ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第63号

ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

もぎたてさっぽろ第63号

もぎたてさっぽろタイトル 第63号
平成22年(2010年)9月9日
 札幌市観光企画課の長澤です。暑い日が続きますが、皆さん体調はいかがですか?
 いよいよ実りの季節がやってきます。各種イベント等で収穫の秋を満喫しましょう!
 
「2010年4月1日より藻岩山観光施設がお休み中です」
美しい眺望と豊かな自然で多くの観光客・市民を魅了していた藻岩山。山頂展望台やロープウェイなどの各施設の老朽化が顕著になっており、現在「環境配慮」、「バリアフリー」をテーマに施設の再整備計画を進めています。
再整備工事に伴い、2010年4月1日より2011年秋まで、ロープウェイ、山頂展望台、観光道路がお休みになっています。
登山道、スキー場は利用できますが、登山道は工事期間中の安全確保のため一部迂回路を設ける予定です。
再整備後のリニューアルオープンの時期が決まりましたら、改めてご案内します。魅力アップした新しい施設にご期待ください。
藻岩山から見た夜景
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

☆☆今月のトピックス☆☆
1 くるるの社は楽しめる!!
2 藻岩山を楽しもう~藻岩山関連イベントのお知らせ~
3 いよいよ開幕!~さっぽろオータムフェスト2010~
4 ようこそさっぽろ9月の特集

line
 1 くるるの社は楽しめる!!
line

 今回は「さっぽろ広域観光圏」から、北広島市にオープンした「ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの社(もり)」をご紹介します!
●どんな施設?
 「くるるの社」は「食と農のつながり」を実感できるよう、体験農場、調理加工体験施設、農産物直売所、レストランが設置されていて、生産から消費までを一体的に体験できる施設になっています。
 7月から一部先行オープンしていましたが、農村レストランの開業に合わせて、8月6日にグランドオープンとなりました。ただ、現在も工事は続いていて、秋頃に水田や果樹園など残りの施設が完成予定ということでした。
 ちなみに、「くるるの社」という名称には、ここに「来る」と「育てる」「作る」「食べる」「感じる」「つながる」といったたくさんの「~る」にふれることが出来る、という意味が込められているそうです。
くるるのもり外観
●体験農場
 畑では、北海道の野菜としては定番のじゃがいも、玉ねぎ、トウモロコシ、かぼちゃのほか、アスパラガス、豆、スイカ、トマト、小麦などが育てられていて、種まきや収穫など、季節に応じた農業プログラムが体験できます。収穫と調理加工体験がセットになった体験メニューでは、採れたての野菜を味わうことが出来ます。もぎたてのトウモロコシは驚くほど美味しいんですよ!
 また、畑内は自由に散策することができ、トウモロコシだけでも何種類も植えられているので、眺めて歩くだけでも新しい発見に出会えます!
 体験には、参加費と事前の申し込みが必要になりますので、ホームページでご確認ください。
体験農場
●調理加工体験施設
 ここでは、「調理して食べる」ことが出来ます。こちらも季節に応じて様々なメニューが用意されています。
 使う食材は「北海道産」が中心で、新鮮で美味しい素材を味わうことができます。かける手間がスパイスとなって、料理はさらに美味しくなりますので、記憶に残る旅の思い出になること間違いなしです!!
 ちなみに、私は「野菜いっぱいの手作りピザ」に挑戦して来ました。オリーブオイルとニンニク以外は全て道産。写真では伝わりにくいかもしれませんが、具だくさんでボリュームたっぷりです!甘~いトウモロコシ&じゃがいもとパリパリのピザ生地で、大変おいしかったです。
 また、体験調理の中では、美味しい野菜の選び方や食べ方なども教えてくれますよ!
 こちらの体験も、参加費と事前の申し込みが必要になりますので、ホームページでご確認ください。
手作りピザ
●農村レストラン
 木をふんだんに使った広いレストランは、明るく開放的で素敵な雰囲気です!
 道産食材の食材にこだわった料理をたのしむことができ、ビュッフェ形式なので、新鮮で、安心・安全な素材を使った美味しい料理を、好きなだけ楽しめます。
 また、ディナータイムには焼き肉コーナーも登場しますよ!
 営業時間は、ランチタイムが11時30分から15時00分、ディナータイムが17時30分から21時00分となっています。下で紹介しますが、農畜産物直売所が17時00分までの営業(8月は18時まで、11月から5月は15時まで)なので、お土産はディナーの前に買いましょう!
 なお、ディナーは6月から10月のみの営業ですので、ご注意ください。
●農畜産物直売所
 野菜、果物だけでなく、豆腐・ソーセージ・パン等の農産加工品や、米、肉、乳製品、お酒、お菓子など道産にこだわった豊富な品揃えで、お土産にぴったり!
 じゃがいも、かぼちゃ、玉ねぎなどの北海道定番の野菜はお土産として、とても喜ばれます。
 また、道産の羊肉もありますが、普段手に入る羊肉は輸入品が多いため、道民にとっても珍しいもので、こちらもおすすめです!
 買ったお土産は、宅急便で配送可能で、配送用に「店員さんのおすすめセット」というものもありましたので、いろいろあり過ぎて、お土産が決められない!という時は、是非お試しあれ。
 店内では、揚げたてのコロッケも売っていて、道産素材で手作りしたメンチカツ(1個188円)がおすすめということでした。さっそく私も一つ食べてみましたが、肉汁がジューシーで、まさに絶品。数量限定とのことなので、これを食べたいときは、早めの時間に行きましょう!
レストラン1 レストラン2 直売所1 直売所2
●まとめ
 これから収穫の秋を迎えるので、楽しい体験メニューが続々登場します!
 農業や家庭菜園を体験してみたい!という方や、お子様の食育をしながらファミリーで楽しみたい!という方にはとくにおすすめなスポットです!!
 体験メニューで頑張ることで、思い出はきっと特別なものになりますよ!!

