ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第34号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第34号

もぎたてさっぽろロゴ

第34号

平成20年4月10日

 みなさま、こんにちは。札幌市観光企画課の屋中です。
 4月の札幌は、夜はまだ寒いのですが、昼間の日差しが急に暖かく感じられるようになりました。本日、大通公園にはベンチも設置されましたので、ゆっくり散策できますよ。
 今号の特集では、さっぽろスイーツ2008「サミットさっぽろプリンパイ」の食べ比べや「札幌まちめぐりパス」などをご紹介します。春を感じながら、札幌をアクティブにお楽しみください。
 なお、本メルマガはHTML形式でご覧ください。

☆☆今月のトピックス☆☆

1 さっぽろスイーツ2008「サミットさっぽろプリンパイ」食べ比べ!
2 知られざる札幌に出会える旅 ~札幌まちめぐりパス~
3 梅が鮮やかに浮かびあがる!~平岡公園・梅林ライトアップ事業~
4 新観光ポスターが完成しました!
5 「さっぽろオータムフェスト2008」開催決定!
6 ようこそさっぽろ4月の特集
7 札幌市芸術・文化・食等を活用した街の魅力創造支援事業の公募について

line

 1 さっぽろスイーツ2008「サミットさっぽろプリンパイ」食べ比べ!

line

 先月号でもお知らせした2008年のさっぽろスイーツ「サミットさっぽろプリンパイ」が、いよいよ店頭に並び始めました!
 この新しいさっぽろスイーツ、ホエーという珍しい食材(※ 生乳からチーズの生産過程でできる副産物で、栄養価が高く脂質が少なく優れた食品であるにもかかわらず、良い利用方法がなく、通常は産業廃棄物として捨てられてきたもの)を使うため、まだ鋭意試作を重ねているお店もあり、販売を決めているすべての店舗に作品が出そろうのは、もう少し先になりそうです。
 でも、待ちきれない私達は、すでに販売を開始した「サミットさっぽろプリンパイ」の中から、いくつか食べ比べをしてみました。

グランドホテルのプリンパイ

 まずはイートインの報告です。
こちらは街の中心にある「グランドホテル」のもの。隣接するカフェのカウンターで駅前通りを眺めながら食べられます。気軽に利用できる雰囲気です。
 パウダースノーならぬパウダーシュガーをふんわりとまとい、優しい雰囲気。食べてみると、カスタードの風味が豊かなのにしつこくなく、さわやかな後味が印象的です。

 続いて、北区新琴似にある「菓子の樹」。ログハウス風の建物の2階にはカフェがあります。
 こちらはハート型の陶器入りで、お土産などにも良さそうです。真っ白なクリームの下のプリンはコーヒー味で、色のバランスとなめらかな舌触りが楽しめます。ハート型のパイ生地は表面をキュートに飾り、個性的ですね。

菓子の樹のプリンパイ

 お次は、テイクアウトでの食べ比べです。
 並べてみると、各店の工夫のあとが際立ちます。試食した人たちが、口々に「このパイ生地が」「この形が」と感想を言い出し、交通整理も必要でしたが、大いに盛り上がりました。

4種類のプリンパイ

 一番奥の「館」は、ハート型にくり抜いたホワイトチョコを、繊細なケーキにひっかけた形がおしゃれです。しっかりした甘さとホエーの風味が豊かに味わえます。
右側の「プリンスホテル」は、プリンに洋酒が効いており、ほろ苦いカラメル風味のクリームとの組み合わせが、大人の味わいに仕上がっています。しっとりしたパイ生地も好評。

  手前は「ショコラティエ・マサール」。ホエーの酸味がいきたさわやかな味わいで、どちらかというと甘さは控えめ。軽い食感も今風で、特に女性の評価が高かった一品です。
 逆に男性に受けが良かったのは、左側の「きのとや」。こちらは直球勝負の丁寧な仕事ぶりがうかがえ、正統派プリンの素直な味わいが、お子様にも喜ばれそうです。
 こんな風に、皆でわいわい感想を言いながら食べ比べを楽しめるのも、基本を守りながら、各店が独自の工夫を加えることのできる、さっぽろスイーツならでは。どれも後味がすっきりしていて、ケーキをいくつも食べたという気がしないのも、自信を持ってオススメできるポイントです。
 札幌にお越しの際は、ぜひお試しください!

