ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ円山動物園臨時号

ここから本文です。

更新日:2011年5月25日

もぎたてさっぽろ円山動物園臨時号

ろご 円山動物園臨時号
平成23年(2011年)5月2日
 皆さま、はじめまして。今号から「もぎたてさっぽろ」を担当する札幌市観光企画課の西です。よろしくお願いします。
 今回は春の円山動物園から旬な情報をお伝えするため、久しぶりに臨時号を発行します! 
 本メルマガはHTML形式でご覧ください。配信申込用のページからお申し込みいただいた方、名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
 なお、この【メールアドレスは配信専用】です。ご質問・ご意見はこちらまで。メルマガのバックナンバー及び配信の登録・解除はこちらから

りぼん
 春のニューフェース
りぼん

●サーバルキャットのケビン
 サーバルキャットのニューフェース、ケビン(雄、平成22年5月10日生まれ)は南紀白浜アドベンチャーワールドからやってきました。
 私が見た時は大人しく丸まっていて、大きなネコのようでかわいかったです。
 熱帯動物館猛獣舎の屋内展示場で会えます。
 運が良ければ写真のような凛々しい姿にも会えるかも!?
サーバルキャット
●リスザルの赤ちゃん
 
こども動物園内にあるリスザルドームでは、冬に出産が続き、8頭のリスザルの赤ちゃんを見ることができます。
 母ザルにしがみつく姿がかわいらしいです。でも、もうちょっと育ってきたら、きっとイタズラっ子になるんだろうなぁ。
リスザルの赤ちゃん
●ホッキョクグマの赤ちゃん
 さて、今日の大本命は、平成22年12月25日に誕生したホッキョクグマの赤ちゃんです。4月から一般公開されています。
 いやはや、ぬいぐるみのようなカワイサ!イコロとキロルの双子も超絶的なカワイサでしたが、この子もかなりのカワイサです!
 性別が判明したら、名前を募集するそうです。甘えん坊な感じで、きっと内気な男の子と予想!(皆さんはどう思いますか?)
 すぐに育ってしまいますから、是非小さいうちに会いに来てくださいネ!
ホッキョクグマの赤ちゃん

りぼん
 は虫類・両生類館
りぼん

 4月23日(土)に「は虫類・両生類館」がオープンしました。
 展示部分は630平方メートル、外観はモダンなイメージです。
●公開型バックヤードのあるエントランス
 早速中に入ると、いきなりガラスの向こうに小さな水槽が並び、いわゆるバックヤードがお出迎え。
 バックヤードが見えたらダメじゃん、と思うなかれ!実は、バックヤードを公開型とすることで、孵化の様子を観察するなど、ディープに動物園を楽しむことができるのです。
は虫類・両生類館の外観は虫類・両生類館のエントランス
●迫力の大型展示ゾーン
 
エントランスから右手に進むと、水族館のような雰囲気の「大型展示ゾーン」。
 巨大なワニが泳いで本当に水族館のようです。ワニと言えば上から眺めるイメージでしたが、水生の生き物ですから、水中の様子を見る方が楽しいのです。ちなみに、下の写真はヨウスコウワニとガビアルモドキという種類のワニです。
 その他にも、アルダブラゾウガメ、サイイグアナなど、恐竜を想像させるような、迫力の展示内容となっています。
ヨウスコウワニガビアルモドキ
 ●珍しい動物がたくさん見られる小中型展示ゾーン
 小中型展示ゾーンは、熱帯、亜熱帯、日本・温帯と生息地別になっています。
 あれっ、幻の生物ツチノコを発見!?
 と思いきやマツカサトカゲという生物でした。実際、ツチノコ目撃情報の中には実はこのマツカサトカゲだったという場合もあったそうです。
 他にも、写真のとおり鮮やかなブルーがとても印象的なコバルトヤドクガエルやアメリカドクトカゲ、アオホソオオトカゲ、パンサーカメレオン、コウヒロナガクビガメ、アオダイショウなど約40種類が展示されています。大型は虫類を見た後だと、可愛く見えるかも?
マツカサトカゲコバルトヤドクガエル
●生息地をリアルに再現した展示室
 いずれの展示室も、植栽、擬岩、演色性の高い照明などで、展示動物の生息地をリアルに再現していますが、見た目だけではなく、温度や湿度などは元の環境を再現するべく、朝晩に温度を下げたり、季節感を出したり、とさまざまな工夫が施されています。季節感があることで繁殖行動もするようになるのだとか!
 さらに、来園者の通路は照明を落としてじっくり落ち着いて観察することができる空間となっています。
 展示室1展示室2
 ●建築環境学の考え方を取り入れた施設
 動物の話からはそれますが、この建物は札幌市立大学デザイン学部の協力を得て、建築環境学の考え方を取り入れた設計となっています。太陽光発電パネルやLED照明などの最近の定番省エネルギー手法のほか、外断熱工法や季節風を利用した夏季の高窓換気システムなど、環境の先端技術を取り入れた施設となっています。
 北海道は冬が寒いこともあって、断熱工法など省エネ建築の先進地です。このような技術に触れてみるのも面白いかもしれませんよ。
説明パネル
円山動物園
 住所:札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
 TEL:011-621-1426
 HP:http://www.city.sapporo.jp/zoo/index.html
 入場料:年間パスポート(高校生以上) 1,000円
      大人(高校生以上) 600円
      小人(中学生以下) 無料
      団体(30名以上) 540円

○編集後記○
 「もぎたてさっぽろ円山動物園臨時号」はいかがでしたか?
 札幌も少しずつ暖かくなってきましたので、ぜひ円山動物園へお越し下さい。
 次号では、HBCさんが作成したiPhoneアプリを利用した観光地巡りやさっぽろスイーツの他、ライラックまつり、YOSAKOIソーラン祭り、藻岩山の日などイベント盛り沢山でお伝えする予定ですのでお楽しみに!

 ご意見・ご質問はこちらまで kanko@city.sapporo.jp 次号は5月12日(木)発行予定です。


札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課
電話:011-211-2376 Fax:011-218-5129

E-mail:kanko@city.sapporo.jp


このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129