ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第30号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第30号

logo

第30号

平成19年12月6日

 みなさま、こんにちは。札幌市観光企画課の屋中です。
 札幌は日中の気温もマイナスの日があるなど、いよいよ冬本番です。これから雪まつりに向けて、雪もたくさん降ることを願っています。
今号では、寒い冬だからこそ楽しんでいただきたい情報を中心にご紹介します。
 なお、本メルマガはHTML形式でご覧ください。

☆☆今月のトピックス☆☆

1 札幌市内おすすめイルミネーションスポット
2 産業観光~雪印乳業資料館~
3 さっぽろロマンティックパスポート発売開始
4 第59回さっぽろ雪まつり情報~vol.3~
5 ようこそさっぽろ12月の特集

line

 1 札幌市内おすすめイルミネーションスポット

line

 札幌のイルミネーションと言えば、大通公園をはじめとする「さっぽろホワイトイルミネーション」が有名ですが、札幌のイルミネーションはここだけではありません!ほかにもこんなにきれいにライトアップされた場所があるのです。
 ここでは、イルミネーションによって光り輝く札幌を楽しんでいただけるスポットを紹介します。札幌にいらした際には、きりっと冷たい空気にきれいに浮かび上がる幻想的なイルミネーションをぜひご覧くださいね。
1 「南1条通り」
 今年から「さっぽろホワイトイルミネーション」の新会場として新たに加わりました。南1条西1丁目から3丁目の歩道両脇の街路樹(イチョウ)46本に、電飾を施しています。
 南1条通りはパルコをはじめとする各デパートが軒を連ね、多くの市民、観光客が行き交う地区。すすきのへ向かう途中に、また、宿泊先に向かう途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
minami1jo
【南1条通りの小話・・・】
 道路の街路樹として植えられている木は、通常国や市などが管理しているものなのですが、南1条通りのイチョウの木は、今から約40年も前に南1条商店街の皆さんが自ら植えたもの。3年に一度の大きな剪定(せんてい)以外は、商店街の皆さん自らが協力して管理しているものなのです。地域の活性化に力を注いでいる商店街とのコラボレーションによってこのイルミネーションが実現したのですね。
●さっぽろホワイトイルミネーションの詳細は、公式サイトへ
http://www.sweb.co.jp/kanko/white/ 

2 「札幌コンサートホールKitara」
 地下鉄南北線中島公園駅を下車して、まず目に飛び込んでくるのは「すすきの」のネオン。「すすきの」でのお楽しみはあとにして、中島公園の中を南に歩いていくと幻想的に光輝く「Kitara」が目の前に現れます。
kitara
中庭の様子。自由に入ることができます。
kitara-nakaniwa
 クリスマス・年末年始を迎えるこれからの時期は、1年の中でもクラシック音楽がより身近に感じられる季節。いつもより少しだけおしゃれをして、イルミネーションとクラシックコンサートで札幌の夜を楽しんでみてはいかがでしょうか。今年で開館10周年を迎える「Kitara」では、記念コンサートも多数開催されています。
 なお、「Kitara」内にある「テラスレストランKitara」は、素敵なイルミネーションを見ながらディナーを楽しむことができますよ。冷え切った体を熱かんで温めるのもいいですね。「Kitara」からすすきのまでは徒歩圏内。およそ10分で到着します。
●キタラの詳細は、公式サイトへ
http://www.kitara-sapporo.or.jp/

3 「サッポロファクトリー Christmas of Dream」
 地下鉄「バスセンター前駅」から徒歩5分、ショップやレストラン、映画館などの施設が集まる大型商業複合施設「サッポロファクトリー」は、毎年ツリーが飾られ市民にも人気のレジャースポットです。
 シルバー、ホワイト、ブルーの3万5千個のイルミネーションで飾られたツリーは、「広尾サンタランド」から寄贈されたもので、高さ約15メートル。16時から30分ごとに、ベルの自動演奏があり、イルミネーションが変化します。ツリーはガラスドームのアトリウムに設置されていますので、天候を気にせず楽しめます。
factory1  factory-santa煙突を登るサンタクロース
 santa poinsetia
 館内は、クリスマスのシンボル的な植物「ポインセチア」や15万個のイルミネーションで彩られ、クリスマス一色。
点灯は12月25日まで。
●詳細は公式サイトへ
  http://www.sapporo-factory.co.jp/index.html
4 「サッポロビール博物館」
 中心部から車で15分。サッポロビール博物館では、明治9年の開拓使麦酒醸造所当時から続くビール造りの歴史のガイド付き紹介や、出来立てのビールの試飲(有料)などを楽しむことができます。
 この時期には、開拓時代そのままの面影を残す赤レンガ造りの建物と、周辺の樹木をライトアップ。幻想的な雰囲気が漂います。
イルミネーションを楽しんだ後は、敷地内のサッポロビール園へ。工場直送のビールとジンギスカンはいかがでしょうか。
sapporo-beer1
●詳細はサッポロビール園公式サイトへ
 http://www.sapporo-bier-garten.jp/

line

 2 産業観光~雪印乳業資料館~

line

 幼少期を北海道で過ごした方には、小学校の社会科見学でなじみ深い雪印乳業史料館。雪印乳業北海道支社の敷地内にあり、同社が創業50周年を記念して建てた史料館です。
 現在は、年間3万人もの見学者が訪れており、うち3割は香港や韓国など東アジアからの観光客が占めています。
札幌駅や大通からバス1本で行くことができて意外とアクセスは便利です。
 受付を済ませて、70名ほどが座れる待合室へ。
テーブルはすべて六角形で、雪印のマークを模した形になっており、こだわりが感じられます。
yukijirusi1