各種体験プログラムの申し込み、参加費、アクセスなどはこちらから↓

「ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの社」ホームページ http://www.shokuiku-hokuren.jp/

line
 2 藻岩山を楽しもう~藻岩山関連イベントのお知らせ~
line

●藻岩山で星見☆ナイト
 昨年、そして今年の夏と開催して好評だった天体観測イベントです。青少年科学館の移動天文台を使用して天体観測を行うほか、天文ガイドのレクチャーも受けられます。空気の澄んだ秋の夜を満喫してみませんか?
 今年は、ロープウェイが工事で運行していないため、札幌市水道局の協力で、ロープウェイ山麓駅から近い水道記念館で行います。また、これに合わせて水道記念館の夜間公開も行いますので、是非お楽しみください。

実施日:平成22年10月22日(金)
時間:1回目17時30分から 2回目18時30分から
場所:中央区伏見4丁目 水道記念館
対象:小学生とその保護者 各回とも100名※  
申込お問い合わせ:札幌市コールセンター  ℡011-222-4894
申込締切:10月5日(火)
※申込多数の場合、申込締切後抽選を行います。
●さっぽろに緑を広めよう
 藻岩山を登山しながら、藻岩山に自生している樹木の実を採取するイベントで今回が4回目の開催です。採取した実は植樹に利用する予定です。
 
実施日時:平成22年10月16日(土) 9時00分から15時00分まで
場所:中央図書館、藻岩山登山道
募集定員:80名※  
申込お問い合わせ:札幌市コールセンター  ℡011-222-4894
申込締切:10月5日(火)
その他:昼食付きです。
※申込多数の場合、申込締切後抽選を行います。
●紅葉ハイクとネイチャークラフト
 藻岩山の紅葉を見ながら登山を行い、登山後は落ち葉を使った貼り絵作りを楽しめます。登山にはガイドが同伴します。

