ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第41号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第41号

もぎたてさっぽろタイトル

第41号

平成20年(2008年)11月4日

 皆さま、こんにちは。札幌市観光企画課の笠井です。
 問題:北極星を意味する開拓使のシンボルマークである赤い星。さて、札幌の人気観光スポット「札幌市時計台」には、いくつこの赤い星があるでしょうか?
 このクイズは、先月発行の第40号の巻末で「さっぽろトリビアクイズ」として登場したものです。皆さまお気づきになりましたか?
 クイズの正解は「17個」です。札幌市時計台には、なんと17個もの赤い星があります。そのほか、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)や豊平館など、札幌のまちを歩くといろいろな場所で星を見つけることができます。開拓の歴史に思いをはせ、ちょっとロマンティックに歴史的建造物を巡る星探しの旅というのは、いかがでしょうか。
 なお、ご回答いただいた方の中から、抽選で1名の方に“札幌オリジナルグッズ”をプレゼントいたします。今回の当選者は、名古屋市の「一度北海道で越冬してみたい」さんに決定!後日、記念品をお送りさせていただきます。
 次回の「さっぽろトリビアクイズ」をぜひお楽しみに!!
 なお、本メルマガはHTML形式でご覧ください。

☆☆今月のトピックス☆☆
1 第60回さっぽろ雪まつり情報 パート2
2 「さっぽろオータムフェスト2008」の結果について
3 ミュンヘン・クリスマス市&さっぽろホワイトイルミネーション
4 「円山食べ歩記」開催中!
5 産業観光訪問
6 ようこそさっぽろ11月の特集

line

 1 第60回さっぽろ雪まつり情報 パート2

line

雪まつりにディズニーの仲間たちが登場!
 前号で60周年のアニバーサリーイベントについて紹介しましたが、その一つ「アニバーサリーフェスタin札幌ドーム」に、ディズニーの仲間たちが駆けつけてくれることになりました!
 ディズニーの仲間たちは、1月31日(土)に開催される「アニバーサリーフェスタin札幌ドーム」の中でショーを行い、雪まつりの60周年を一緒にお祝いしてくれます。このショーは完全オリジナルなものなので、この機会を逃すと、もう見ることができません。ディズニーファンの方はもちろん、普段ディズニーと接する機会が少ない方も必見です!!!
 ショーも含め入場は無料で、ディズニーショー以外にも市民参加型イベントや、子どもが楽しめるスペースを設ける予定です。
 詳細が決まりましたら、随時お知らせしていきますので、お楽しみに!
雪まつりボランティア大募集!
 さっぽろ雪まつり実行委員会では、各種ボランティアを募集しています。
 そのひとつ、大雪像制作ボランティアでは、高さ15メートルの大雪像の制作に参加することができます。雪像のてっぺんに登ったり、雪像制作に携わって40年の匠の技を間近で見たりと魅力が満載です。「札幌ならではの体験を!」と、北海道外からの参加者もいる人気のボランティアです。1日だけでも参加できますが、ロングステイをしてみんなで作り上げる喜びを分かち合いませんか!?
 ほかには、会期中の会場案内ボランティアや市民雪像制作グループへの用具貸出ボランティアなどもあります。詳しくは雪まつり公式ホームページでご確認ください。
 また、雪まつりの公式ブログでは、スタッフがコアな情報を発信していきます。1月から始まる雪像制作期間中は、各会場の雪像制作状況もお知らせします。昨年の雪像制作状況を見るとボランティアの様子など分かりますよ。

雪像づくりに励むボランティアの皆さん(雪像のてっぺんで作業に励むボランティアの皆さん)
~雪まつり情報については~
さっぽろ雪まつり公式ホームページ
http://www.snowfes.com/
募集の詳細はこちら(さっぽろ雪まつり公式ホームページ)
http://www.snowfes.com/volunteer/index.html
さっぽろ雪まつり公式ブログ「とことん!雪まつり」
http://sapporo.100miles.jp/snowfes/
さっぽろ雪まつり携帯サイト
http://mobile.snowfes.com/

line

 2 「さっぽろオータムフェスト2008」の結果について

line

 北海道・札幌の「食」の魅力発信をテーマに今年初めて開催された「さっぽろオータムフェスト2008」。

期間中は多くの観光客、市民の方々にお越しいただきました。メルマガでは、来年の日程などが決まりましたら、随時お知らせしていきます。
「さっぽろオータムフェスト2008」の開催結果

