ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第42号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第42号

もぎたてさっぽろタイトル

第42号

平成20年(2008年)12月8日

 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の笠井です。
 いよいよ12月、今年も残すところ1ヵ月を切りました。札幌の冬と言えば「雪」。札幌近郊のスキー場も続々とオープンしています(札幌から2時間以内のスキー場情報はこちら)。手ぶらでスキーやスノーボードが楽しめるレンタルパックや小さいお子様がいても安心の託児所を備えたスキー場もあります。世界に誇る札幌のパウダースノーをぜひお楽しみください。
 なお、本メルマガはHTML形式でご覧ください。

☆☆今月のトピックス☆☆
1 第60回さっぽろ雪まつり情報 パート3
2 ついに開幕!さっぽろホワイトイルミネーション&ミュンヘン・クリスマス市
3 もうすぐ販売開始!さっぽろロマンティックパスポート
4 おいしいジビエ料理はいかが!?
5 冬こそ北海道ならではの体験を!~札幌市内でリュージュ体験~
6 産業観光訪問
7 ようこそさっぽろ12月の特集

line

 1 第60回さっぽろ雪まつり情報 パート3

line

さっぽろ雪まつりから始まる、ストップ地球温暖化!
 さっぽろ雪まつりといえば、純白かつ精巧な雪像を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、これも現在の地球環境があってのもの。地球温暖化が進み、札幌に雪が降らなくなると、当然、雪まつりの開催も危ぶまれます。
 さっぽろ雪まつりでも、この切実な問題に取り組むため、地球環境について考える「環境の広場」を大通西5丁目会場の東側に設けます。
 また、60thアニバーサリーイベント「さっぽろ雪まつり 夢灯り」の中でも、会場内の電気を消して、地球にやさしい暮らしを考える「夢灯り ガイヤナイト」や、大通会場全体を手作りキャンドルでともしながら、世界に向けてCO2削減を訴える「夢灯り セレモニー」を実施し、雪まつりから「ストップ地球温暖化!」を発信していきます。
 札幌の冬の風物詩である、さっぽろ雪まつりがこれからも変わらずに「雪」まつりであり続けるよう、雪まつり会場から一緒に地球温暖化防止への取り組みを始めてみませんか?

~雪まつり情報については~
さっぽろ雪まつり公式ホームページ
http://www.snowfes.com/
夢灯りについては(さっぽろ雪まつり公式ホームページ)
http://www.snowfes.com/yumeakari/index.html
さっぽろ雪まつり公式ブログ「とことん!雪まつり」
http://sapporo.100miles.jp/snowfes/
さっぽろ雪まつり携帯サイト
http://mobile.snowfes.com/

さっぽろ雪まつり携帯サイトQRコード

line

 2 ついに開幕!さっぽろホワイトイルミネーション&ミュンヘン・クリスマス市

line

●さっぽろホワイトイルミネーション

テレビ塔をバックに

 今年で28回目を迎える「さっぽろホワイトイルミネーション」が11月28日(金)の点灯式を皮切りに今年もスタートしました。大通公園、駅前通り・南1条通りの会場が、約40万個の電飾によって幻想的な空間に彩られます。
 大通公園3丁目では「エコ・イルミ」広場と称して、太陽光発電によりイルミネーションゲートを点灯。その他のオブジェではグリーン電力証書を購入し自然エネルギーを導入するなど、環境に配慮した取り組みを進めています。
 点灯時間は、16時30分から22時30分までで、12月23日(火・祝)から25日(木)までの3日間は24時00分まで点灯します。
 開催期間は、大通会場が平成21年1月4日(日)まで、駅前通り・南1条通りは2月11日(水・祝)までとなっています。
さっぽろホワイトイルミネーション公式ホームページ
http://www.sweb.co.jp/kanko/white/
●ミュンヘン・クリスマス市
 本場ドイツのクリスマスの雰囲気を身近に感じることのできるミュンヘン・クリスマス市。こちらは大通公園2丁目で12月24日(水)のクリスマスイブまで開催されます。
 会場では、ガラス細工やレース飾り、キャンドルなどおしゃれでかわいいクリスマスグッズが販売されているほか、本場のドイツ料理が楽しめる飲食ブースもあります。
 そして、今年も「さっぽろスイーツ」がブース出店。参加店舗は17社で、ブース内には札幌市内中心部の洋菓子店はもちろん、郊外にあるお店の焼き菓子も所狭しと並んでいます。

