ここから本文です。

さっぽろ学生ITアイデアコンテスト2013

子どもの頃からインターネット環境が存在し、スマートフォンの活用などで日々ITに親しんでいる北海道の若い学生を対象に、ITを活用したサービス・製品のアイデアを広く募集します。コンテストを通じて集まった夢のあるアイデアを、優れた技術力を持つ札幌市内のIT企業により実現を図ることで、未来の札幌を変えていくことを目指しています。

公開プレゼンテーション(最終審査)結果発表

10月3日(木曜日に)「さっぽろ学生ITアイデアコンテスト2013」公開プレゼンテーションが開催されました。

受賞アイデアが決定いたしましたので発表いたします。

【最優秀賞】

 

タイトル 氏名 学校名
Delliper 中西 亮太 北海道大学

【優秀賞】

タイトル 氏名 学校名
「パーソナルな端末とバス停の連携でバスの利用をもっと便利に~SAPPORO BUS I~」 垂水 浩貴 札幌市立大学
ポロネタリウム 葛西 慎太郎 グループ 総合学園ヒューマンアカデミー札幌校
勝手に採譜君 渡部 大輝 北海道工業大学
ぶらりさっぽろアートMAP 齊藤 美雪 札幌市立大学
『1日1円募金』 佐々木 健乃 北海学園大学

 

コンテストの様子

会場では、学生の皆さんのパワーみなぎるプレゼンテーションが繰り広げられました。審査員企業からもたくさんの質問が出ておりました。コンテスト終了後は学生さんと企業さんの名刺交換会を開催。アイデアに対する感想を審査員企業から直接学生さんが聞くことができました。

【プレゼンの様子】

プレゼン1プレゼン2

【交流会の様子】

交流会2交流会1

【参加学生で記念撮影】

参加者記念写真

 

書面審査通過アイデアの発表

書面審査通過10アイデアを決定しましたので、発表いたします。

書面審査通過アイデア一覧(五十音順)
No. タイトル 氏名 学校名
1 『1日1円募金』 佐々木 健乃 北海学園大学
2 勝手に採譜君 渡部 大輝 北海道工業大学
3 さっぽろに風船をとばそう 竹田 直樹 札幌市立大学
4 「賞味期限&在庫管理しながら、美味しくクッキング」アプリ“ECO.DELI(エコ・デリ)” 川田 綾香 北海道大学
5 スクリーントーク(Screen Talk) 岩田 まどか 北海道情報大学
6 Delipper 中西 亮太 北海道大学
7 二度寝防止システム『スマートモーニング』 小林 克希 北海道大学
8 「パーソナルな端末とバス停の連携でバスの利用をもっと便利に~SAPPORO BUS I~」 垂水 浩貴 札幌市立大学
9 ぶらりさっぽろアートMAP 齊藤 美雪 札幌市立大学
10 ポロネタリウム 葛西 慎太郎 総合学園ヒューマンアカデミー札幌校

 

上記書面審査通過アイデアは公開プレゼンテーションにおいてプレゼンテーションを行います。

公開プレゼンテーション(最終審査会)の開催

応募された全アイデアの中から書面審査を通過したアイデアにより、下記の通り公開プレゼンテーション(最終審査会)を開催します。公開プレゼンテーションにおいて審査員を務めていただける市内IT企業の募集もしております。(詳細はこちら

日時

平成25年10月3日(木曜日)

  • 開場:13時00分
  • 開会:13時30分~16時45分(予定)

一般の方の観覧も可能です。座席に限りがありますので、お早めに会場にお越しください。満席の場合には、入場をおことわりすることがありますので、ご了承ください。

審査員参加を希望されるIT企業の方はこちらから申し込み用紙をダウンロードしてご提出ください。

会場

インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)1階「Cross×Garden」

札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1

http://www.icc-jp.com/ja/access.html

プログラム(予定)

13時00分 開場

13時30分 開会(開会の挨拶、各種説明)

13時40分 プレゼンテーションスタート

※1次審査を通過した10件程度のアイデアのプレゼンテーション、途中休憩有。

15時55分 審査(集計)、発表者(学生)と審査員(IT企業)の交流会

16時25分 審査結果発表・表彰式

16時45分 閉会

お問い合わせ先

札幌市経済局産業振興部ものづくり産業課 担当:加藤/久保

TEL:011-211-2362 E-mail:monodukuri@city.sapporo.jp

Facebook: https://www.facebook.com/sozotoshi.contest

 

