ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第45号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第45号

もぎたてさっぽろタイトル

第45号

平成21年(2009年)3月9日

 皆さま、こんちには。札幌市観光企画課の笠井です。
 札幌の街中では、いたるところでまだ雪を感じることができますが、これからどんどんと雪がとけていき、3月下旬には春の訪れが感じられます。今号では今年のさっぽろスイーツの顔、さっぽろスイーツ2009のグランプリ作品や札幌近郊8市町村が連携し、さらなる発展を目指す「さっぽろ広域観光圏」などを紹介します。
 なお、本メルマガはHTML形式でご覧ください。

誘致リーフレットのご提供
 旅行会社様などにおきましては、北海道や札幌への送客キャンペーン等を実施していただく際に、お客様への提供用として、当方で今年度制作いたしました誘致リーフレット「NEXT STYLE JOURNEY」をお送りいたします。新たな札幌の魅力を中心に、視覚的に強く印象に残るよう各観光素材の紹介をしております。ご活用いただければ幸いです。ご連絡をお待ちしております。

☆☆今月のトピックス☆☆
1 北海道の新鮮地元食材を満喫! 道産食彩HUG(ハグ)
2 さっぽろスイーツ2009発表! ~グランプリは「さっぽろハスカップフロマージュ」~
3 まだまだ楽しめる!!札幌のパウダースノー
4 ロマンティックは止まらない。~さっぽろロマンティックパスポート~
5 新・観光コース「オススメ!さっぽろ巡り」
6 札幌まちめぐりパス ~知られざる札幌に出会える旅~
7 道央観光がもっと広がる ~さっぽろ広域観光圏~
8 ようこそさっぽろ3月の特集

line

 1 北海道の新鮮地元食材を満喫! 道産食彩HUG(ハグ)

line

 北海道のおいしくて安心安全なえりすぐりの食を楽しめる、道産食材のアンテナショップ「道産食彩HUG(ハグ)」。道産食材直売マート「HUGマート」と道産食材にこだわった自慢の料理が味わえる飲食ストリート「HUGイート」が市内中心部にある「狸小路」の5丁目にオープンしました!
 さっそく「HUGマート」と「HUGイート」で、北海道の「うまいもの」を探してみましょう。

好みのネタをトッピング「チョイス丼」

 まずはHUGイート。屋台風のきれいな店舗が店を構えます。店内での飲食はもちろん、各店の料理を持ち込んで食べることができる飲食テーブルも用意されています。
 すすきのに店を構える本格寿司屋さんのお寿司も気軽に楽しむことができます。こちらは「チョイス丼」。何も乗っていない丼飯(300円)に、好みのネタをトッピング。もちろんネタはとっても新鮮です。

「ジンギ」とおぼろづきの「おにぎり」

 道産地鶏をジンギスカンのたれで味付けした「ザンギ」ならぬ「ジンギ」です。ザンギは唐揚げの一種で北海道では大人気の料理です。虎杖浜産の「たらこ」と話題の北海道米「おぼろづき」のおにぎりと一緒にいただきました。

道産チーズたっぷりの「北海道ラクレット」  新鮮プリプリの厚岸産「生ガキ」

 そのほか、北海道産フェルミエ(農家製)チーズや新鮮な厚岸(あっけし)産のカキなども楽しむことができます。

甘くておいしいじゃがいも「インカのめざめ」

 HUGイートでお腹がいっぱいになったら、次はHUGマートでお買い物。
 こちらはHUGイートでも食べることができる「インカのめざめ」。甘みが強いおいしいじゃがいもです。
 また、HUGの商品はすべて「生産者の顔が見えるもの」にこだわっています。

豊富な海産物

 新鮮な海産物なども豊富にそろっています。有料で保冷材や道内外への発送などもあります。

市町村PRコーナー

 HUG内には、道内市町村のPRコーナーも。気になる市町村を探してみては!?