期間

平成20年9月19日(金)~10月5日(日)の17日間

時間

11時00分~20時30分(土日祝は各会場で異なる)

会場

大通公園5丁目~8丁目(8丁目会場は土日のみの開催)

来場者数

724,000人

※ 今回、初開催ということでしたが、天候にも比較的恵まれ、目標人員の60万人を大きく上回る方々にご来場いただき、札幌市民や近隣地域の方のほか、観光客も多く来場しており、一般団体のほか、修学旅行生や外国人などの姿も見受けられました。
オータムフェスト5丁目会場  オータムフェスト7丁目会場  オータムフェスト8丁目会場

 来年は、秋の大型連休(9月19日~23日)を会期中に含ませ、同時期での開催を予定しています。
さっぽろオータムフェスト2008公式ホームページ
http://www.sapporo-autumnfest.jp/

line

 3 ミュンヘン・クリスマス市&さっぽろホワイトイルミネーション

line

 札幌の姉妹都市ドイツ・ミュンヘンのクリスマスを身近に感じることができるミュンヘン・クリスマス市。今年は、11月28日(金)から12月24日(水)のクリスマスイヴまで、大通公園西2丁目で開催されます。会場には、海外からのお店が数多く並び、珍しいクリスマスグッズや工芸品が販売されるほか、冬の味覚も楽しめます。
 そして、今年も「さっぽろスイーツ」ブースが出店します。ブース内には「スイーツ王国さっぽろ推進協議会」加盟の有名洋菓子店のおいしい焼き菓子がずらりと並び、市内中心部はもちろん、郊外にあるお店の焼き菓子も登場します。いろいろ行ってみたいけど、時間があまりないという観光客の皆さまにもオススメです。また、限定のクッキーなど、普段はお目にかかることのできないお菓子も販売予定ですので、ぜひお楽しみに。

ミュンヘン・クリスマス市の様子

さっぽろスイーツブース

ミュンヘン・クリスマス市公式ホームページ
http://www.city.sapporo.jp/christmas-market/

 さらに、ミュンヘン・クリスマス市は、さっぽろホワイトイルミネーションの協賛行事となっています。ミュンヘン・クリスマス市とともに、札幌大通を彩る光の幻想的な世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。
点灯期間 平成20年11月28日(金)~平成21年2月11日(水・祝)
          ※大通会場は1月4日(日)まで
点灯時間 16時30分~22時30分(12月23日~12月25日は24時00分まで)
さっぽろホワイトイルミネーション公式ホームページ
http://www.sweb.co.jp/kanko/white/

ムードたっぷりのさっぽろホワイトクリスマス

line

 4 「円山食べ歩記」開催中!

line

 大好評だった第1弾に引き続き、円山歩記(まるやまあるき)第2弾「円山食べ歩記」が12月7日(日)まで開催中です。円山エリアの参加店・参加施設でスタンプを集めると、抽選でペアお食事券が当たるビッグチャンス。ぜひこの機会に、札幌の注目エリア「円山」で、北海道食材を使ったおいしいお食事をお楽しみください!
 なお、ブログサイト「札幌100マイル」には、「円山食べ歩記」参加者からの口コミ情報が随時寄せられていますので、「円山食べ歩記」の参加下調べにも、札幌でのお店探しにもぜひご活用ください。

自然豊かな円山

おしゃれな雰囲気のテラス

おいしいお料理

円山食べ歩記の詳細はこちら
http://sapporo.100miles.jp/ex/maruyama2008_2nd.html
対象店までのルート案内は、携帯でチェックできます
※スタンプラリーの参加にはおサイフケータイ機能付の携帯電話が必要です。
札幌からの日帰り圏内クチコミ情報サイト「札幌100マイル」
http://sapporo.100miles.jp/

スタンプラリーQRコード

line

 5 産業観光「コカ・コーラ工場」

line

 札幌には、時計台、大通公園、テレビ塔などの観光施設や雪まつり、オータムフェストなどの大小さまざまなイベント、さらには新鮮でおいしい食などと観光コンテンツが盛りだくさん。そのほかにも、札幌で楽しめる観光コンテンツはまだまだあります。今回は「産業観光」にスポットをあて、皆さまご存じのコカ・コーラの工場をご紹介します。
 その工場は、札幌市の南東部に位置する清田区にあります。見学時間は約60分です。さっそく見学を開始しましょう。
 広くて清潔な工場内を歩いていくと、自動販売機が出迎えてくれました。
歓迎ムードのたっぷりの自動販売機
 この自動販売機の上部には掲示板があり、見学に来る方々の名前や団体名が流れます。案内していただく係の方だけではなく自動販売機も歓迎ムードでいっぱいです。