カフェ

 今回食べ比べをしたのは、買い出しの都合上、中心部のお店がほとんどでしたが、少し足を伸ばせば、スイーツの街札幌には、素敵なカフェもいっぱい。
 観光で来られる方も、まちめぐりパス(下の記事参照)等を利用すれば、カフェめぐりも気軽に楽しめます。街歩きの合間に、おしゃれなカフェで、スイートなひとときを過ごしてみてはいかがでしょう。

  販売協力店の一覧は、こちらをご覧ください。
 「スイーツ王国さっぽろ」http://sweets-sapporo.com/
 食べ比べの真骨頂、スタンプラリーの開催日は、来月号でお知らせします。お楽しみに!

line

 2 知られざる札幌に出会える旅 ~札幌まちめぐりパス~

 

line

 昨年も販売し、大好評だった「札幌まちめぐりパス」。今年は4月26日(火)から発売いたします。
「札幌まちめぐりパス」は、公共交通機関と観光スポット22ヵ所の入場・体験が選べる15枚綴りのポイント券がセットになったおトクな観光券です。

札幌まちめぐりパス

 2007年度と2008年度ではココが変わった!!
1 観光スポットが2施設(北大植物園、札幌マイセン美術館)増え、22施設に!
 色々な組み合わせができますので、札幌を思う存分満喫できるようになりました。
2 子ども用パスが新登場!
 ご家族での利用がますます便利になりました。夏休みには、ぜひご家族でご利用ください。
3 販売期間が大きく拡大!
  4/29(火)から11/3(月)までの約6ヵ月間利用できます。春、夏、秋の四季折々の札幌を楽しんでみてください。
4 飲食店割引クーポン付パンフレットが充実!
  おトクな「札幌まちめぐりパスCOUPON」がパンフレットに付きました。賢く使って更にお得。
  「さっぽろスイーツ」も市内9店舗で楽しむことができます。パンフレットをお持ちの方には、素敵な特典もありますよ。
5 新千歳空港連絡バスとのセット券登場!
  おトクな「札幌まちめぐりパス」が更におトクに。札幌駅だけでなく、円山、福住、宮の沢など観光スポット近くの停留所もご利用いただけるので、直接空港から観光に繰り出せます。
 2008年度、ますます魅力がアップした「札幌まちめぐりパス」!!
 知られざる札幌の魅力を、ぜひ皆さんで見つけてくださいね。
「札幌まちめぐりパス」の販売場所・利用期間等の詳細はこちら
http://www.welcome.city.sapporo.jp/machimeguri2008/index.html

line

 3 梅が鮮やかに浮かびあがる!~平岡公園・梅林ライトアップ事業~

line

 平岡公園は、札幌市の中心部から南東に11km、約70haの敷地を持つ総合公園で、札幌市では珍しい「梅」を楽しむことができる公園として、開花期間中は多くの来場者でにぎわいます。
 約1200本もの白梅・紅梅が咲き誇る約6.5haの梅林では、花はもちろんのこと香りも同時に堪能することができ、開花時期である5月の平岡公園は「癒し」の空間になります。

平岡公園の梅林

梅の花

 昨年初めて実施した梅林ライトアップは、5月10日から20日までの11日間にわたり実施し、約14,000人もの方々が来園し、日中とは違った幻想的な表情を見せる梅林を楽しんでいただきました。

梅の木

 今年についても、梅の満開時期に合わせ梅林の一部をライトアップします!期間は、5月1日から5月11日までの11日間。
 今年は、環境に配慮した事業とするため、ライトアップに使用するライトには消費電力を約40%カットすることができる無電曲放電ランプを使用する予定です。

 そして、この梅林は梅を見るだけではなく、「梅」にちなんだ商品が多数販売されます!
 開花期間中限定で営業する売店では、新商品として「梅プリン」と「梅チーズケーキ」、「梅チョコ」などのスイーツを販売します。
さらに、ライトアップ時間だけ限定発売される「梅そば」、定番人気商品の「梅ソフト」もオススメです。おいしいですよ!

梅そば 梅ソフト

 梅にちなんだスイーツ、ライトアップされた幻想的な梅の姿、香り、身体で感じる11日間!ぜひお立ち寄りくださいね!
今年の梅の開花期間やアクセスについての詳細はこちら
平岡公園HP: http://www.sapporo-park.or.jp/hiraoka

line 

4 新観光ポスターが完成しました!