にぎわいを見せるミュンヘン・クリスマス市

かわいいサンタの小物

さっぽろスイーツのブース

 取材班のおすすめはグリューワイン。グリューとはドイツ語で赤々と燃え、熱を帯びるという意味。赤ワインに、オレンジピールやシナモンなどの香辛料と甘みを加えたホットワインです。心も体も温まりますよ!
ミュンヘン・クリスマス市公式ホームページ
http://www.city.sapporo.jp/christmas-market/

line

 3 販売開始直前!さっぽろロマンティックパスポート

line

 路面電車で札幌の街をめぐり、観覧車から、藻岩山から、夜景を楽しむ―。

もいわ山からの夜景

 「雪」や「光」といった札幌の冬の魅力を十分に、そして気軽に楽しむことのできるお得なセット券「さっぽろロマンティックパスポート」が、今年も12月10日(水)から発売されます。
 このさっぽろロマンティックパスポートは、路面電車の1日乗車券と市内中心部のビル屋上にある大観覧車NORIA(ノリア)の乗車券、もいわ山ロープウェイ往復乗車引換券のほか、飲食店での割引サービスなどがついたガイドブックがセットになっており、観光客の方はもちろん、市民にも大人気となっています。
 3回目を迎える今年は、販売期間が3月31日(火)まで延長となり、また、事前販売が可能になったほか、取り扱い販売店も増え、ますます便利で利用しやすくなりました。
 空気の澄み切った札幌の冬の景色はまさに絶景。札幌で、あなたもこの冬、ロマンティックに過ごしてみませんか!?

販売期間:平成20年12月10日(水)~平成21年3月31日(火)
販売場所:北海道さっぽろ観光案内所、札幌市交通案内センター、菓か舎すすきの店、たぬきや、市内17ホテル
販売価格:1,500円
内   容:路面電車1日乗車券、観覧車NORIA乗車券、もいわ山ロープウェイ往復乗車引換券、飲食店サービス付き

大人気「雪上車 もーりす号」

もいわ山ロープウェイ山頂駅から展望台へは人気の「雪上車 もーりす号」で。

ムード満点のアイステラス

山頂駅横に出現する氷のアイステラス。夜は幻想的にライトアップされます。旅の思い出の1ページに、ぜひ。

大観覧車NORIA(ノリア)

地上78mから望めば札幌の街並みを一望できます。ヒーター付で冬もあったか。

問い合わせ:札幌市コールセンター 011-222-4894
詳細はホームページでチェック!!
http://www.moiwayama.net/

line

 4 おいしくてヘルシーなジビエ料理はいかが?

line

 札幌のフレンチレストランでは、10月末ごろから、ジビエ料理が楽しめます。「ジビエ」とはフランス語で「狩猟によって捕獲された野生の鳥獣」という意味で、フランス料理の素材の一つです。北海道ならではのジビエが、シカ肉。北海道にはエゾシカが多く生息しており、エゾシカ猟が盛んです。今年のシカ猟は、10月25日(土)から解禁となり、猟期は来年3月1日(日)まで。その期間中は新鮮なエゾシカのジビエ料理を楽しむことができます。
 今回は、北海道北部の名寄(なよろ)でハンターが仕留めたシカ肉をローストした料理をご紹介します。シカ肉の特徴である鮮やかな赤身は実に食欲をそそります。一般的には、シカ肉は「硬い」、「臭い」というイメージがあるようですが、いただいたシカ肉料理の肉質は柔らかくナイフもスッと入るほど。肉のキメが細かく独特の舌触り、食感はどの肉とも異なり、非常にジューシーな味わいを楽しめます。
 シカ肉料理には赤ワインなど味の濃いソースと合わせることが多いようですが、今回はポルト酒のソースを使っていました。淡白な鹿肉にポルト酒の甘みのあるソースがアクセントになって、深い味わいが何層にも重なってきます。
 皆さんも、北海道ならではのおいしくてヘルシーなジビエ料理を札幌で味わってみませんか!?

おいしくてヘルシーなシカ肉のロースト

ナイフもスッと入ります

ポルト酒のソースも相性ぴったり!

○本市の観光ホームページ「ようこそさっぽろ」にも掲載しています。
伝統的な職人シェフのフレンチ
http://www.welcome.city.sapporo.jp/feature/08_11/french_sugaya-gibier.html
レ・コルト(札幌の外れにある、知る人ぞ知るビストロ)
http://www.welcome.city.sapporo.jp/feature/08_11/french_re-colte.html
本当のジビエの醍醐味
http://www.welcome.city.sapporo.jp/feature/08_11/le_pourqoipas.html