実施日時:平成22年10月2日(土) 9時30分から15時00分まで
場所:藻岩山登山道(スキー場コース、スキー場ロッジ)
対象:小学生以上 40名※ 
料金:1,000円
申込先:㈱りんゆう観光  ℡011-742-4233 Fax011-731-1456
その他:昼食は各自持参してください。工作用のはさみや木工ボンドをご用意ください。
※小学3年生以下は保護者同伴が条件です。申込は先着順とし、定員になり次第締切となります。
 施設の再整備のため、観光施設をお休みしている藻岩山ですが、観光施設以外の魅力もたっぷりです!
 是非参加して、秋の藻岩山を満喫してください!!

line
 3 いよいよ開幕!~さっぽろオータムフェスト2010~
line

 いよいよ今年も「さっぽろオータムフェスト2010」が9月17日(金)に開幕!10月3日(日)までの17日間にわたって開催します。
 今回は、開幕直前情報として、各会場のコンセプトやコラボレーション企画をたっぷりお知らせします!
●4丁目会場「ウェルカムゲート」(10時00分から20時30分)
『総合案内所』
 会場全体の案内を行うインフォメーションコーナー、すすきの地区や円山地区、市内ホテル、百貨店のおすすめグルメ店の紹介を行うコンシェルジュコーナーがあります。オータムフェストのことで困った時は、ここで聞きましょう!
『さっぽろシェフズキッチン』
 札幌市内のフレンチやイタリアンの人気店のシェフたちが、日替わりで登場!
 足寄町・石田めん羊牧場のサウスダウン種の羊、秋鮭、秋刀魚、道産豚、じゃがいもなどを使った選りすぐりのお店が楽しめます。
 お値段も、料理が1,000円と500円、スイーツが300円と、とってもリーズナブルな設定になっています!
『さっぽろPROST!』
 姉妹都市のミュンヘンで開催されている、オクトーバーフェストの150周年を記念した新企画。本場ドイツのビールと北海道の地ビールを飲みながら、ドイツ料理と道産食材を使った料理を食べることができます。
『チャレンジオータム』
 新企画として、札幌大通高等学校が中心となり、道内の高等学校10校が、地元食材を活用して、企画、加工した商品を販売します。
 このほかにも、全長10mの「さっぽろタパス」スタンディングバーが6丁目からお引越し!近郊農場の採れたての農産物や、週替わりで陶器、花などを展示・販売するなど、今年も魅力いっぱいです!
オータムフェストイメージ画像1オータムフェストイメージ画像2オータムフェストイメージ画像3
オータムフェストイメージ画像4 ●5丁目会場「新・ご当地グルメ&ラーメン祭り」
 (10時00分から20時30分)

 全17日間を3つの会期に分け、各4種類の新・ご当地グルメや、各5種類のラーメンが入れ替わりで登場。
 今年は新たにG1(ぎゅうわん)グランプリ参加の道の駅レストラン4店舗が参加し、新たに完成した2地域のグルメ「豊富ホッキチャウダー」、「十勝清水牛玉ステーキ丼」も登場します!。
 ラーメンは道産小麦100%の麺を使い、具材なども地域の特色にこだわった個性あふれる味わいが集まります!
 足を運ぶたびに違うメニューが楽しめるということも大きな魅力ですね!

●6丁目会場「あおぞら×ほしぞら 大通バザールアミーゴ!」
 (10時00分から20時30分)

 6丁目にはPARK BARが、ドリンク、グルメメニューを充実させて登場!大通公園を眺めながら、ワインやショットドリンクを楽しめる、開放感あふれる特設スタンディング・バーです。フードメニューでは、道産素材を石釜で調理した串焼きピザなども楽しめます!
 また、スイーツコーナーでは、スイーツ王国さっぽろ推進協議会とコラボレーション。オータム限定スイーツも登場予定!数量限定なので、お早めにお買い求めください!!
 そのほかにも、札幌発信グルメのスープカレーコーナーでは、毎日2店舗が出店し秋の食材を使用した個性的なメニューを用意してお待ちしています。
オータムフェストイメージ画像5 ●7丁目会場「北海道のお酒と酒肴」 (10時00分から20時30分)
 お酒の美味しい飲み方を提案する「大通7丁目BAR」、道産食材を使用した酒肴(おつまみ)を楽しめる「HOKKAIDO 酒肴 MARCHE」、居酒屋感覚でバラエティ豊かな食材が満載の「北海道グルメ屋台」の各コーナーを中心に大人の空間を演出します。
 新設の「スタンディングBAR」では、3期に分けて、ワイナリー&蔵元フェアを開催します。女性に人気が出そうな予感です!!

