ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第25号

ここから本文です。

更新日:2011年3月1日

もぎたてさっぽろ第25号

第25号

平成19年7月5日

 みなさま、こんにちは。札幌市観光企画課の屋中です。
 7月になり、待ちに待った夏本番を迎えました。札幌の夏は、じめじめとした梅雨もなく、さわやかな風が吹く過ごしやすい季節です。
札幌市民はこれから到来する短い夏をどう楽しもうかワクワクしているところです!
 今号から、「札幌まちめぐりパス」を使ったショートトリップをシリーズ化してご紹介します。
 なお、本メルマガはHTML形式でご覧ください。

☆☆今月のトピックス☆☆

1 「札幌まちめぐりパス」を使って札幌short trip!~vol.1~
2 ついにスタート!国内最大級のジャズ・フェスティバル~vol.2~
3 第54回さっぽろ夏まつり「福祉協賛大通納涼ガーデン」の見どころ
4 ようこそさっぽろ7月の特集

バー

 1 「札幌まちめぐりパス」を使って札幌short trip!~vol.1

バー

 「札幌まちめぐりパス」は、札幌市内の観光関連施設20ヵ所の入場・体験メニューに使えるお得なポイント券(15枚綴り)と、札幌市内の地下鉄・市電・バス(一部バス区間を除く)が1日乗り放題になる「共通1DAYカード」とがセットになって2,500円のお得な観光券です。
 「もぎたてさっぽろ」では、これから数回に分けて「まちめぐりパスを使って、札幌を遊び倒す!」特集として、対象観光施設を含んだモデルルートをご紹介しますので、お楽しみに!
まちめぐりパス

 今回のモデルルートのテーマは「夏休み!見て触れて体験するファミリー欲張りコース」
 札幌市の中心、大通公園を出発し、北海道開拓の村(滞在約2時間)、北海道開拓記念館(昼食含め滞在約2時間)、札幌市青少年科学館(滞在約2時間30分)、最後に大倉山ジャンプ競技場(滞在約30分)を約9時間半かけて回りました。

●午前8時半に大通駅から出発! 地下鉄東西線で「新さっぽろ駅」まで行き、バスに乗り換えます。
 はじめは北海道開拓の村。北海道の開拓当時の情景を再現展示して、恵まれた自然に親しみながら北海道の開拓の歴史を身近に学んでもらおうという見ごたえ十分な野外博物館です。
 なお、施設内は自由に見学できますが、分かりやすい解説が好評のボランティアさんの案内で見学することをお勧めします。

開拓の村1

先人たちの暮らしが再現されています。まるで明治・大正期にタイムスリップしたかのようです。

開拓の村2

馬車鉄道も走っています。冬期は馬そりに変わります。(有料)

○使用ポイント:北海道の開拓時代の歴史を学んで、5ポイント。
○北海道開拓の村HP:http://www.kaitaku.or.jp

●「まちめぐりパス」の対象観光施設ではありませんが、北海道開拓の村から森林浴しながら徒歩10分で行ける北海道開拓記念館にも立ち寄りました(大人450円)。

開拓の村_森林浴

 札幌市内中心部より涼しく、すがすがしい気分になります。
めずらしい昆虫に出会えるかもしれませんよ。

 北海道開拓記念館は、先人が北国の環境の中で築き上げてきた北海道の生活文化を、時代を追って8つのテーマにまとめ、先史時代から現在までの北海道にまつわる資料を展示している施設です。
 取材班は施設内スタンプラリーをしながら、館内を回りました。
 アイヌ民族が暮らしていた住居を再現したものや、土器など見ごたえは十分。ナウマン象の牙や、アンモナイトの化石など実際に触ることができる展示物もあり、その重さやひんやりとした触感に子どもも大人も驚くことでしょう。

開拓記念館1

開拓記念館2

ナウマン象の化石

開拓記念館3

開拓記念館4

火おこしと弓矢に挑戦

 実際に資料等に触れることのできる体験学習部屋もあります。
特に火おこしはお勧めです。木の棒と台座をこすり合わせるだけなので、簡単に見えますが、実際にやってみると左手の添え方がとても難しく思わず苦戦・・・。ライターなどで簡単に火をつけることができる現在では考えられない苦労を垣間見ることができます。皆さまも、先人たちの生活を体験してみてはいかがでしょうか。
○北海道開拓記念館HP:http://www.hmh.pref.hokkaido.jp

