ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第48号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第48号

もぎたてさっぽろタイトル

第48号

平成21年(2009年)6月10日

 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の笠井です。
 突然ですが、私、笠井は、6月4日開港の『富士山静岡空港』の就航都市のひとつとして、静岡に札幌のPRへ行ってきました。今までは、新幹線と飛行機で3時間以上かかったのが、なんと、その半分の約1時間45分で結ばれ、お互いに行き来しやすくなりました。観光スポット、食、街並みとそれぞれに良さがあります。この機会にぜひ札幌へ。そして、静岡へ。お互いの“魅力”を再発見してみてはいかがでしょうか!?
 なお、このメールアドレスは配信専用です。ご質問・ご意見はこちらまで。本メルマガはHTML形式でご覧ください。
 メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

就航都市のキャンペーンレディ大集合

富士山静岡空港ホームページ
http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/
(写真は各就航都市のキャンペーンレディが大集合しているところです)

☆☆今月のトピックス☆☆
1 札幌観光の活性化につながる事業に対し、助成金を交付します!
2 さっぽろ広域観光圏 ~石狩・海岸線ドライブの旅~
3 札幌の街を彩る3大音楽フェスティバル♪
4 ウオークさっ歩ろ(さっぽろ)パスで街を歩こう!!
5 大人気!あの食べ歩きイベント『さっぽろタパス』が今年も登場
6 ようこそさっぽろ6月の特集

line

 1 札幌観光の活性化につながる事業に対し、助成金を交付します!

line

 民間事業者等が行う札幌観光の活性化につながる事業を募集します。審査の結果、選定された事業については、事業費の一部(最大50万円)を助成します。
札幌観光の大きな市場である首都圏や大阪圏において、札幌観光の魅力をPRする事業を募集します。
⇒札幌市観光プロモーション助成事業
観光客の札幌での滞在をより充実させることを目的とする事業を募集します。
⇒札幌市芸術・文化・食等を活用した街の魅力創造支援事業
助成事業の募集内容はこちら
札幌の観光行政 http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/news2/2009-06-06.html

line

 2 さっぽろ広域観光圏 ~石狩・海岸線ドライブの旅~

line

 今年4月に認定されました「さっぽろ広域観光圏」。メルマガでは数回にわたって、広域観光の楽しみのひとつであるドライブ観光をご紹介します。記念すべき第1段は『石狩市』です!
 まずは簡単に石狩市をご紹介します。

さっぽろ広域圏MAP

 石狩市は、札幌市の北側に位置し、西側一帯が石狩湾に面した水の豊かな街です。江戸時代初期にはサケの交流でにぎわいを見せ、近年は、石狩湾新港をベースにした国際的な文化・経済の拠点として、発展を遂げています。
 有名なのが北海道の郷土料理としておなじみの「石狩鍋」。実は石狩市が発祥地です。サケの身のぶつ切りに、たくさんの野菜、豆腐などボリューム満点の具材を、うま味が凝縮された味噌のスープでいただきます。
 残念ながら、今回はご紹介できませんでしたが、石狩市を訪れた際は、ぜひ、ご賞味ください!!
 さて、ここからは、海の幸、自然、芸術、遊び、お洒落なカフェと、とっておきの石狩・海岸線ドライブの旅をご紹介します。
※地図をクリックすると、社団法人石狩観光協会ホームページの観光ガイドマップが開きます。

いしかり湾漁協「朝市」

いしかり湾漁協朝一

石狩温泉番屋の湯

石狩温泉番屋の湯

番屋の生鮮広場/生シャコ丼

番屋の生鮮広場/生シャコ丼

恋人の聖地/厚田公園展望台

恋人の聖地/厚田公園展望台

パークゴルフ

パークゴルフ

はまなすの丘公園/マウニの丘

はなますの丘公園/マウニの丘

石狩美術館

石狩美術館

望来豚

望来豚

09:15

札幌市内のホテルをちょっと早めに出発!!

10:15

【いしかり湾漁協「朝市」】
 捕れたての魚介類を訪ねて「朝市」へ。ピチピチと飛び跳ねるシャコやヒラメ。朝市ならではの瞬間です。5月から6月はなんと言ってもシャコが旬。もちろん、ボイルしたシャコもあり、その場で食べることができます。さっそく食べてみると・・・その甘さに感動。ぜひご賞味ください!
 石狩市には、他にも「あつた港朝市」、「浜益(はまます)ふるさと市場」があります。あつた港朝市は10月中旬まで、浜益ふるさと市場はその場で焼いて食べることができるバーベキューコーナーありといろいろな楽しみ方ができます。

