ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第58号

ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

もぎたてさっぽろ第58号

もぎたてさっぽろタイトル 第58号
平成22年(2010年)4月7日
 
 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の笠井です。
「2010年4月1日より藻岩山観光施設がお休みします」
美しい眺望と豊かな自然で多くの観光客・市民を魅了していた藻岩山。山頂展望台やロープウェイなどの各施設の老朽化が顕著になっており、現在「環境配慮」、「バリアフリー」をテーマに施設の再整備計画を進めています。
再整備工事の開始に伴い、2010年4月1日より、ロープウェイ、山頂展望台、観光道路がお休みになりました。
リニューアルオープンは、2011年秋を予定しています。素晴らしい施設になることをご期待ください。
藻岩山からの夜景
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから
☆☆今月のトピックス☆☆
1 “お特だねチケット さっぽろセレクト”を使って人気観光施設をめぐろう!
2 雪上車に乗って絶景ビューポイントへ
3 梅が鮮やかに浮かびあがる! ~平岡公園・梅林ライトアップ事業~
4 札幌まちめぐりパス 2010年度の魅力はココ!!
5 ようこそさっぽろ4月の特集

line
 1 “お得だねチケット さっぽろセレクト”を使って人気観光施設をめぐろう!
line

 札幌の人気観光スポット 藻岩山観光施設のリニューアルに伴い、札幌市内の観光施設の中から3ヵ所を選んで利用する、お得なチケット“さっぽろセレクト”の利用できる施設と料金が変わりました。
 今回は、第61回さっぽろ雪まつりで雪像制作や会場の運営補助に従事してくれた臨時職員の方々が利用可能施設を取材してくれました!
さっぽろテレビ塔
 さっぽろテレビ塔は、季節ごとに変化する札幌の街並みを360度見ることができる人気スポットとして、時計台などとともに札幌観光のシンボル的な存在としていろいろな場面に登場しています。
 おみやげ品も充実しており、各階にあるおみやげショップであり、人気のゆるキャラ「テレビ父さん」などのグッズはもちろん、定番のおみやげ品やオリジナル商品などが揃っています。
さっぽろテレビ塔からの眺め 大人気テレビ父さんグッズ テレビ塔内のおみやげショップ
さっぽろテレビ塔からの眺め 大人気のテレビ父さんグッズ テレビ塔内にあるおみやげショップ
さっぽろテレビ塔(北海道観光事業株式会社)
電話011-241-1131
FAX011-271-3680
ホームページhttp://www.tv-tower.co.jp/
さっぽろ羊ヶ丘展望台
 北海道らしい牧歌的な風景にりんと建つクラーク博士像でおなじみの羊ヶ丘展望台には、もっと雪まつりを感じてみたい!という方におすすめの施設があります。
 「さっぽろ雪まつり資料館」には、第1回からの貴重な写真や開催パネル、制作に使う工具類などのほか、精巧な雪像模型が数多く展示されています。さらに、春から秋にかけて常駐ではありませんが、大雪像制作隊の隊長が資料館にいますので、雪像の制作秘話などが聞けるチャンスかも!?
歴代ポストカード勢ぞろい 大雪像模型が並びます ジュワーっと焼ける音が聞こえてきそう おみやげにどうぞ!かわいいひつじの人形 新庄選手もありますよ!
資料館には雪まつりに関する資料がたくさん 精巧な模型にビックリ! レストハウスでは北海道名物ジンギスカンがいただけます! お土産にぜひどうぞ! 日ハムファン必見!!選手の手形とサイン入り記念レリーフです
さっぽろ羊ヶ丘展望台
電話011-851-3080
FAX011-851-7513
ホームページhttp://www.sta.or.jp/hitsujigaoka/
北海道開拓の村
 北海道開拓の村は、開拓当時の生活を感じることができる野外博物館として、豊かな緑が広がる野幌森林公園内の一角にあります。“市街地郡”、“漁村郡”、“農村郡”、“山村郡”の4ブロックに分かれた村内には、明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建物を移築復元・再現されています。夏には馬車鉄道、冬には馬そりに乗れるほか、さまざまなイベントや当時の遊びなども体験できます。
旧開拓使札幌本庁舎 旧小樽新聞社 開拓時代の生活の様子を知ることができます。 夏は馬車鉄道。冬は馬そり。
旧開拓使札幌本庁舎 札幌軟石を使った旧小樽新聞社 開拓時代の生活の様子 北海道遺産にもなっている馬車鉄道
北海道開拓の村
電話011-898-2692
FAX011-898-2694
ホームページhttp://www.kaitaku.or.jp/
大倉山ジャンプ競技場
 1972年冬季オリンピック札幌大会のジャンプ競技の舞台にもなった大倉山ジャンプ競技場。標高307mの大倉山から一望する街並みは、札幌の街と緑が近いことを実感できます。展望台へはペアリフトに乗って上がります。「展望台=ジャンプ台のスタート地点」になっているので、スキージャンプ競技選手と同じ目線で、迫力ある風景を楽しむことができます。ここから選手たちは誰よりも遠く目指して飛び出して行くのです。
リフトからの眺めも最高! 冬の札幌の街並み 夏の札幌の街並み
上がるほど札幌の街並みが広がっていきます 冬シーズンの展望台からの眺め 夏シーズンの展望台からの眺め
大倉山ジャンプ競技場(大倉山総合案内)
電話011-641-8585
FAX011-641-8586
ホームページhttp://okura.sapporo-dc.co.jp/jump/index.html
札幌ウィンタースポーツミュージアム
 オリンピックで気になったあの競技を気軽に体験できるのが、大倉山ジャンプ競技場に隣接する「札幌ウィンタースポーツミュージアム」です。クロスカントリーやフィギュアスケートのスピン、ボブスレーのスピード感などアスリート気分が味わえます。ほかにもオリンピック選手が使用していたユニフォームや道具なども展示されています。冬季オリンピック札幌大会の日の丸飛行隊の金・銀・銅メダルも展示されています!
表彰台のうえでぜひ記念写真を クロスカントリースキーにチャレンジ チーム青森の本橋選手です!
ぜひ表彰台のうえで記念撮影を
クロスカントリースキーに挑戦 チーム青森の本橋選手のユニホームなども展示されています。
札幌ウィンタースポーツミュージアム(大倉山総合案内)
電話011-641-8585
FAX011-641-8586
ホームページhttp://okura.sapporo-dc.co.jp/museum/index.html
 札幌の人気観光スポットをお得にまわれる“お得だねチケット さっぽろセレクト”が利用できる施設をご紹介しました。今回は「さっぽろセレクト」と地下鉄やバスが乗り放題の「共通1DAYカード」を使って取材しています。上手に、お得に、札幌の街を出かけてみませんか!?

