ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第55号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第55号

もぎたてさっぽろタイトル

第55号

平成22年(2010年)1月13日

 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の笠井です。
 明けましておめでとうございます。今年もメルマガをどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、いよいよ来月5日(金)には、第61回さっぽろ雪まつりが開幕します。大通会場やつどーむ会場では、着々と雪像制作が進んでいます。雪像制作の様子は、ホームページや公式ブログからご覧になれますので、ぜひチェックしてみてください。
■さっぽろ雪まつりホームページ:http://www.snowfes.com/
■さっぽろ雪まつり公式ブログ:http://sapporo.100miles.jp/snowfes/
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。
 なお、このメールアドレスは配信専用です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

今年もメルマガを
よろしくお願いします!
アムールトラ「タツオ」
円山動物園
アムールトラ「タツオ」

☆☆今月のトピックス☆☆
1 第61回さっぽろ雪まつり ~雪遊びを満喫!つどーむ会場の魅力~
2 冬の動物園は楽しい! ~円山動物園に行ってみよう~
3 あなたは味付け派?生肉派? ジン・ジン・ジンギスカン♪
4 冬の定山渓「湯めぐりスイーツ手形」期間限定販売!
5 冬のイベントを満喫“千歳・支笏湖氷濤まつり”&“小樽雪あかりの路”
6 ようこそさっぽろ1月の特集

line

 1 第61回さっぽろ雪まつり ~雪遊びを満喫!つどーむ会場の魅力~

line

雪とのふれあいを満喫できる「つどーむ会場」の魅力をご紹介します!

 長さ約80メートルの大迫力“チューブスライダー”、昨年初登場で大人気だったそりを敷いて大きな弧を描きながら滑る“わくわくスライダー”、幼児向けの氷のすべり台 の3大すべり台が今年も登場します。
 そのほか、屋外会場では、雪原を疾走するスノーラフトや正月の門松を再利用して地域の方々が制作した竹スキー、雪中パークゴルフなどで雪を満喫できます。

大迫力!チューブスライダー  大人気、わくわくスライダー

 外で思いっきり遊んでお腹が空いたらグルメコーナーへ。ラーメン、スープカレーのほか、その場で焼いて食べることができるジンギスカンコーナー、道産ワインなど、北海道の魅力が満載です。

 屋内会場でも、ステージイベント、人気のミニ新幹線やふわふわ、昔遊び、地球と環境にやさしいベロタクシー試乗コーナーなど、お楽しみがいっぱいです!

いろいろな楽しみ屋内会場

 つどーむ会場へは、大通会場ほか各所からシャトルバスが運行します。
 詳しくは公式サイトで確認してください。
■さっぽろ雪まつりホームページ:http://www.snowfes.com/
■さっぽろ雪まつり公式ブログ:http://sapporo.100miles.jp/snowfes/

line

 2 冬の動物園は楽しい! ~円山動物園に行ってみよう~

line

 皆さん!雪国の冬の動物園は休みだと思っていませんか!?
 冬の円山動物園では、寒い地方原産の動物たちの生き生きとした姿が見られ、夏とは違った魅力があります。
 今回は、冬の動物園ならではの、雪が似合う動物たちをご紹介します。

動物タイルで気分↑↑

なかなか写真が難しいレッサーパンダ

レッサーパンダ?タヌキ?

大人気!ホッキョクグマのツインズ

婚活中。花嫁さん募集中

ベストショットを狙うなら「イコキロルーム」

お食事の魚をパクっ!

飼育員に甘えてます。

う~寒い寒い

展望レストハウスからは違った眺め

威風堂々、ジェイ

かわいい顔のキナコ

いろいろなオフィシャルグッズがあります!

限定品♪ぜひゲットしてください。

 円山動物園へは、地下鉄東西線円山公園駅からバスでおよそ10分。地下鉄駅からバスターミナルへ向かう地下通路のタイルには動物たちが描かれています。
 さぁこれから動物園へ!気分もどんどん盛り上がります♪

 まずはレッサーパンダの“ココ”と“セイタ”。愛らしい姿がたまりません。丸い体つきながら素早い動きかなかシャッターのタイミングが合いません。
 美女と評判のココですが、顔が見えないとちょっとタヌキみたい・・・。

 大人気の双子のホッキョクグマ、イコロとキロルもはや1歳。お母さんのララと同居しつつ、現在、婚活中です。

 こちらはニューオープンの「イコキロルーム」。中には簡単な展示もあり、寒くなったときの小休憩に最適です。間近とはいきませんが、もちろんここからもイコロとキロルを観察することができます。
※「イコキロルーム」は3月22日(月・祝)まで。

 円山動物園のもうひとつの“売り”は豊富な体験メニュー。ちょうどアザラシへエサやり中。
 集まった子どもたちは興味津々。直接動物たちと触れ合えるメニューは特に大人気のようです。アザラシの飼育員に甘えるようなしぐさも可愛らしいですね!

