行ってくれます。
 広告媒体、非商品であれば、無料で使用できます。詳しくは下記にてご確認を。

 http://www.snowfes.com/kyodaku/index.html
シンボルキャラクター 展開 シンボルマーク

line
 4 雪まつりボランティア大募集!
line

雪像制作風景  さっぽろ雪まつり実行委員会では、各種ボランティアを募集しています。
 そのひとつ、大雪像制作ボランティアでは、大通公園で高さ15メートルの大雪像作りに参加できます。
 毎年、札幌市民のほか、北海道内・外からもご参加いただいており、外国人留学生の方などもいらっしゃいます。ボランティア活動を通し、普段の暮らしでは接点のない方と交流したり、札幌市民の気分を味わったりと、楽しい経験ができますし、何より完成した大雪像を「自分が制作に関わった」という思いで見上げるときの感動は、なにものにも変えられません。
 午前・午後通しての1日だけの参加もできますが、雪像の形が徐々に見えてくる様子は、子どもの成長を見るようで感動的。可能なら数日の参加がオススメです。
 大雪像制作のほか、会期中の会場案内や、市民雪像制作グループへの用具貸出など、さまざまな活動形態があります。
 世界中から200万人が集まるさっぽろ雪まつりに、ボランティアスタッフとして、参加してみませんか?
 詳しくは公式ホームページでご確認ください。

 http://www.snowfes.com/entry/e_volunteer.html

※ボランティア保険の関係で、日本に住所のない方の参加はできませんので、ご了承ください。

 また、雪まつり公式ブログでは、スタッフによる裏話や、1月から始まる雪像制作風景も発信します。
 昨年のブログをチェックすると、制作の過程・様子なども判りますよ。

さっぽろ雪まつり公式ブログ「とことん!雪まつり」

http://sapporo.100miles.jp/snowfes/

line
 5 ようこそさっぽろ11月の特集
line

「ようこそさっぽろ」

http://www.welcome.city.sapporo.jp/
  ※スペイン語版及び携帯版フットナビは3月31日で閉鎖しました。

 11月の札幌は雪が舞いはじめ、冬を迎える季節となります。
 アート系の催しや、コンサートも多数開催されます。
 暖かい服装でお越しいただき、札幌の初冬をお楽しみください。
北海道大学の銀杏並木
 
○今月の特集
 ■北海道大学で文化・歴史にふれる
  ※後半は、ミュンヘン・クリスマス市特集です☆
 
○札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ■りんご園の手づくりリンゴジュースとジャム
  (産地直売)
 ■南幌のフットパスとジンギスカンを堪能する
  (都市型エコツアー)
 ■「うに○」でうに三昧
  (夜のお酒・大人のグルメ)
 ■すっきり味噌スープが決め手のマイルドなカレーラーメン
  (札幌の麺)
  など
札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/
22年度のイベントスケジュールはこちら!
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H22event-calendar.html
 

○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第65号」はいかがでしたか?そろそろインフルエンザも流行しやすい季節になってきます。私も近々予防接種を受けてこようと思っています。皆さんにホットな情報をお伝えするため、病気になどかかっていられません!
 皆さんも体調管理をしっかりして、冬を元気に楽しんでください!
 では、次号もお楽しみに!

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は12月9日(木)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 Fax:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp


このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129