さっぽろセレクト概要
■料金:大人1,200円 小学生500円
■内容:上記で紹介した施設の中から3ヵ所を選べるチケット
■販売:北海道さっぽろ観光案内所(JR札幌駅西コンコース)、各施設
ホームページhttp://www.sapporoselect.jp/

共通1DAYカード
■料金:大人1,000円 こども500円
■内容:札幌市営交通(地下鉄・市電)、バスが1日乗り放題(区間は別途確認)
ホームページhttp://www.city.sapporo.jp/st/card.html(札幌市営交通ホームページ内乗車券のご案内)

line
 2 雪上車に乗って絶景ビューポイントへ
line

 札幌の温泉街と言えば定山渓。定山渓にほど近い札幌国際スキー場では、ゴールデンウィーク(5月5日まで営業予定)までスキーやスノーボードが楽しめます。
 さらにこのスキー場には、キャットといわれる雪上車でゲレンデ外の絶景ビュースポットへ連れて行ってくれる山頂散策ツアーがあります。札幌に住んでいても普段は絶対に乗ることのない雪上車。絶景ビューポイントももちろん通常は行くことができません。30分ほどのプチツアーですが、山頂カフェでのドリンクサービスも付いています。
 今シーズンの散策ツアーは残念ながら終了していますが、4月10日(土)からは“札幌国際スキー場”と“キロロスノーワールド”を結ぶシャトル運行が始まります。実は、この2つのスキー場は朝里岳をへだてて東と西に位置しているので、山頂間を雪上車で行き来できるのです。人気スキー場を結ぶ、ロマンあふれる夢のシャトルをぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

札幌国際スキー場からキロロスノーワールドへ
■期間:4月10日(土)~5月5日(水・祝)を予定 ※積雪状況により早期終了もあり
■時間:第1便 9時30分国際 発、12時50分キロロ 発
     第2便 11時40分国際 発、15時00分キロロ 発
■料金:大人4,300円 小学生2,500円(キロロスノーワールドの3時間券付き)

【ジンギスカン食べ放題】
春の国際スキー場名物、テラスでジンギスカン食べ放題が3月末から始まりました。ゲレンデでスキーやスノーボードを思う存分楽しんで、青空の下、お腹いっぱいジンギスカンを食べて、まさに北海道らしさを存分に満喫できるのではないでしょうか。
■料金:60分食べ放題(肉、野菜、ライス) 大人1,600円 小学生1,300円 幼児無料
■時間:11時00分~15時30分(受付終了14時30分)
5月5日までまだまだ雪を楽しめます
札幌国際スキー場
電話011-598-4511
ホームページhttp://www.sapporo-kokusai.jp