●次はバスで新さっぽろ駅まで戻り、「札幌市青少年科学館」へ。
 同施設には楽しみながら見て・触れて・体験し、考えることのできる展示物約300点を配置しているほか、星空を演出するプラネタリウムなどがあります。
科学館1
 北海道最大の18mドームには、満点の星空が再現され、とてもロマンチックな雰囲気。札幌で現在見ることのできる星を分かりやすく説明してくれます。ご家族で、カップルで星の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

科学館2

科学館3

チンダル像(アイスフラワー)

氷をこすって光をあてながら1分ほど待つと、きれいなアイスフラワーが現れます。普段目にすることのない幻想的な世界にびっくり。
○使用ポイント:科学の世界を楽しく勉強し、プラネタリウムできれいな星空を見て、6ポイント。
          (ポイントは2007年度時点のものです。2008年度は7ポイントに変更になっていますのでご注意ください)
○札幌市青少年科学館HP:http://www.ssc.slp.or.jp/

●いよいよ今日の最終目的地!「大倉山ジャンプ競技場」です。
自然と都市が調和する188万都市札幌を気軽に一望することのできる展望台です。

大倉山1

大倉山ジャンプ競技場の頂上までリフトで登っていきます。リフトから見下ろす街並みは、スキージャンプ競技選手が見ている世界そのもの。実際に飛ぶわけではないですが、なぜか緊張します。

大倉山2
7月の日没は午後7時過ぎなので、取材時はまだ明るかったのですが、金、土曜日は午後9時まで営業していますので、夕食を楽しんだあとに、このような夜景を楽しむこともできます。

○使用ポイント:雄大な札幌を望んで、4ポイント
○株式会社札幌振興公社HP:http://www.sapporo-dc.co.jp
最後の大倉山展望台を見終わったのが、午後6時。15枚のチケットをすべて使い切りました。今回のルートは「まちめぐりパス」利用により、それを利用しないときと比べ1,210円もお得でした!
今回のルートはあくまで一例ですので、これから夏休みの計画を立てる際に家族でわいわいがやがやルートを決めるのもよし、付属ガイドブックのモデルコースプランを回るのもよし、ぜひ札幌を遊び倒してくださいね!
「札幌まちめぐりパス」の販売場所・利用期間等の詳細はこちら
http://www.welcome.city.sapporo.jp/machimeguri2007/

バー

 2 ついにスタート!国内最大級のジャズ・フェスティバル~vol.2~

バー

 今年からスタートする国内最大級のジャズフェスティバル「サッポロ・シティ・ジャズ2007」の開幕も近づいてきました。
前号でご紹介しました、最大の見どころである「ミュージックテント“ホワイト・ロック”」の部材もアメリカから到着し、出番を今か今かと待ち構えています。

☆パークジャズライブ☆
 7月28日(土)、29日(日)の2日間、全国から集まったミュージシャンがパブリックスペースでライブを行います。エントリーは約200組1000名!
スケジュールの予定は次のとおりです。
※都合により変更となる場合があります。

・7月28日(土)
中島公園第2会場(10時~)、札幌市資料館(10時~)、大通公園8丁目ビアガーデン(12時~)、
アリオ札幌屋外特設ステージ(11時~)、サッポロビール博物館(11時~)
・7月29日(日)
中島公園第2会場(10時~)、札幌市資料館(10時~)、大通公園8丁目ビアガーデン(12時~)、
アリオ札幌屋外特設ステージ(11時~)、サッポロビール博物館(11時~)、札幌市役所西駐車場(11時~)、
市役所第2会場(11時~)、さっぽろプロムナード会場(中央区南1西4、西3)(13時~)

