ここから本文です。

更新日:2017年11月20日

No.4大正・昭和の住宅街を歩く

※当ホームページに掲載されている内容は、2014年3月現在の情報です。写真は、2011年3月現在のものを使用しています。内容が変更になっている場合もありますので予めご了承ください。

地図

大正期に入り、山鼻屯田兵が拓いた農地は、住宅地、商店街へと変わり、札幌神社周辺の円山地区にもモダンな住宅が建ち並ぶようになりました。

この山鼻地区と円山地区を特別に発展させていったカギは、大正からスタートした電車と道路の整備にありました。

円山地区

純農村地区だった鎮守の森周辺は、電車が敷かれ道路が整うことで、札幌の夜景が見える住宅地へと変化し、円山、宮の森という街がつくられていきました。

山鼻地区

大正期に山鼻自治会が屯田兵村の地割をもとに街並みを決め、行啓道路が完成。電車が通り、山鼻地区へ一気にモダンな住宅が建てられました。