line
 3 梅が鮮やかに浮かびあがる! ~平岡公園・梅林ライトアップ事業~
line

 平岡公園は、札幌の中心部から南東へ11kmほどに位置する約66haの敷地をもつ総合公園です。札幌市内では珍しい「梅」を楽しむことができる公園として、開花期間中は多くの来場者でにぎわいます。
 約1,200本もの白梅や紅梅が咲き誇る約6.5haの梅林では、花はもちろんのこと、香りも同時に堪能することができ、開花時期である5月の平岡公園は「癒し」の空間になります。
 この事業は、今年で4回目。昨年は5月2日から12日までの11日間にわたって実施し、約27,000人もの方々の来園がありました。
 今年のライトアップは、梅の開花時期に合わせ、4月下旬から5月上、中旬にかけての11日間を予定(ライトアップ期間は4月9日(金)に決定予定)しており、ライトアップ時間は18時00分から21時00分までの3時間です。
 夜の平岡公園で、日中とは違う幻想的な表情を見せてくれる梅林を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 そのほか、この梅林では梅を見るだけではなく、「梅」にまつわる商品が数多く販売されます。
 開花期間中限定で営業する売店では、定番の人気商品「梅ソフト」をはじめ、肌寒いライトアップの時間帯にオススメの温かい食べ物も充実していますので、ぜひ味わってください!
 梅にちなんだスイーツ、そして夜の公園に浮かびあがるライトアップされた幻想的な梅の姿。梅を香り、全身で感じる11日間!ぜひお立ち寄りください。
約6.5haに1,200本の梅 夜空に浮かび上がる梅の花 梅と梅ソフト
今年の梅の開花期間やアクセスについての詳細はこちらをご覧ください。
平岡公園ホームページhttp://www.sapporo-park.or.jp/hiraoka

line
 4 札幌まちめぐりパス 2010年度の魅力はココ!!
line

 観光客の方に人気の「札幌まちめぐりパス」。今年も4月29日(木・祝)から販売開始です!
 「札幌まちめぐりパス」は、共通1日乗車券と観光スポット26ヵ所の入場・体験が選べる15枚つづりのポイント券がセットになったお得な観光券です。
2010年度、オススメはココ!
●新たに2施設が追加!
 札幌市内中心部を走る「ベロタクシー」。そして、豊かな文化を育む歴史博物館「北海道開拓記念館」が新たに札幌まつめぐりパスに参画。いろいろな組み合わせで、さっぽろを思いっきり満喫してください。
●子ども用パス、空港連絡バスセット券も販売!!
 好評だった子ども用パスと空港連絡パスを今年も販売します。お得な「札幌まちめぐりパス」がさらにお得になる、空港連絡バスセット券。空港到着からまっすぐ“まちめぐり”に出かけることができます。札幌駅だけでなく、円山公園、福住、宮の沢など観光スポットの近くの停留所までのご利用が可能です。
●期間は6ヵ月!!!
 4月29日(木・祝)から11月3日(火・祝)までの約6ヵ月間利用できます。春夏秋の札幌を楽しんでみてください。
●ちょっと足をのばして札幌近郊も!!!!
 パンフレットには、札幌市内のまちめぐりだけでなく、札幌近郊のまちめぐりを楽しんでいただける特集ページを新たに追加。ぜひ、札幌近郊の知られざる魅力にも出会ってください。
●外国人観光客の方が利用しやすい表示を!!!!!
 日本語の案内に併記して、英語、中国語繁体字、韓国語でも「札幌まちめぐりパス」の概要や使用方法を記載し、外国人の方でも気軽にご利用できるようになりました。
 2010年度、さらに魅力アップした「札幌まちめぐりパス」を利用して、知られざる札幌の魅力を、ぜひ皆さまで見つけてください。
お問い合わせ
札幌市観光企画課
電話011-211-2376
FAX011-218-5129
メールkanko@city.sapporo.jp

line
 5 ようこそさっぽろ4月の特集
line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/

※スペイン語版及び携帯版フットナビは3月31日で閉鎖しました。

 
札幌市資料館とライラック
 4月の札幌は、1ヵ月で80分昼間が長くなります。特に、朝は早くなるので、早起きして散策すると、都会の風景のなかに北海道の自然を感じることができると思います。街中の日の当たりのいい場所から雪解けが始まりますが、標高の高い場所にあるスキー場では、5月までスキーを楽しむこともできます。
春から一気に初夏
 ■雪解け増水中の川を楽しむ(ニセコ町・占冠村)
 ■小樽の蔵だからこそ(小樽市)
 ■ススキノでニッカを飲む(札幌市)
 ■裏メニューの特丸ホルモン(札幌市)    など

22年度のイベントスケジュールを公開しました
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H22event-calendar.html

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/
 

○編集後記○
 平地の道路はすっかり雪も解け、レンタカーを借りて、ちょっと遠出を楽しむにもいい季節になってきました。今年もメルマガでは、ドライブ観光をお知らせしていきます。この時期の日没後は肌寒い日が続きます。せっかくの旅行で風邪をひかないよう、しっかり防寒対策をして札幌へお越しください。

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は5月13日(木)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 FAX:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp


このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129