11:00

【石狩温泉番屋の湯】
 朝市を楽しんだら、次は朝一の温泉へ。石狩湾から眺める雄大な日本海と地下数百メートルからくみ上げられた1千万年近く前の太古の海水「化石海水」。ゆったりとリラックスしてから、次の目的地へ向かいます。
番屋の湯 http://www.banyano-yu.com/

12:00

【番屋の生鮮広場】
 温泉に入って、お腹がすいたら、すぐ目の前にある「番屋の生鮮広場」へGO!ここでは地元でとれた新鮮な魚介類をいただきます。この時期、オススメなのが、生シャコ丼です。生で!?と思った方はぜひお試しください。新鮮なシャコを一度急速冷凍し、半解凍のままいただきます。噛んだ瞬間のシャリっとした食感、口に入れるとあっという間に溶け、魚介類特有のなんとも言えない、濃厚な甘みが口の中いっぱいに広がります。ほかにも生のサケやたこなどの丼物はもちろん、ご当地グルメの石狩バーガーなどもいただくことができます。

13:00

【恋人の聖地/厚田公園展望台】
 次は、恋人の聖地「厚田公園展望台」に向かいます。ここは、愛を誓い合い、プロポーズにふさわしい場所を選定する「恋人の聖地」プロジェクトで選ばれた、かなりロマンティックなスポットです。
 小高い丘の上にある展望台からは雄大な海岸線が臨め、夕方には日本海に沈む夕日が大変美しく見えます。せっかくなら、恋人と二人で訪れたいところですが、ここから眺める景色は友達同士とでも一人でもきっと満足していただけます。
 さらに、厚田展望台のすぐ近くにある「あいロード夕日の丘」は地元“厚田産そば”やバニラといちごのミックスソフト“恋人のソフトクリーム”などが楽しめる軽食コーナーを備えた観光案内所です。石狩市内の特産品や恋人の聖地にあるフェンスにつける南京錠やプレートなども販売していますので、ぜひご利用ください。

14:15

【シーサイドみなくるパークゴルフ場】
 オーシャンビューのロケーションと心地よいさわやかな潮風を感じながらのプレーはまさに爽快!気分も高揚し、思わず無邪気にはしゃいでしまいます。若い人から年配まで年齢を問わずプレーを楽しめるのもパークゴルフの魅力のひとつ。このパークゴルフ場では広大な敷地の中に6コース54ホールがあり、ここだけで1日遊べます。

15:30

【はまなすの丘公園/マウニの丘】
 180種類もの海浜植物が自生する「はまなすの丘公園」。公園内の木道を歩いて花散策を楽しめば、どこまでも広がる大自然を感じることができます。映画のロケ地にもなった石狩灯台をバックに、はまなすの前で記念写真はいかが!?
 さらに、はまなすの丘公園のすぐ横、石狩鍋の名店「あいはら」の2階には、眺望抜群のおしゃれなカフェ「マウニの丘」があります。まず、店内に入ると、いきなり目に飛んでくるのが、日本海とはまなすの丘公園。テラスで、外の潮風を感じるのもよし。2人掛けのソファでゆったりとするのもよし。午後3時のティータイムには、抜群のロケーションを独り占めしながら、店自慢のこだわりのコーヒーでくつろいでください。
マウニの丘 http://cafemauni.com/

16:30

【石狩美術館】
 3階建ての館内には、ルイ・イカールの銅版画作品とエミール・ガレ、ドーム兄弟、黒木国昭氏などガラス工芸品などおよそ1,100点が展示されています。中央のホールの下から上を見上げれば、数々のガラス工芸品を通して映しだされる光の世界は、まるで万華鏡の中に入ったような錯覚にとらわれます。
 ここの美術館には、地元の食材にこだわった創作フレンチを提供する個室レストランが併設。料理は石狩川をイメージした水路から渡船で運ばれてくるなど、来館者を楽しませてくれるしかけが満載です。
石狩美術館 http://ishikari-museum.jp/index.html

18:30

【望来豚】
 望来豚は、石狩市厚田にあるノース・ベスト・ファームで飼育されている豚で、毎月180頭出荷される豚のうち約1割しか望来豚として出荷されない、大変貴重な豚です。全くくさみがなく、脂肪はしつこくなく甘みが強い、肉質は柔らかくうま味が豊かでとてもジューシーです。石狩市内のお店でも食べられますが、今回は札幌・すすきのにある鈴木徳太郎商店で。北海道の地酒とともに望来豚をいただきます!望来豚100%自家製のつくねややきとん(串焼き)など味わい深い素材はシンプルに食べるのが一番です。
鈴木徳太郎商店 http://www.katoshoten.jp/www/k_tokutaro/index.html