 北海道産の安心で安全なおいしい食を食べるのも買うのもHUGにおまかせ。ぜひ札幌にお越しの際は、お立ち寄りください!
道産食彩HUG
電話 011-231-3388
公式ホームページ http://www.s-hug.jp/
ほかにも、札幌の中心部で道産食材を買えるお店には以下のようなところがあります。
きたキッチン(大通の地下街オーロラタウン)
http://www.marui-imai.co.jp/sapporo/s_kita_topics/
北海道どさんこプラザ札幌店(JR札幌駅西通り北口)
http://dousanhin.com/shop/sapporo_jr/

line

 2 さっぽろスイーツ2009発表! ~グランプリは「さっぽろハスカップロマージュ」~

line

 その年のさっぽろスイーツの顔を決める「さっぽろスイーツ2009」コンペティションが開催され、応募作品94作品の中から厳正な審査をへて、「さっぽろハスカップフロマージュ」がグランプリに選ばれました。

南円山ズコットのシェフパティシエ 若山さん

 このスイーツを制作したのは、札幌市中央区の円山エリアにある「南円山ズコット」のシェフパティシエ 若山 一哉(わかやま かずや)さんです。
 若山さんは、フランス、東京のホテルなどで修業、経験を積み、2006年11月に「南円山ズコット」のシェフパティシエになりました。

さっぽろハスカップフロマージュ

 グランプリ作品の「さっぽろハスカップフロマージュ」は、あざやかなハスカップの赤い色に金箔がアクセントになっており、素材には札幌近郊で採ることのできるハスカップ及び北海道産チーズをふんだんに使った、より札幌・北海道らしさを体現したスイーツです。
 このスイーツの重要な構成素材である「ハスカップ」は、鉄分やカルシウム、ビタミンなどが豊富に含まれており、昔は不老長寿薬として重宝されていた果実です。そのように、美味しくて健康、栄養にも優れている素材を使用することは、現在の健康志向の高まりにも対応しているスイーツであるといえます。
 さっそく食べてみると、濃厚な北海道産チーズの柔らかな味わいの後に、ハスカップのさわやかな酸味が口の中に広がり、非常に上品な味わいです。
 さっぽろスイーツのグランプリ作品のレシピは広く公開され、各店舗で共通条件を守りながら、独自のアレンジを加え、製造・販売します。同じ名前で販売されているスイーツの食べ比べができるのが特徴で、ほかに例を見ない楽しさがあります。
今回の共通条件は、以下の3点。
1 北海道産ハスカップを使い、ハスカップの赤い色を基調とすること
2 北海道産チーズを使用すること
3 「さっぽろスイーツ」、「SAPPORO」、「さっぽろスイーツ2009」のいずれかの文字が入ったプレートをつけること
 「さっぽろスイーツ2009」は、4月から札幌市内及び近郊の洋菓子店で売り出されます。札幌へお越しの際は、各洋菓子店で展開している「さっぽろハスカップフロマージュ」を心地よい澄んだ空気とともにお楽しみください。
 また、5月中旬から7月末まで、好例の各店舗のさっぽろスイーツをめぐるスタンプラリーを開催する予定となっています。詳細はメルマガでもお知らせしますので、ぜひお楽しみに!
 今後、各店の趣向を凝らしたさっぽろスイーツ2009の食べ比べの模様をお伝えする予定ですので、こうご期待です。
■スイーツ王国さっぽろ推進協議会 http://www.sweets-sapporo.com/

line

 3 まだまだ楽しめる!!札幌のパウダースノー

line

 札幌ではいつごろまでスキーやスノーボードが楽しめるか知っていますか?札幌市内や近郊では、なんとゴールデンウィーク終わりまで営業しているスキー場もあります。
 今回は、札幌の温泉郷として有名な定山渓にほど近い「札幌国際スキー場」(5月6日(水・祝)まで営業予定)に行ってきました!ゲレンデは、パウダースノーを求めるスキーヤーやスノーボーダーで大いに賑わっていました。
札幌国際スキー場その1  札幌国際スキー場その2  放り投げたくなるパウダースノー
 ご覧のとおり、さらさらで良質な雪を満喫できます!3月は、寒さも和らいできている時期なので、より快適に楽しめますよ。
 山頂にはカフェも。ここの自慢はなんといっても窓から望む雄大な景色。男爵いものスープ、ホットチョコレートなど温かいメニューも充実していますので、北海道らしい壮大な景色を眺めながら、体を温めてみてはいかがでしょうか。
景色抜群の山頂カフェ  ゲレンデから見た景色
 また、札幌国際スキー場は、レンタル用品も充実しています。スキー、ウェアはもちろんのこと、手袋や帽子などの小物までレンタルすることができますので、気軽にウィンタースポーツをお楽しみいただけます。
充実レンタルコーナー  チューニングもばっちり
 「スキーやスノーボードはできないけど、雪遊びがしたい!」と考えている皆さまは、スキー場内にある「スノーランド」で雪遊びをしてみてはいかがでしょうか。スノーランドでは、スノーボービル、ミニ四駆バギー、バナナボートなどゲレンデとは違った雪とのふれあいを楽しむことができます。
疲れた体にぜひ!メロンパン
 最後に、パウダースノーを満喫した後の楽しみをご紹介します。札幌国際スキー場では、メロンパンが人気です。焼きたてのメロンパンの中には、生クリーム、カスタードクリームがたっぷり。ウィンタースポーツを思いっきり楽しんで、疲れた体には、甘いものがほしくなりますよね。ぜひお試しください。とってもおいしいですよ!
積雪状況や料金等の詳細については、札幌国際スキー場へ
電話 011-598-4511
公式ホームページ http://www.sapporo-kokusai.jp