シティジャズ1

☆ノースジャムセッション07追加出演アーティスト☆
 「サッポロ・シティ・ジャズ」のフィナーレを飾るノースジャムセッション07。
上原ひろみ、エディ・パルミエリ/ブライアンリンチ、大黒摩季withTOKU、マリーンmeets本田雅人B.B.Stationに加え、「東京ブラススタイル」「SUITEVOICE」の2組の追加出演が決定しました。
 若手のジャズグループから、大人の女性コーラス、そしてビッグバンド、ポップスのジャズアレンジ、ラテンジャズ、世界を駆け巡るモダンジャズと、幅広く多様なスタイルを満喫できる構成になりました。ぜひ、皆様も8月5日(日)は、芸術の森野外ステージでお楽しみください。
 詳細は、サッポロ・シティ・ジャズ2007公式ホームページをご覧ください。
7月中旬から、市役所(4階市民文化課)、区役所、ジャズスポットほかで、総合パンフレットを配布予定です。
パソコン http://www.sapporocityjazz.com/
携帯電話 http://www.sapporo-cityjazz.com/i
シティジャズQRコード

バー

 3 第54回さっぽろ夏まつり「福祉協賛大通納涼ガーデン」の見どころ 

バー

 正式名「福祉協賛大通納涼ガーデン」、札幌市民に愛されている“大通のビアガーデン”が、いよいよ今年も始まります。開催期間は7月20日(金)から8月10日(金)までです。
 大通公園全体が巨大な納涼ガーデンに変身。西2丁目から4丁目がノンアルコール会場で、西5丁目から11丁目が4大ビールメーカーを始めとする個性的なビアガーデン会場となっています。主なビアガーデン会場は、12時から22時まで(西10丁目の世界のビール推進会議は平日17時から、土日16時から)。
 なお、全会場予約は受けておりません。
 今年は従来の会場に加え、札幌とミュンヘンの姉妹都市提携35周年を記念して、札幌ドイツ村(西11丁目会場)が新登場!本場ドイツのオクトーバーフェストで公認を受けているシュパーデンビールを始め、本場ドイツから直輸入されたソーセージやドイツのおつまみを気軽に楽しめます。会場全体のイメージがドイツ風に統一され、札幌に居ながらドイツで飲んでる気分が味わえます。
 ビアガーデン
 そのほか、西3丁目には石屋製菓の大通公園限定ソフトクリームがあったり、西4丁目には今年新設のハウス食品「ウコンの力」販売ブースがあったり、西10丁目のおつまみはすべて札幌グランドホテルのシェフ特製であったりと、各会場見逃せないポイントがありますのでお楽しみに!
時間等の詳細は、こちら
http://www.sweb.co.jp/kanko/natsu/

バー

 4 ようこそさっぽろ7月の特集

バー

 待望の夏がやってきました。高く明るい青空、鮮やかな緑、そしてラベンダーなどの花が咲き誇ります。
食べ物もおいしい季節で、朝イカ、ウニ、メロンやサクランボなどが旬です。

「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/

携帯版「さっぽろフットナビ!」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/fnv/

ようこそQRコード

ようこそさっぽろ

○7月 さわやかな暑さ
■札幌でも楽しめるラベンダー
■都市と自然が共存する街での水遊び、滝スポット
■積丹でウニ、札幌市内の観光果樹園
■「札幌まちめぐりパス」特集(観光スポット周辺の飲食店、お土産も合わせて紹介)
7~8月のその他のイベント
○PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)(7月7日~8月1日)
 若手音楽家を育成するとともに、音楽教育を通じて音楽文化の普及・発展をめざす国際音楽祭です。
http://www.pmf.or.jp/
19年度イベントスケジュールの詳細はこちら
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H19event-calendar.html


○編集後記○  
  「もぎたてさっぽろ」いかがでしたか?今年も納涼ガーデンの季節がやってきます。昨年夏は記録的な好天が続いたため、大通納涼ガーデンは連日多くの市民や観光客の方でにぎわい、ビール消費量は574,842リットル、来場者数は、1,523,000人と過去最高を記録しました。消費されたジョッキ(高さ約15センチに換算)を並べると、なんと富士山の高さの46倍にもなります。
 毎年必ず行くという札幌市民は多く、私も楽しみにしている一人です。観光客の方々と共に札幌の夏の風物詩を味わうことを楽しみにしております。
 最後までお読みいただきありがとうございました。
  ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp  次号は8月6日発行予定です。


札幌市観光文化局観光部観光企画課

電話011-211-2376 Fax011-218-5129

E-mail kanko@city.sapporo.jp

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129