ホーム > 市政情報 > 都市計画 > 郊外住宅地のまちづくり > ふるさと団地の元気創造推進協議会

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

ふるさと団地の元気創造推進協議会

 

ふるさと団地の元気創造推進協議会とは

度経済成長期に建設された郊外型住宅団地(ふるさと団地)では、少子高齢化等により住環境や生活環境をはじめとした様々な問題が生じています。この協議会は、このような郊外型住宅団地を有する下記の構成市が、総合的な視点から意見交換等を進めるとともに、国などの関係方面に対して施策の提案等を行うことを目的として、平成22年(2010年)6月に設立されたものです。

市としては、郊外住宅地の課題に対応していくために、同様の問題を抱える他都市や関係省庁との意見交換等を通じて新たな知見やアイデアを得ることが有益であると考え、この協議会に参加しています。

 

協議会の構成

事務局 大分市(発起人)、内閣官房地域活性化統合事務局
構成市 大分市(会長)、盛岡市(副会長)、札幌市、長岡市、堺市、川西市、久留米市


◆国の協力体制
郊外型住宅団地関係省庁連絡会議などを開催

関係省庁

国土交通省土地・水資源局、住宅局、都市・地域整備局、自動車交通局

厚生労働省老健局、雇用均等、児童家庭局

経済産業省地域経済産業グループなど

 

協議会における検討状況

平成22年(2010年)6月9日

設立式

平成22年(2010年)7月~

問題点・課題・対策等について構成市間においてメールで情報・意見の交換

平成22年(2010年)11月

国への提案事項の集約・検討

平成22年(2010年)12月17日

「ふるさと団地の元気創造に関する提案書(第一次)」(第一次提案書)を国へ提出

平成23年(2011年)2月

関係省庁との意見交換

国への提案事項の検討

平成23年(2011年)3月1日

「ふるさと団地の元気創造に関する提案書(第二次)」(第二次提案書)を国へ提出

 

国への提案内容

関係省庁との意見交換などを踏まえ、第一次提案書を追加・修正し、第二次提案書を国へ提出しました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都市計画部都市計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2506

ファクス番号:011-218-5113

札幌市まちづくり政策局都市計画部地域計画課
電話番号:011-211-2545
ファクス番号:011-218-5113