line

 4 ロマンティックは止まらない。~さっぽろロマンティックパスポート~

line

 12月配信の「もぎたてさっぽろ」第42号でご紹介した「さっぽろロマンティックパスポート」。今期も残りあとわずかとなりましたが、その楽しみ方の一例をご紹介します。
 まず、最大の魅力は、藻岩山の展望台から、そして市内中心部のビルの屋上にある大観覧車から、さっぽろの景色を望むこと。夜景は素晴らしいの一言です。
ガイドブック表紙  ハートの中身は札幌の夜景
 でも、特にご紹介したいのは市電沿線の名店たち。今回はそのなかから2店をご紹介します。このロマンティックパスポートには、市電の一日乗車券がセットになっていますので、さっぽろでお気に入りの店を探すのもいいですよね。

<西線9条旭山公園通り「てら家」>
 札幌の「スープカレー」の名店です。うま味が凝縮されたこってり系のスープにたくさんの具材は、いくら食べても飽きることはありません。

亜細亜カリー「てら家」 まさに絶品スープカレー

<西11条「ショコラティエマサール」>
 洋菓子とチョコレートの専門店。写真は最高級ブラックチョコをたっぷりと使った「マリアテレサ」。豊潤なカカオの香りと、濃厚なチョコの味わいがなんとも言えません。カフェコーナーもあり、週末は多くの人で賑わいます。

ショコラティエマサール 豊潤なカカオと濃厚なチョコの香り「マリアテレサ」

 「さっぽろロマンティックパスポート」の販売期間は3月31日(火)まで!残り期間も少なくなってきていますが、ぜひお得にさっぽろの冬を楽しんでください!
販売価格 1,500円
販売場所 北海道さっぽろ観光案内所、札幌市交通案内センター、菓か舎すすきの店、たぬきや、市内17ホテル
さっぽろロマンティックパスポート実行委員会
お問い合わせ:札幌市コールセンター 011-222-4894
http://www.welcome.city.sapporo.jp/romantic2008/index.html

line

 5 新・観光コース「オススメ!さっぽろ巡り」

line

地元民がおすすめする3コース

 「地元の人たちに人気のスポットへ行ってみたい!」という観光客のご要望にこたえて、おでかけ大好き!さっぽろ大好き!を自認する3人の市民に、自身がすすめる市内の観光スポットを紹介してもらい、冊子にまとめました。
・てくてくコース ~札幌中心部を徒歩で歩いて回るコース
・ドライブコース ~車で回って自然を楽しむコース
・グルメコース ~札幌の食とお酒を満喫するコース

 コースガイドは北海道さっぽろ観光案内所や観光文化情報ステーション(地下鉄大通駅南北線改札口横)などで配布しています。
 また、WEB版では、リーフレットより、さらに詳しい情報が掲載していますので、ぜひ札幌観光の参考にしてください。
 ★WEB版はこちら http://www.welcome.city.sapporo.jp/feature/sansaku/index.html
お問い合わせはこちらまで
札幌市観光企画課 電話011-211-2376 FAX011-218-5129
E-mail kanko@city.sapporo.jp

