ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第104号

ここから本文です。

更新日:2014年2月6日

もぎたてさっぽろ第104号

 札幌市観光メールマガジン もぎたてさっぽろ 第104号 平成26年(2014年)2月6日

 皆さん、こんにちは!
 今月号は、さっぽろ雪まつり開幕特別企画として、雪まつり会場の様子をたっぷりお届けします!mogitate104

開幕!第65回さっぽろ雪まつりを完全レポート!

 「第65回さっぽろ雪まつり」が2月5日(水曜日)から始まりました。大迫力の大雪像や市民雪像が並ぶ「大通会場」、子どもが喜ぶアトラクション満載の「つどーむ会場」、氷像が幻想的に輝く「すすきの会場」。今年もこの3会場の様子を完全レポートします!

 詳しく読む

札幌の雪遊び、子どもも大人も旅行者も誰でも楽しめる。

札幌の雪遊び、子どもも大人も旅行者も誰でも楽しめる。

 札幌は年間降雪量が6mにも及び、雪はとても身近な存在です。札幌市内の大きな公園やスキー場では、そりやスキーの貸し出しをしていて、手ぶらで出かけて雪遊びを楽しめるので、旅行で札幌を訪れる方におすすめです。

 

 詳しく読む

札幌市内のスキー場は、観光でいらしている方も手軽に日帰りで楽しめます。

  札幌市内のスキー場は、観光でいらしている方も手軽に日帰りで楽しめます。

 札幌市内には、車で20~60分以内のところにスキー場がたくさんあるので日帰りでも楽しめます。スキーやウェアのレンタルサービスも充実しているので、手ぶらでお出かけできます。

 

 詳しく読む

 

希望をイルミネーションへ 札幌出身の造形家、伊藤隆道さん

  希望をイルミネーションへ 札幌出身の造形家、伊藤隆道さん  日本初のイルミネーションを企画、デザインした造形家 伊藤隆道さんに、ご自身と札幌の関わりについて話をうかがいました。

 

 詳しく読む

 編集後記

 今月号いかがでしたか? 雪まつりを見に行く方へ小さなアドバイス。ティッシュを必ず持って行きましょう!雪まつり会場はとっても寒いです。しかし、会場にはそんな冷えた身体を温める、あったか~い食べ物がズラリ。ラーメンを食べればたちまち鼻水が出てしまうでしょう!ということでティッシュは必携です。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 さて、次号は3月13日(木曜日)に発行予定です。お楽しみに!

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129