 冬の動物園、やっぱり寒さも気になります。でも安心してください。円山動物園では屋内施設はもちろん、展望レストハウスなど暖かい室内からも動物たちを見ることができます。
 展望レストハウスから観察できるサル山。レストハウスのすぐ近くまでサルが来ます。冬の体毛になっているはずのサルですが、足が冷たいのか雪上を避けて身を寄せあっていました。

 こちらは二世誕生が期待される若いカップル、シンリンオオカミの“ジェイ”と“キナコ”。遠くから見ると犬のような仕草が可愛らしいのですが、近くでみると迫力が違います。
 観察用の屋内施設には、足湯「蝦夷鹿の湯」もオープン中です。
※「蝦夷鹿の湯」は2月14日(日)まで。時間は9時00分から15時00分まで。

 入口そばのオフィシャルショップには、オリジナルグッズがたくさん!
 お土産にぴったりなグッズのほか、お菓子や飲み物などの限定品もいろいろあります。

 このほか、園内には食事をするところや暖かい休憩所がいくつもあり、冬でも凍えることなく見学できます。ただし、外は寒いので、手袋・帽子は必需品。そして動物園全体がゆるやかな傾斜地になっているので、滑らない冬靴で(または滑り止めをつけて)いらっしゃることをおすすめします。
 しっかりと寒さ対策をして、子どもに戻って、冬の動物園を存分に楽しみましょう。

○冬の動物園を満喫するイベントも多数開催!
 円山動物園スノーフェスティバル 2月1日(月)~11日(木・祝)
 ほか、詳しくはこちらhttp://www.city.sapporo.jp/zoo/gyouji/index.html
○期間限定で円山公園駅と円山動物園を結ぶシャトルバスを30分間隔で運行(現金の場合100円、小学生以下無料)
 運行日:1月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)、2月6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)
 ※定期便は通常通り運行されます。

所在地:札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
電話:011‐621‐1426
開園時間:2月~10月 9時00分~17時00分、11月~1月 9時00分~16時00分(発券は閉園30分前まで)
休館日:12月29日~31日
円山動物園ホームページ:http://www.city.sapporo.jp/zoo/index.html

line

 3 あなたは味付け派?生肉派? ジン・ジン・ジンギスカン♪

line

 北海道遺産にも登録されているジンギスカン。ご存じのとおり、ラム(1歳以下の子羊肉)やマトン(2歳以上の羊肉)といった羊肉を使った焼肉料理です。
 北海道では、キャンプや花見など、みんなが集まったらやっぱりジンギスカン。「来週、ジンパする!?」という言葉も日常的に使われています。 ※ジンパ=ジンギスカンパーティー
 実はジンギスカン、北海道では二通りの食べ方があります。今号では、意外と知られていないこの食べ方をご紹介します。

○ 味付けジンギスカン
 初めからタレに漬けこんだ「味付けジンギスカン」。滝川市にある有名なジンギスカン料理店が定着させた、この「味付け」はリンゴやニンニク、ハチミツなどで味をつけ、羊肉独特の臭みを消し、柔らかくする効果があります。肉の旨みを存分に楽しむことができます。ジンギスカン鍋の周りの溝部分にたっぷりとタレを入れる調理方法は「焼肉料理」というより、タレと野菜の水分を生かした「煮込み料理」に近いとも言えます。
 北海道内のスーパーなどでは、豊富な種類の「味付けジンギスカン」が並べられています。

味付けジンギスカン

味付けジンギスカン

タレがしみて野菜も旨い!

タレがしみて野菜も旨い!

ジンパに欠かせません

ジンパに欠かせません

○ 生ジンギスカン
 生肉といっても、そのまま食べるのではなく、焼いた肉をタレにつけて食べるスタイルです。羊独特のにおいに包まれながら、つけダレで味を調節していただきます。
 札幌市内のビール園などで提供されるのはこのタイプ。ほかにも、本当に生のまま食べられるほど鮮度抜群の羊肉を提供してくれるお店もあります。

生ジンギスカン

生ジンギスカン

生は焼き加減が重要です

焼き加減が重要です

こちらもジンパの主役です

こちらもジンパの主役です

 札幌市内のジンギスカン料理店を訪れる際は、どちらのタイプのお店か確認しながら、自分のお気に入りを見つけてみてください!
ジンギスカンの店、コラムなど(ようこそさっぽろ)
http://www.welcome.city.sapporo.jp/food/lamb/index.html

line

 4 冬の定山渓「湯めぐりスイーツ手形」期間限定販売!

line

冬の定山渓

 冬の定山渓温泉では、気温0度を下回る冷え切った空気のなか、雪景色を楽しみながら、温泉を堪能できます。
 支笏洞爺国立公園内にある定山渓では、緑豊かな大自然に囲まれての入浴が大きな魅力となっていますが、真っ白な雪を見ながら、触れながらの入浴もまた格別です。