さっぽろ学生ITアイデアコンテスト概要

応募資格

道内の学生・生徒。国籍や年齢は問いません。ただし、エントリーシートの記載や最終プレゼンテーションは日本語になります。また、2名以上のグループによる応募も認めますが、その場合、グループのメンバー全員が、上記資格を満たしていることが条件となります。

募集期間(終了しました)

平成25年7月1日(月曜日)~8月30日(金曜日)24時必着

応募方法

下記のエントリーシートをダウンロードし、Eメール(宛先:gakusei.it@i-pro.gs)により提出してください。なお、Eメールによる提出が難しい場合には、郵送等による提出も認めますので、事務局までご連絡ください。

 

応募にあたっての注意事項

書類選考を通過したアイデアは、一般に公開された最終選考でプレゼンテーションをしていただくことになります。また、最終選考で優秀作品に選ばれた際には、提案者名やその概要等が、特設サイトや最終プレゼンテーション用広報資料等で公開されることになります。本コンテストへ応募するにあたり、特許権、実用新案権、著作権等の知的財産権及びノウハウ等の法的保護については、あらかじめ自らの費用と責任において対策を講じた上で提出してください。これらの法的権利や法的保護等については、主催者は、一切の責任を負いません。また、他人の特許権、実用新案権、著作権等の知的財産権及びノウハウ等の法的権利を侵害しないよう、注意してください。本コンテストでの受賞等により、これらの権利を侵害し、問題が生じた場合は応募者の責任となり、主催者は、一切の責任を負いません。なお、審査結果について、個別の問い合わせには一切応じません。

選考方法

(1)審査基準

アイデアの内容が、斬新性、独自性、実現可能性を有しているかを、それぞれ評価します。

その他、エントリーシートに記載するべき項目について、それぞれ適切に把握できているかを審査項目とします。

(2)書類審査(9月上旬予定)

提出されたアイデアについて、エントリーシートに基づき審査を行います。

審査の結果、書類審査を通過し公開プレゼンテーションに参加できる方については、ホームページで公表するとともに、本人(グループの場合は代表者)宛に、Eメールにより連絡いたします。

(3)最終選考(10月3日開催決定)

書類審査を通過したアイデアについては、一般に公開された会場でのプレゼンテーションを行い、エントリーシートとプレゼン内容を元に最終選考を行います。選考は市内IT企業の投票によって行われます。公開プレゼンテーションの日時・場所等の詳細については、後日、ホームページで公表します。なお、発表者(グループの場合2名まで)の最終選考会場への交通費や宿泊費等のうち、主催者が必要と認める額について、一部を負担します。

詳細はこちら

 

賞及び奨励金

最優秀賞1アイデア、優秀賞5アイデア(最大)を選考します。

なお、最優秀賞に対しては10万円、優秀賞に対しては5万円を奨励金として支給します。

 

提案勉強会(終了しました)

提案内容を検討中、もしくはこれから検討しようとしている学生の皆さんを対象に、自らのアイデアを形にすることで、新たなサービスを提供することに成功した市内IT企業の方々から講演をいただき、アイデアの出し方、企画書を作り上げていくプロセスを学ぶ勉強会を開催します。

  • 平成25年8月2日(金曜日)18時00分~20時00分
  • 場所:インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)1階「Cross × Garden」

(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)

製品化支援

コンテストで賞を受賞したアイデアに対して、札幌市内IT企業を対象に、製品化希望の調査を行います。

製品化希望があった場合には、受賞者と企業をマッチングし、実現に向けた開発費等を、IT企業に対して助成します。

詳細については、別途ホームページで情報提供を行います。

 

 

申込み・問い合わせ先

【エントリーシート提出先】

株式会社I-PRO内「ITアイデアコンテスト事務局」 担当:大塚

〒060-0042札幌市中央区大通西12丁目4番地99札幌大通ビル4F

E-mail:gakusei.it@i-pro.gs

 

【コンテスト全般に関する問い合わせ先】

札幌市経済局産業振興部ものづくり産業課 担当:加藤/久保

TEL:011-211-2362 E-mail:monodukuri@city.sapporo.jp

Facebook: https://www.facebook.com/sozotoshi.contest

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。