●8目会場「札幌大通ふるさと市場」(10時00分から18時00分)
 道内の100を超える市町村が持ち寄った自慢の特産品を、その場での調理販売や、手間ひまかけた加工品などの形で楽しむことができます。
 週替わりで市町村を入れ替えて開催するほか、今年は7市町が17日間の通期営業で出展します。
 道内の「食べたかった」あの味や、「欲しかった」あの品などに出会える絶好のチャンス!何度来ても楽しめる地域食ブランドの巨大ショーケースをゆっくりご堪能下さい!
 また、会場内特設PRステージでは、「わが町観光プロモーションステージ」と題し、各市町村の観光PRを行います。
 昨年度の人気メニューBEST5も登場しますので、是非お楽しみに!
オータムフェストイメージ画像6
【コラボレーション企画】
○円山オータムランチ
 円山エリアのイタリアン、フレンチ、和食などの人気レストラン16店で、道産食材を使ったオータムフェスト特別限定ランチを2,000円でご用意!
 希望日前日(一部2日前)までに各店舗への予約が必要です。

○すすきの印!秋グルメまつり
 ススキのエリアにある居酒屋など31の飲食店で、旬の道産食材を使ったお酒に合う秋の特別メニューが9月17日(金)~10月3日(日)までの期間限定で楽しめます!

○札幌市内ホテルで旬の味覚を満喫
 札幌市内の14ホテルで、道産食材の持ち味を生かした特別限定メニューが登場!ホテルならではのサービス、ゆったりとした空間とともに、シェフが腕をふるう旬の味を満喫してみませんか?

○大通の百貨店で食べる秋の道産メニュー
 道産食材を使った、オータムフェスト特別協賛メニューが「三越」と「丸井今井」のレストランに登場!協賛メニューを注文すると共通スタンプがもらえ、両店舗のスタンプをそろえると、もれなく道産食材をGETできるスタンプラリーも実施します!

 このほかにも、魅力満載のオータムフェスト!ホームページでは様々な情報を紹介していますので、是非ご確認ください!!
「さっぽろオータムフェスト2010」最新情報はこちら↓
 http://www.sapporo-autumnfest.jp/

line
 4 ようこそさっぽろ9月の特集
line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/


※スペイン語版及び携帯版フットナビは3月31日で閉鎖しました。

 
 9月の札幌は、さわやかな秋空の下、収穫の季節を迎えます。
 北海道の海・山・畑から採れたての新鮮な食材が集まり、アウトドアも心地よい季節です。
   
○今月の特集
 ■夏から秋のアウトドアを楽しむ(前半)
  ※後半は、9月17日から開催される「さっぽろオータムフェスト2010」
    の楽しみ方を ご紹介します。
 
○札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ■隠れ家的雰囲気の「鮨くどう」
  (夜のお酒や大人のグルメ)
 ■北海道産素材を使ったふわふわとろとろオムライスの「美里」
  (子連れで楽しむ札幌)
 ■馬に乗って川を走る、初心者に優しい「どさんこ」乗馬
  (体験観光プログラム)
 ■札幌の歩く道~円山周辺
  (都市型エコツアー)
  など
花満開の滝野すずらん丘陵公園
札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/
22年度のイベントスケジュールはこちら!
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H22event-calendar.html
 

○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第63号」はいかがでしたか?次号も魅力的な情報をお伝えできるよう現在調整中です。
是非お楽しみに!

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は10月14日(木)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 Fax:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129