21:00~

最後に・・・
 今回は「さっぽろ広域観光圏」の構成市町村のひとつ石狩市をご紹介しました。ご紹介できたのはごくわずかです。ほかにも魅力的なスポットがたくさんあります。あとはぜひご自身で見つけてください。きっと素敵な出会いがあると思います。そんなことを考えつつ、すすきのの夜を満喫する取材班でした。
今回ご紹介した内容はこちらから詳しくご覧になれます。
【石狩市役所ホームページ】
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/index.html
【社団法人石狩観光協会ホームページ】
http://www.ishikari-kankou.net/

シャコ1本80円
魚の天日干し
生鮮広場に向かう取材班
タコのづけ丼
サケの形の車どめ
固く愛を誓い、南京錠をつけるフェンス
展望台からの眺望
あいロード夕日の丘
海岸線沿いのパークゴルフ場
ナイスショット!
石狩灯台とはまなすの花
おもしろ看板発見!トイレのマークに注目です
たくさんの光が差し込む店内
深いコク、香ばしいかおり
きれいな外観の石狩美術館
ガラス工芸品
望来豚100%のジューシーつくね

line

 3 札幌の夏を彩る3大音楽フェスティバル♪

line

 札幌の夏の楽しみといえば、大通公園のビアガーデンや豊平川の花火大会が定番ですが、近ごろは野外での音楽イベントを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか!?札幌のさわやかな夏、澄んだ青空、夜空に浮かぶ幻想的な空間が札幌の街に彩りをあたえてくれます。
 今回は、札幌の夏を盛り上げてくれる3大音楽フェスティバルをご紹介します。

♪第20回 PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2009

コンサートホールでのクラシック

 今年、第20回の記念の年を迎える【PMF2009】。PMFは、世界の若手音楽家の育成を目的としたクラシックの国際教育音楽祭で、20世紀を代表する音楽家『レナード・バーンスタイン』の提唱で1990年から始まりました。
 厳しいオーディションに通った世界18カ国・地域の若手音楽家129名が世界最高峰の教授陣の指導を受け、技術を磨きます。音楽祭は、7月4日(土)の札幌芸術の森・野外ステージでの開会式から、7月29日(水)の間、ほぼ毎日開催します。
 若手音楽家で編成される「PMFオーケストラ」を指導する「ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」の首席奏者や「ベルリンフィルハーモニー管弦楽団」の奏者などのコンサートや、大通公園やJR札幌駅、市役所ロビーなどで開かれる無料のアウトリーチコンサートなど街中で本格的なクラシックを身近に触れることができます。

ピクニックコンサート

 特に今年は20回を記念して、今では世界67カ国・地域に2,400名を超えるPMF修了生の中から、プロオーケストラで活躍中の66名を集めた「PMFアニバーサリー・オーケストラ」も特別に編成され、PMFで学んだ成長の証が壮大なオーケストラとなって、ここ札幌の地に帰ってきます。
 また、恒例となった札幌でのフィナーレとなる7月26日(日)のピクニックコンサートでは、芸術の森・野外ステージでさまざまなスタイルのコンサートを一日中楽しめます。子どもと一緒に、芝生の上で横になったり、ワインやビールを飲んだりと、緑豊かな景色の中でゆったりと気軽にクラシック音楽を堪能できるのが特徴です。澄んだ空気と緑の香り、やさしくて素敵な音色。至福の一日をお過ごしください。
公式ホームページ http://www.pmf.or.jp/

♪SAPPORO CITY JAZZ 2009
 【SAPPORO CITY JAZZ】は、国内外のトップミュージシャンやアマチュアミュージシャンが参加する国際ジャズフェスティバルとして、7月12日(日)から8月9日(日)まで開催されます。
ホワイトロックライブ

 今年も、イベントの象徴的存在である映像投射式ミュージックテント「ホワイトロック」が大通公園2丁目に登場。幻想的な芸術空間の中ですばらしい音楽を楽しむことができます。ホワイトロックライブは7月21日(火)から8月5日(水)までとなっています。フィナーレは、8月8日、9日の2日間、芸術の森・野外ステージで行われる「ノースジャムセッション」。大自然の中で、マリーナ・ショウやニッキ・ヤノフスキー、JUJUなどの国内外のトップミュージシャンによるプレイを堪能することができます。
公式ホームページ http://www.sapporocityjazz.com

♪RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
 最後はドライブの旅でもご紹介した石狩市にある石狩湾新港樽川ふ頭横の野外特設ステージで開催される【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO】。今年で11回目を迎えるこのイベントには、8月14日(金)、15日(土)の開催2日間で100組を超えるミュージシャンが出演します。14日、15時00分にライブがスタートして、終了は深夜、15日は12時30分スタートで終了が翌朝5時30分という長丁場。思う存分、ロックを満喫でき、眠るヒマもありません。
公式ホームページ http://rsr.wess.co.jp