案内していただいている様子

 その後、工場内をゆっくり歩きながら、コカ・コーラ社製品及び工場についての概要説明を受けます。
 工場見学は、行かないと知ることのない楽しい情報が盛りだくさん。例えば、コカ・コーラの原料には北海道産のビート等が多く使われていることをご存じでしたか。
 今後飲むコカ・コーラ社製品は、さらにおいしく感じることでしょう。

 続いて、近代的な機器が多数並ぶ製造工程ラインの見学です。

製造工程ラインその1   製造工程ラインその2
 どの機械が何の働きをしているのかを係の方が分かりやすく説明をしてくれます。

 さて、この右の写真は何か分かりますか?これは、この工場の立体自動倉庫です。この倉庫は、全国にあるコカ・コーラ工場の中で最大級の大きさを誇り、奥行きは80m、高さは31mもあります。これはビル5階の高さに相当し、保管できるケース数はなんと200万ケース!
 倉庫内は、出荷を待つ商品たちが所狭しと並んでおり、コンピュータ制御されたリフトにより搬入搬出が行われます。写真では分かりづらいですが、実際に見ると非常に巨大で見ごたえ十分ですよ。

立体自動倉庫

 最後に、ビデオを見ながら、製品の試飲をすることができます。また、帰りぎわに工場見学記念品をいただきました。
 (小学生以下には筆記具セット。中学生以上はコカ・コーラキーホルダー)
工場見学の記念品
 コカ・コーラの歴史や近代的な工場を間近で見ることができ、充実した見学内容でした。札幌で少し時間が空いた際は、知識を深める「産業観光」を旅行プランに組み入れてみてはいかがでしょうか。きっと、より充実した札幌観光を楽しんでいただけると思います。なお、見学時間及び曜日は限られていますので、詳しくはホームページでご確認ください。
http://www.hokkaido.ccbc.co.jp/

●ご存知でしたか●
 少しテーマからはずれますが、、、コカ・コーラ工場を見学していて発見しました。皆さま良くご存じの赤い服を着て白いひげのサンタクロース。
 「サンタクロース=赤い服、白いひげ」というのは、現在深く定着していますが、このサンタクロースのイメージ、実は1931年(昭和6年)のコカ・コーラのクリスマス用の広告により定番化したものなのです。ご存じでしたか?

コカ・コーラのクリスマス用の広告

line

 6 ようこそさっぽろ11月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/
携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

携帯版さっぽろフットナビ!QRコード

 11月1日(土)の日没は16時28分、12月1日(月)の日没は16時01分。夕方あっと言う間に薄暮からたそがれを迎え、街の灯りが美しく輝く月です。気温が下がると音楽が心にしみます。世界最高の音響空間といわれる札幌コンサートホールkitaraで音楽を聴いて、この秋冬のファッションで身を固め、ブーツで枯れ葉を踏みしめて歩いてみたい季節。冬の魚、鹿などの解禁で札幌のフレンチが魅力を増します。森は、木々の葉が落ちて一気に明るくなります。エゾリスとシマリスの両方が見られる円山の登山もいいでしょう。11月1日からさっぽろアートステージ、28日から、さっぽろホワイトイルミネーションとミュンヘン・クリスマス市が始まります。
札幌コンサートホールkitara
○11月 冬の準備と大人の時間
 ■伝統的な職人シェフのフレンチ
 ■本当のジビエの醍醐味
 ■降り始めの雪
 ■見通し抜群、落葉の魅力
 ■北海道情報 オホーツクで感じるしあわせ  など
20年度のイベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H20event-calendar.html

札幌のイベント情報満載!詳細はこちら
http://www.sapporo-info.com/


○ 編集後記 ○
 「もぎたてさっぽろ第41号」はいかがでしたか?どんどん寒くなっていくこれからの季節、おいしいお鍋が恋しくなります。もぎたてでは、こんな特集を読んでみたい!というご意見もどんどん募集しています。最後までお読みいただきありがとうございました。
 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は12月9日(火)発行予定です。


札幌市観光文化局観光部観光企画課

電話:011-211-2376 FAX:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129