ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

都市計画年表

年号 都市計画に関すること

札幌市全般に関すること

法律・条例等 マスタープラン等 制度・運用等
明治2年 - - - 島判官が札幌本府建設に着手
明治4年 - - - 市街地を官地と民地に区分する火防線を設ける
初の公園(偕楽園)設置
明治7年 - - - 屯田兵制度制定
明治13年 - - - 鉄道開通(手宮~札幌間)
明治18年 - - - 停車場通(駅前通)に街路樹を植樹
明治37年 - - - 屯田兵制度廃止
明治44年 - - - 大通逍遥地(現大通公園)設置
大正8年 旧都市計画法制定
市街地建築物法制定
- - -
大正11年 - - - 市制施行
大正12年 旧都市計画法の適用を受ける - - -
大正15年 札幌市下水道条例公布
市街地建築物法適用
- - -
昭和2年 - - 札幌都市計画区域決定 市電運行開始
昭和5年 - - - 市営バス事業開始
昭和8年 - - 用途地域(3種類)の指定 -
昭和11年 - - 都市計画道路決定 -
昭和12年 - - - 市営上水道営業開始
昭和14年 - - 大通・創成川など9地区を風致地区に指定 -
昭和16年 - - - 円山町を合併
昭和17年 - - 美香保・豊平・白石の3公園を都市計画公園として決定 旧陸軍が丘珠飛行場を設置
昭和19年 - - 初の区画整理事業に着手(東札幌地区) -
昭和25年 建築基準法制定 - - 白石村を合併
昭和26年 - - 用途地域(4種類)の変更 -
昭和30年 - - - 琴似町・札幌村・篠路村を合併
昭和32年 - - 都市計画道路全面変更 -
昭和33年 - 札幌総合都市計画策定 - -
昭和34年 - - - 中央卸売市場開設
昭和36年 宅地造成等規制法制定市街地改造法制定防災建築街区造成法制定 - - 豊平町を合併
昭和37年 - - - 発寒工業団地の造成に着手
昭和38年 新住宅市街地開発法制定 - - -
昭和39年 - - 新産業都市の指定を受ける -
昭和40年 - 1バイパス1環状5大放射整備計画策定 - -
昭和41年 流通業務市街地の整備に関する法律制定 - - -
昭和42年 - 流通業務施設の整備に関する基本方針策定 - 手稲町を合併
大谷地流通業務団地の造成に着手
昭和43年 新都市計画法制定 - - -
昭和44年 市街地改造法及び防災建築街区造成法廃止
都市再開発法制定
- 札幌圏都市計画区域決定 -
昭和45年 都市計画法改正 - 市街化区域・市街化調整区域決定 -
昭和46年 - 札幌市長期総合計画策定(昭和65年目標) - 地下鉄南北線(北24条~真駒内)開通
札幌地下街完成
都心部・真駒内地区・厚別地区に地域暖房熱供給開始
昭和47年 - 石狩湾新港地域開発基本計画策定(開発局) - 政令指定都市に移行し7区役所開設
札幌オリンピック冬季大会開催
札幌小樽道路(現札樽自動車道/小樽IC~札幌IC)開通
豊平峡ダム完成
光星地区に地域暖房熱供給開始
昭和48年 札幌市宅地開発要綱制定 札幌市住区整備基本計画策定 用途地域(8種類)の指定
都市計画道路全面変更
-
昭和49年 国土利用計画法制定 札幌市東部地域開発基本計画策定 緑地保全地区を指定(東月寒) -
昭和51年 - 新札幌市長期総合計画策定(昭和70年目標) - 地下鉄東西線(琴似~白石)開通
昭和52年 札幌市緑化推進条例制定 - - -
昭和53年 - - 第1回市街化区域・市街化調整区域全面見直し 地下鉄南北線(麻生~北24条)開通
昭和54年 - - 第1回用途地域全面見直し 道央自動車道(北広島IC~札幌南IC)開通
昭和55年 - - 地区計画制度創設 -
昭和56年 地区計画等の作成手続きに関する条例制定 - - -
昭和57年 - 緑の基本計画策定 - 地下鉄東西線(白石~新さっぽろ)開通
昭和58年 - -

地区計画の初適用(もみじ台団地)

