ここから本文です。

更新日:2011年4月27日

旧永山武四郎邸

旧永山武四郎邸

08北海道指定有形文化財

【建築年】明治10(1877)年代前半【構造】木造

屯田兵の父と呼ばれた永山武四郎の私邸

北海道の開拓に情熱を傾け、「屯田兵の父」と呼ばれた第2代北海道庁長官の永山武四郎が、明治10(1877)年代前半、屯田事務局長時代に建てた私邸です。全体が重厚で簡素なデザインのこの建物は、洋風の応接室の天井に清華亭や豊平館によく似た紅葉のモチーフの中心飾りが設けられ、その洋室と和室をつなぐ開口部には洋風の引き込み戸が設置されているなど、細部に開拓使が手掛けた和洋住宅様式の特色を良く伝えています。昭和60(1985)年に札幌市へ寄贈され、建物を含めた一帯が「永山記念公園」として整備されています。

間取りも特徴的

旧永山武四郎邸

書院座敷の和室と応接室の洋室が直接つながっている間取りも、この建物の特徴です。当時、洋室は別棟や廊下をはさんで造られるのが一般的でした。

見学情報

内部観覧可

開館時間

9時00分~16時00分

休館日

年末年始

観覧料

無料

所在地・アクセス

札幌市中央区北2条東6丁目2番地

・地下鉄東西線「バスセンター前」下車、徒歩8分

地図

電話番号

011-232-0450(旧永山武四郎邸)