line

 5 冬こそ北海道ならではの体験を!~札幌市内でリュージュ体験~

line

 リュージュとは、氷でできた滑り台のようなコースを専用のそりに仰向けに乗って滑り降りる競技で、冬季オリンピックの正式種目にもなっています。
 このリュージュのコースがあるのはアジアで2カ所のみ。そのうちの1カ所が札幌にあり、小学生以上であれば初めての方でも体験することができます。
 リュージュが楽しめるのは、札幌市中心部から定山渓温泉方向へ車でおよそ30分のところにある「フッズスノーエリア」。ここでは、ウェアや手袋などの貸出も行っていますので、身軽に体験ができるのも嬉しいポイントです。
リュージュを背負いスタート地点へ  リュージュ
 借りたリュージュを背負って、早速スタート地点とへ向かいます。
 怪我をしないそりのつかみ方、方向調整のやり方などを教えていただき、いよいよそりへ。
 取材日には、札幌オリンピックに出場し、5位に入賞した「りんごちゃん」こと小林優子さん(旧姓大高さん)が直接アドバイスしてくれるという、うれしい体験もありました。
 小林さんは、不定期でリュージュの指導をしているので、運がよければ会うことができますよ!
指導を受けている様子  リュージュで滑っている様子
 耳元でザーッとそりが氷を削る音を聞きながら滑る体験は迫力満点。
 体験前は、ただ滑っているだけに見えたリュージュですが、方向調整などなかなか難しく、奥の深さを感じるスポーツでした。
 フッズスノーエリアでは、リュージュ以外もスキー、スノーボードをはじめ、スノースクートやスケルトン(うつぶせで頭を進行方向に向けて滑り下りるそり競技)などのアクティビティを楽しむことができます。
 冬季オリンピックの開催地となった歴史をもつ札幌で、気軽に北海道の冬を満喫してみてはいかがでしょうか!?
注目のウィンタースポーツ「スノースクート」  ソリやスノーシューも
○今シーズンのリュージュ体験教室は、平成21年1月10日(土)から2月14日(土)までの間に6回開催予定です。
日程等の詳細については、フッズスノーエリアホームページ
http://www1.ocn.ne.jp/~fus/winter/index_w.htm
 また、体験教室の日程以外でも、団体(10名以上)の受け入れが可能な場合があります。詳しくはフッズスノーエリアへお問い合わせください。

 6 産業観光「福山醸造」

 料理には欠かせない「しょうゆ」。毎日のように口にしている「しょうゆ」ですが、大豆や小麦からしょうゆができるまでには、熟成期間も含め、なんと7、8カ月ほどもかかるのをご存知でしょうか?
 札幌市東区苗穂町にある福山醸造株式会社では、しょうゆの製造過程を見学することができます。
 工場見学では、工場長自ら、しょうゆや会社の歴史のほか、ヒット商品「日高昆布しょうゆ」の昆布がなぜ“日高昆布”なのか、その理由などを教えてくれます。
まずは工場長から説明を聞きます
 また、工場見学の前には福山醸造のメインキャラクターであるトモエちゃんが、工場見学ではみることのできない製造過程を教えてくれます。
トモエちゃんがいろいろ教えてくれます
 トモエちゃんの説明を受けた後は、資料室を見学します。ここには、創業当時に使用していた看板や当時の様子を知ることができる貴重な写真などが展示されています。
 資料室の次は、いよいよ工場見学。工場内には、しょうゆの香ばしい香りと熱気がただよっています。熟成させた「もろみ」を圧搾機にかけるところや出来上がったしょうゆを容器に詰めるところなどさまざまな過程を見ることができます。

資料室にはさまざまな資料が

工場見学の様子その1

工場見学の様子その2

 北海道では店頭に並んでいるのが当たり前となっている「日高昆布しょうゆ」ですが、本州では北海道の物産展にて紹介されることが多く、そこでの人気商品になっているそうです。そのヒット商品の製造過程を見学に、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?安心で安全、そしておいしいしょうゆを造るために、いかに衛生面に注意し製造しているかもあらためて知ることできますよ。!
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.tomoechan.co.jp/factory/index.html

line

 7 ようこそさっぽろ12月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/
携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

携帯版さっぽろフットナビ!QRコード

 12月1日(月)の日没は16時01分。冬至の21日(日)は日の出が7時03分、日没は16時03分。日中は9時間しかありません。そんな中、夜の雪明かりが一層美しく輝きます。ホワイトイルミネーションは来年2月の雪まつりまで。オリンピックが縁で始まったミュンヘン市との姉妹都市提携。これを記念したミュンヘン・クリスマス市は、今年からクリスマスイブまで開催されます。雪は12月の初旬から中旬に根雪となります。もう春まで雪が解けないということです。美しい雪のクリスマスの祈りと食事。雪遊び、ウインタースポーツ、そして温泉をしっかり楽しんでください。
ミュンヘン・クリスマス市の様子
○12月 本物のホワイトクリスマス
 ■クリスマスディナー
 ■札幌のクリスマスとお菓子
 ■初スキーと夜景(コラム)
 ■雪の上で朝の散歩(コラム)
 ■宝水ワイナリー(コラム)  など
20年度のイベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H20event-calendar.html

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/


○ 「さっぽろトリビアクイズ」 in もぎたてさっぽろ ○
 「もぎたてさっぽろ第42号」はいかがでしたか?最後までお読みいただきありがとうございます。今回で2回目の「さっぽろトリビアクイズ」!抽選で1名の方にメルマガスタッフおすすめ贈り物にもぴったりの“札幌オリジナルグッズ”をプレゼント!!
 問題:札幌の野外美術といえば「札幌芸術の森」にある野外美術館が有名ですが、街の中心に位置する大通公園にも数々の野外彫刻があります!さて、四季折々のイベントが開催される大通公園には、いくつの野外彫刻があるでしょうか?
 答えは「メルマガの感想」と「ペンネーム(当選者発表に使用します)」と併せて kanko@city.sapporo.jp へ回答してください。正解と当選者は、次号(1月13日(火)発行予定)で発表します。


札幌市観光文化局観光部観光企画課

電話:011-211-2376 FAX:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129