札幌市都市景観賞創設

-
昭和60年 - 都市再開発方針策定 第2回市街化区域・市街化調整区域の全面見直し(特定保留区域の指定) 道央自動車道(札幌南IC~札幌IC)開通
昭和61年 監視区域制度の創設及び本市への適用 - 第2回用途地域全面見直し 札幌芸術の森一部開設
札幌テクノパーク開設
昭和62年 - - 監視区域の初指定 -
昭和63年 札幌市都市景観要綱制定
札幌市宅地開発要綱制定
第3次札幌市長期総合計画策定(昭和80年目標)
2バイパス2環状13大放射整備構想策定
再開発地区計画制度創設
大通地区を景観形成地区に指定
地下鉄東豊線(栄町~豊水すすきの)開通
JR函館本線・札沼線連続立体交差事業1次開通
平成元年 土地基本法制定 - 再開発地区計画の初適用(ビール工場跡地地区)駐車場整備地区の拡大 分区により9区体制に移行
地下鉄廃熱利用による地域冷暖房システムが稼動
大通公園再整備に着手
定山渓ダム完成
平成2年 - 市街地整備基本計画策定 住宅地高度利用地区計画制度創設 札幌天神山国際ハウス開設
札幌ハイテクヒル真栄分譲開始
積雪対策下水道事業に着手
平成3年 - 雪さっぽろ21計画策定 第3回市街化区域・市街化調整区域全面見直し -
平成4年 都市計画法改正 - 第3回用途地域全面見直し
札幌駅前通北街区地区を景観形成地区に指定
個性あふれる公園整備事業スタート
道央自動車道(札幌西IC~札幌IC)開通
前田森林公園完成
平成5年 - - 住宅地高度利用地区計画の初適用(平岡中央地区) -
平成6年 - - - 地下鉄東豊線(豊水すすきの~福住)開通
中島公園再整備に着手
平成7年 札幌市環境基本条例制定 - 監視区域指定解除 サッポロさとらんど一部開設
平成8年 札幌市宅地開発要綱改正 - 用途地域(12種類)の指定 -
平成9年 - 札幌市都市景観基本計画策定 - 分区により10区体制に移行
札幌コンサートホール(Kitara)開設
平成10年 札幌市都市景観条例制定
国土利用計画法改正
札幌市基本構想策定
札幌市環境基本計画策定
新札幌市地域防災計画策定
第4回市街化区域・市街化調整区域全面見直し -
平成11年 地方分権一括法制定 - 都市景観アドバイザー設置 地下鉄東西線(琴似~宮の沢間)開業
平成12年 都市計画法改正
都市計画運用指針制定
札幌市都市計画審議会条例制定
大規模建築物等景観形成指針施行
第4次札幌市長期総合計画策定(平成32年目標) 札幌市都市計画審議会設置
大規模建築物等の届出制度開始
街並み景観形成活動等補助金交付要綱施行
札幌駅南口駅前広場完成
平成13年 札幌市緑の保全と創出に関する条例制定 都心まちづくりビジョン・都心交通ビジョン公表 都市景観重要建築物等の初指定(日本食品製造合資会社旧工場) 札幌ドーム(HIROBA)開設
ISO14001認証取得
平成14年 都市再生特別措置法制定
都市計画法・建築基準法・都市再開発法等改正
- - 2002FIFAワールドカップ開催
平成15年 - - 都市計画提案制度創設
地区計画制度の整理統合
札幌駅南口地区を景観形成地区に指定
-
平成16年 景観法制定 札幌市都市計画マスタープラン策定 第5回市街化区域・市街化調整区域全面見直し
札幌駅北口地区を景観形成地区に指定
-
平成17年 - 市街化調整区域の保全と活用の運用方針策定 土地利用計画制度の運用方針策定
用途地域等全市見直し
・高度利用型地区計画の初適用(都心創成川東部地区)
・高度地区
・特別用途地区(戸建住環境保全地区、職住共存地区)
モエレ沼公園全面オープン
平成18年 都市計画法改正 - - 2007FISノルディックスキー世界選手権開催
札幌市立大学開学
平成19年 札幌市都市景観条例全部改正 - 札幌市景観計画策定
特別用途地区(第三種小売店舗地区)
都市計画道路の見直し方針策定
-
平成21年 - - - 創成川アンダーパス(連続化)開通
新ごみルール(家庭ごみ有料化)開始
平成22年 - - 第6回市街化区域・市街化調整区域全面見直し -
平成23年 - さっぽろ都心まちづくり戦略策定 札幌市景観計画の見直し 札幌駅前通地下歩行空間開通
創成川公園オープン
平成24年 - - - 公共施設として全国初のカーリング場オープン
平成25年 - 札幌市まちづくり戦略ビジョン策定 - -
平成26年 - - - 札幌市北3条広場(アカプラ)オープン
平成27年 - 札幌市まちづくり戦略ビジョン・アクションプラン2015策定 - 大通交流拠点地下広場供用開始
路面電車ループ化開業
平成28年 札幌市都市景観条例一部改正(新名称:札幌市景観条例) 第2次札幌市都市計画マスタープラン策定 札幌市立地適正化計画策定
札幌市都市再開発方針の全面見直し
白石区複合庁舎開所

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都市計画部都市計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2506

ファクス番号:011-218-5113