 1階から2階展示室への吹き抜け階段には、世界各国から取り寄せたカウベル(牛の居場所が分かるように牛の首につける鈴)がつるされていて触れることもできます。
バターやチーズ、アイスクリームなどを作る。創業当時からのさまざまな機械約850点が並ぶ館内は見ごたえがあり、案内係の方の丁寧な解説を聞いて理解が深まります。

yukijirusi2
 展示室のあとは、牛乳のメグミルクをつくっている工場見学へ。すると突然現れるのは神社!
yukijirusi3
 これは、北海道と東北の一部で限定発売されている人気の乳酸菌飲料「カツゲン」が、受験生やスポーツ選手の間でひそかに縁起をかついで飲まれていることから、合格祈願、必勝祈願の守り神として、工場見学コース内に設置された「勝源神社」です。
 知識を深めた後は、試食タイム!史料館特製のアイスクリームや牛乳は濃厚な味わいです。牛乳パックの形をした消しゴムセットなどももらえます。
yukijirusi4

雪印乳業史料館は、前日までの完全予約制です。お申込は011-704-2329へ。
受付時間などの詳細は、公式サイトをご覧ください。
http://www.snowbrand.co.jp/customer/fac_i/holl/index.html

 このエリアには、北海道に根ざした企業の工場が多数集積しており、北海道遺産にも選定されています。時間があればエリア内を散策してもいいかもしれませんね。

line

 3 さっぽろロマンティックパスポート発売開始!

line

 真冬のロマンティックを楽しめる「さっぽろロマンティックパスポート」が発売されます。
■ 発売期間 平成19年12月10日(月)~平成20年3月10日(月)
■ 内容    もいわ山ロープウェイ、観覧車NORIA、市電1日乗車券、飲食サービス特典
■ 発売価格 1,500円
romantic-passnoriawhiteillumimoiwayakei

詳細は、公式サイトへ
http://www.welcome.city.sapporo.jp/romantic2007/

line

 4 第59回さっぽろ雪まつり情報~vol.3~大雪像テーマ決定

line

 来年の2月5日(火)から11日(月・祝)に開催される第59回さっぽろ雪まつりの大雪像のテーマが続々と決定しています。
■ 4丁目 よみうり広場    大雪像「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子と角笛」
■ 7丁目 HBC広場      大雪像「エジプトの遺跡」
■ 8丁目 雪のHTB広場  大雪像「国宝犬山城」
■ 10丁目 STV広場      大雪像「あっマンモスだ!~チビナックスの北極探検隊~」
 現在、雪像の設計図にもなる模型作りが進められていますが、模型作りの様子については、下記の「札幌100マイル」の雪まつりブログで公開されていますので、ぜひご覧ください。
 各大雪像の模型については、次号で大々的に公開しますので、お楽しみに!
mokei-churaumi07
(写真は前回の4丁目東側に作られた大雪像
「沖縄美(ちゅ)ら海水族館」の模型)
雪まつり公式ブログ「とことん!雪まつり」
http://sapporo.100miles.jp/snowfes/

さっぽろ雪まつり携帯サイト
http://mobile.snowfes.com/

mobile-snowfes

雪まつり公式ホームページ:http://www.snowfes.com/

line

 5 ようこそさっぽろ12月の特集

line

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/

携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

yokoso-qr

yokoso200712

 気温が下がったときは、雪の降る音が聴こえる12月の札幌。雪の降り始めから、札幌が真っ白になる変化を楽しむロングステイはいかがでしょう。ミュンヘン・クリスマス市やホワイトイルミネーションの街を歩いたり、コンサートホールKitaraでクリスマスコンサートを楽しんだりしてください。
○12月 クリスマスと白い冬を楽しむ
■光の競演 ホワイトイルミネーション
■札幌の夜、締めは夜スイーツで
■札幌のフレンチでクリスマスディナー
■スキー場・雪遊び情報  など
19年度イベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H19event-calendar.html


○編集後記○  
  「もぎたてさっぽろ」いかがでしたか?もうすぐクリスマスですね。来週10日(月)から発売の「さっぽろロマンティックパスポート」は、札幌で過ごすクリスマスにぴったりの特典が満載です。 もちろん、ホワイトクリスマスも期待できますので、ぜひ、札幌へお越しください。
  最後までお読みいただきありがとうございました。
  ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp  次号は1月17日発行予定です。


札幌市観光文化局観光部観光企画課

電話011-211-2376 Fax011-218-5129

E-mail kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129