line

 札幌市では、多くの方々に札幌にいらしていただく動機付けとなるように観光誘致ポスターを新たに制作いたしました。
 ポスターは、夏バージョン1枚、冬バージョン1枚計2枚で、夏バージョンは時計台、冬バージョンは札幌テレビ塔とホワイトイルミネーションを素材として使用。また、単なる観光写真での表現ではなく、いくつもの写真から一つの観光写真を表現するモザイクの手法を用い、ポスターを近くから見ると様々な観光施設等の写真が見ることができるものとなっており、非常にインパクトのあるデザインに仕上がっています。
観光ポスターホワイトシーズン 観光ポスターグリーンシーズン
左:冬(ホワイトシーズン)
 素材は、定番観光素材である「札幌テレビ塔」と「ホワイトイルミネーション」をベースにモザイク処理しました。
キャッチコピーは、『Look at』としており、遠くから絵画風な「札幌テレビ塔」、「ホワイトイルミネーション」を楽しんでいただくとともに、ポスターに近づいていただき、様々な札幌の表情を見てもらいたいという意味を込めています。
右:夏(グリーンシーズン)
 素材は、「時計台」を用い、札幌の象徴的な施設をベースにモザイク処理しました。
キャッチコピーは、『Rediscover』としており、モザイク処理によりちりばめられた写真を見ていただき、札幌市の様々な表情を再発見してもらいたいという意味を込めています。
 使用している写真については、季節を問わず、札幌市内の各観光施設をはじめとして、「さっぽろ雪まつり」等市内で開催される各種イベント、ウィンタースポーツ、市内の公園で咲き乱れる花々、新たな観光資源である「さっぽろスイーツ」、モエレ沼公園等の写真を使用しました。使用している写真の枚数は、ポスター1枚につき、4,704枚(横48枚×縦98枚)です(種類については、夏・冬を合わせて約2,000種類)。
 また、今回作成のポスターは、連張りすることを前提に、文言等(上記写真のように2枚を合わせて「SAPPORO Rediscover」、「Look at SAPPORO」と読んでいただけるようなレイアウトにしている点等)のバランスを考慮して制作しています。
 お問い合わせは、観光企画課まで。
 電話011-211-2376 Fax011-218-5129
 E-mail kanko@city.sapporo.jp

line

 5 「さっぽろオータムフェスト2008」開催決定!

line

 今年の秋から、大通公園を舞台に、札幌の新たなおまつり「さっぽろオータムフェスト2008」を開催します!
まつりのコンセプトは、「食」をメインテーマとした秋の豊穣祭として、北海道・札幌の代表する食・グルメを中心に、道内各地から、旬の食材、ご当地グルメを一同に取りそろえます。会場に来ていただければ北海道の秋の実りを満喫できることは間違いなし!お楽しみに!!

オータムフェストイメージ図

 《開催場所》大通公園5丁目から8丁目。
 《開催期間》平成20年9月19日(金)から10月5日(日)までの17日間です。
 《開催予定時間》
  5丁目から7丁目会場:平日 11時30分から20時30分まで。土日 11時00分から20時30分まで(一部9時から)
  8丁目会場:土曜日 9時00分から18時00分まで。日曜日 9時00分から17時00分まで
詳細については、内容が決まり次第、随時お知らせします。

line

 6 ようこそさっぽろ4月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/

携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

さっぽろフットナビQRコード

 4月1日の日の出から日の入りまでは 5時18分から18時まで。東京よりもすでに昼間が10分長くなっています。5月1日になると4時29分から18時35分までと1カ月で80分昼間が長くなります。特に、朝が早くなるので、早起きして散策すると、都会の風景のなかに北海道の自然を感じていただけると思います。
 積雪の割に、急激な気温の上昇で雪解けが早く、標高の低いスキー場は早く閉じました。各スキー場のクローズ情報については、まだまだ滑れるスキー場をご覧ください。

北海道の自然風景

○4月 草木萌ゆ、一瞬の春
 ■街の中で野鳥に会える
 ■パークゴルフを楽しむ
 ■33年ぶりに札幌で世界選手権
 ■北海道情報 おすすめドライブポイント~噴火湾パノラマパーク など
 20年度のイベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H20event-calendar.html

line

 7 札幌市芸術・文化・食等を活用した街の魅力創造支援事業の公募について

line

 札幌市国内観光プロモーション実行委員会では、新たな観光魅力の発信を目的に、札幌観光において将来性の期待できる芸術・文化・食等を中心としたさまざまな魅力づくりを行う事業を広く募集いたします。審査の結果、選定された事業に対しては、事業費の一部を助成します。
 【募集期間】 平成20年4月7日(月)から平成20年5月7日(水)まで
募集対象事業等、詳細については、 「札幌の観光行政」をご覧ください。
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/index.html
 ※なお、「札幌市観光プロモーション助成事業」については、別途5月中旬からの募集を予定しています。募集期間等は次号でご確認ください。


○編集後記○  
  「もぎたてさっぽろ」いかがでしたか?清田区にある平岡公園の梅林は、札幌市民が大好きな梅の名所です。昨年、ライトアップされた梅林を訪れましたが、静かな森に幻想的に浮かび上がる梅林は美しく、また、梅の花の香りが心地よく感じられました。今年は昨年よりも時期が早いようです。夜は寒いので、暖かくしてお出かけください。
 最後までお読みいただきありがとうございました。
  ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は5月14日発行予定です。


札幌市観光文化局観光部観光企画課

電話011-211-2376 Fax011-218-5129

E-mail kanko@city.sapporo.jp

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129