 このように、夏の札幌では、心が躍る音楽イベントが続々と開催されます。クラシック、ジャズ、ロックと内容もさまざま。街を歩いていれば音楽を耳にすることができるこの季節、ぜひ私たちと一緒に、音楽と自然と食を楽しみましょう。札幌の夏は要注目です。

line

 4 ウオークさっ歩ろ(さっぽろ)パスで街を歩こう!!

line

 市電1日乗車券付きのガイドブックやグッズをセットにしたお得なパス『ウオークさっ歩ろパス』が発売されました!これは、「ウオーク(歩く)を通じて、健康、地球環境、まちの魅力再発見等に取り組んでいる「ウオークさっ歩ろ」プロジェクトの一環で、市民団体や企業などと行政が連携し実施しています。
 利用期間は約半年間、平日も利用できるので、皆さまもぜひこのお得なパスを利用して、さっぽろの街歩きを楽しんでみては!? 

『2009 ウオークさっ歩ろパス』 歩らりまち旅 ~市電で散策~
○利用期間:平成21年5月31日(日)~11月8日(日)
○販売場所:地下鉄定期券販売所(9カ所)、北海道さっぽろ観光案内所、サッポロドラックストアー(市内34店舗)ほか
○販売価格:500円
○販売数:10,000セット
○パスの内容:
 ・市電1日乗車券付きガイドブック(大人1人と小学生以下の子どもが市電に1日乗り放題)
 ・交通安全用反射リストバンド(付録)
 ・粉末健康飲料「メダリスト」引換券(サッポロドラックストアー2店舗で引換)
 ・「さっぽろの水」引換券(札幌市水道記念館で引換)
●問い合わせ先●
札幌市観光文化局スポーツ部企画事業課振興係
担当 山崎、鍋島 電話011-211-3044
販売場所などの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/sports/walk_sapporo/pass/index.htm

ウオークさっ歩ろパスパンフレット

line

 5 大人気!あの食べ歩きイベント『さっぽろタパス』が今年も登場

line

ワインとタパス

 札幌の街を歩いて、お店を食べまわる「さっぽろタパス」の5日間。期間中、ボノタパス(チケットつづり)を参加店に持っていくとチケット1片で「飲み物+タパス(おつまみ/おやつ)」の提供を受けられます。ボノタパスは、5片つづりと9片つづりがあるので、ニーズに合わせた使い分けが可能です。
 参加店は約100店。フレンチ、スパニッシュ、イタリアンなどワインを楽しめるお店や、ビールがおいしい小粋なお店、さらにはおしゃれなカフェとさまざま。お酒におつまみ、コーヒーやお茶にスイーツもアリです。
 例年、市民が普段行くお店も多数参加しますので、札幌にお越しの際は、地元住民と一緒に「おいしい札幌」を楽しんでください。
 さっぽろタパス2009の開催期間は、9月6日(日)から10日(木)まで。参加店などの詳細は、決定次第、ホームページで告知されます。
さっぽろタパスホームページ(2009の企画は7月ごろから順次アップ予定です) http://www.sapporowalk.com/

line

 6 ようこそさっぽろ6月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/
携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

携帯版さっぽろフットナビ!QRコード

 南ローンで横たわる人。札幌も芝生はやわらかく、ひんやりとしており、横たわるのに最高です。北海道外の皆さんの街との湿度の違い、気温の違いを一番気持ちよく楽しんでいただける季節がやってきました。夏至を中心に昼間が15時間を超え、遊んでも、遊んでも太陽が味方です。気温は低く、陽射しは真夏。皆さんの街と違う夏を味わってください。アスパラをはじめ畑の野菜、山菜が豊富に出始め、小樽、積丹のウニ、スルメイカ、トキシラズなどが旬を迎えてお待ちしています。大学のキャンパスが絵になり、ガーデンウエディングの花嫁はとても幸せそうです。
芝生の上に横たわる人(札幌都心の北海道大学農学部植物園)
冷たい風とかがやく陽射し
 ■北海道大学構内散策
 ■アスパラを生で食べさせるレストラン
 ■ジューンブライドは爽やかな緑の札幌で
 ■感謝・笑顔・感動-YOSAKOIソーラン祭り-
 ■北海道情報-大沼公園のアウトドア体験-  など
21年度のイベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H21event-calendar.html

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/


○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第48号」はいかがでしたか?次号は、札幌市内に戻り、中心部の街歩きの楽しみをお伝えします。夏は街歩きが気持ちいい札幌へ。ぜひお楽しみに!
 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は7月8日(水)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課

電話:011-211-2376 FAX:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129