line

 6 札幌まちめぐりパス ~知られざる札幌に出会える旅~

line

 一昨年、昨年と販売し、大好評だった「札幌まちめぐりパス」。今年は4月29日(水・祝)からの販売です。
 「札幌まちめぐりパス」は、共通1日乗車券と観光スポット26カ所の入場・体験が選べる15枚つづりのポイント券がセットになったお得な観光券です。
2009年度、ココがポイント!
●観光スポットが4施設増え、26施設に!
 いろいろな組み合わせができますので、観光施設めぐりだけではなく、芸術・文化体験、自然体験など、さっぽろを思いっきり満喫してください。
 (追加施設:北海道立近代美術館、北海道立三岸好太郎美術館、北海道立文学館、百合が原公園)
●子ども用パス、空港連絡バスセット券も販売!!
 お得な「札幌まちめぐりパス」がさらにお得に。空港連絡バスのチケットがセットになっているので、空港到着からまっすぐ「まちめぐり」に出かけることができます。札幌駅だけでなく、円山、福住、宮の沢など観光スポット近くの停留所までのご利用が可能です。
 また、子ども用パスも販売しますので、ぜひ、家族みんなでご利用ください。
●期間は6カ月!!!
 4月29日(火・祝)から11月3日(火・祝)までの約6カ月間利用できます。春夏秋の札幌を楽しんでみてください。
●飲食店割引クーポン付パンフレットがさらに充実!!!!
 クーポン付パンフレットがグレードアップ。観光の途中、観光後のお食事に大変便利。
●ポイントが残っても大丈夫!!!!!
 残ったポイントは、北海道どさんこプラザ札幌店、カフェ・ノルテ・サッポロ(ともに北海道さっぽろ「食と観光」情報館内)、たぬきや(狸小路4丁目)でお土産などに使えます。
 2009年度、さらに魅力アップした「札幌まちめぐりパス」を利用して、知られざる札幌の魅力を、ぜひ皆さまで見つけてください。
お問い合わせはこちらまで
札幌市観光企画課 電話011-211-2376 FAX011-218-5129
E-mail kanko@city.sapporo.jp

line

 7 道央圏観光がもっと広がる ~さっぽろ広域観光圏~

line

 札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村の8市町村では、官民の連携、地域間の連携、異業種間の連携による広域観光を促進し、観光客の圏域内での滞在促進を図るため、さっぽろ広域観光圏推進協議会を設立しました。今後、この協議会では、観光庁が推進している「観光圏」の形成による滞在促進を目指します。
○観光圏の名称
 さっぽろ広域観光圏
○観光圏整備計画
 さっぽろ広域観光圏整備計画
○構成団体・組織
 ア 市町村等
   札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、札幌広域圏組合
 イ 観光協会
   (社)札幌観光協会・(社)定山渓観光協会・江別観光協会・(社)千歳観光連盟・(社)恵庭観光協会・北広島市観光協会・(社)石狩観光協会・当別町観光協会・新篠津村観光協会
 ウ 商工会議所・商工会
   札幌商工会議所・江別商工会議所・千歳商工会議所・恵庭商工会議所・北広島商工会・石狩商工会議所・石狩北商工会・当別町商工会・新篠津村商工会
 エ 民間企業等
   札幌市内ホテル連絡協議会・定山渓温泉旅館組合・支笏湖温泉旅館組合・札幌レンタカー協会・北海道旅客鉄道(株)・(株)日本航空インターナショナル・ANAセールス北海道(株)・北海道国際航空(株)など
 ※観光圏整備法とは…
 観光地が広域的に連携した「観光圏」の整備を行うことで、国内外の観光客が2泊3日以上滞在できるエリアの形成を目指します。国際競争力の高い魅力ある観光地づくりを推進することで、地域の幅広い産業の活性化や、交流人口の拡大による地域の発展を図るものです。
 詳しくは、観光庁のホームページをご覧ください。 http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kankochi/seibi.html
お問い合わせはこちらまで
札幌市観光企画課 電話011-211-2376 FAX011-218-5129
E-mail kanko@city.sapporo.jp

line

 8 ようこそさっぽろ3月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/
携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

携帯版さっぽろフットナビ!QRコード

冬の原生林をスノーシューで散策
特集 上旬は真冬、下旬は春
 ■原生林をスノーシューで歩く冬の終わり
 ■札幌最老舗のホテルBAR
 ■数の子~豊寿司
 ■北海道自慢の食材と料理をどうぞ
 ■オホーツク流氷探訪記(コラム)  など
21年度のイベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H21event-calendar.html

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/


○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ第45号」はいかがでしたか?ようこそさっぽろの特集記事では、札幌グランドホテルのBARが紹介されています。札幌には、雪や冬をイメージしたオリジナルカクテルを出すBARもたくさんありますので、札幌にお越しの際は、ぜひお気に入りを探してみてください。きっと見つかるはずです。
 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は4月8日(水)発行予定です。


札幌市観光文化局観光部観光企画課

電話:011-211-2376 FAX:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129