定山源泉公園

 定山渓観光協会では、さっぽろ雪まつりの期間(平成22年2月5日(金)から11日(木・祝)まで)に合わせ、定山渓の複数の温泉とオリジナルスイーツが楽しめる「湯めぐりスイーツ手形」を販売します。
 この手形は、全部で4枚(湯めぐり用3枚、スイーツ用1枚)のシールがはられており、各温泉施設が定めた必要シール数を入湯施設に渡し、湯めぐりしながら温泉を楽しむというもの。さらに、ホテルや飲食店のあたたかいオリジナルスイーツも堪能ができます。
 冬の定山渓で、この手形を使い、さまざまな趣向を凝らした温泉、あたたかいスイーツを満喫してみてはいかがでしょうか。

湯めぐりスイーツ手形について
○販売期間:平成22年2月5日(金)~11日(木・祝)
○利用期間:平成22年2月5日(金)~6月30日(水)
 ※スイーツの引き換えは、2月28日(日)まで。それ以降については湯めぐりシールでの利用となります。
○販売場所:定山渓観光案内所及び一部の定山渓内のホテル
○販売価格:おとな1,600円、こども800円
○販売予定数:5,000枚(売り切れ次第、販売終了となります)
○詳細:社団法人定山渓観光協会
 電話011‐598‐2012 ホームページhttp://www.jyozankei.com/

手形(おもて)
手形(うら)

line

 5 冬のイベントを満喫“千歳・支笏湖氷濤まつり”&“小樽雪あかりの路”

line

 2月5日(金)から開幕する第61回さっぽろ雪まつり。
 この時期の北海道では、冬や雪と親しむことのできるイベントが目白押しです。今回は、札幌の近隣、千歳市と小樽市で行われる2大イベントをご紹介します。せっかく北海道に来るなら、ちょっと足を延ばして、冬の北海道の魅力を思う存分楽しんでみてはいかがでしょう!?

○ 千歳・支笏湖氷濤まつり

 支笏湖の湖水をスプリンクラーで凍らせた大小さまざまな氷のオブジェ。昼は支笏湖ブルーと呼ばれるナチュラルブルーに輝き、夜は色とりどりのライトに照らされます。最後は、会場周辺にある泉質の異なる温泉で、冷えた体を温めてください。
◇期間:平成22年1月29日(金)~2月14日(日)
◇時間:8時30分~22時00分(ライトアップは16時30分から)
◇場所:千歳市支笏湖温泉
◇お問い合わせ:支笏湖まつり実行委員会 電話0123‐23‐8288
◇ホームページ:http://www.shikotsuko.com/hyoto2010/

会場の様子(ライトアップ)  花火

○ 小樽雪あかりの路

 キャンドルの温かな灯火が小樽の古い街並みを優しく照らし出します。運河の水面で瞬く400個の浮き玉キャンドルや散策路を幻想的に映し出すスノーキャンドル、やわらかな光が灯る手宮線会場のスノートンネルなど、優しいひかりが来場する皆さんをおもてなしします。
◇期間:平成22年2月5日(金)~2月14日(日)
◇時間:17時00分~21時00分
◇場所:運河会場、手宮線会場など市内一円
◇お問い合わせ:小樽雪あかりの路実行委員会事務局(小樽市産業港湾部観光振興室内) 電話0134‐32‐4111
◇ホームページ:http://www.yukiakarinomichi.org

運河会場  スノーキャンドル  手宮線会場

line

 6 ようこそさっぽろ1月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/
携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

携帯版さっぽろフットナビ!QRコード

 写真は札幌市手稲山山頂。1月の札幌の平年値は最低気温 -7.7度、最高気温 -0.9度。ほとんど毎日雪が降っていますので、市内と周辺のどのスキー場も新雪と深雪が楽しめると思います。そのほか雪遊び情報、温泉情報など充実させていますのでご覧ください。

真っ白に染まる手稲山

白い雪 雪と遊ぶ
 ■日帰りの温泉で楽しむ贅沢
 ■札幌おまかせ満腹コース
 ■おふくろの味 居酒屋「釧路」
 ■北海道情報-鷹栖町で楽しむ犬ぞり体験-    など
21年度のイベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H21event-calendar.html
22年度のイベントスケジュールを公開しました
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H22event-calendar.html

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/


○編集後記○
 次号では、第61回さっぽろ雪まつりの様子を開幕初日にお伝えします。さっぽろ雪まつりにいらっしゃる方は、防寒対策はもちろん、暖かく滑りにくい靴を用意してください。年に一度の大イベントを思いっきり楽しんでください!
 ようこそさっぽろでは、こういったこともご紹介しています。転ばぬ先のすべり止め

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は2月5日(金)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課

電話:011-211-2376 FAX:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129