ホーム > 市政情報 > 都市計画 > 景観 > 景観資源の保全・活用

ここから本文です。

更新日:2019年4月23日

景観資源の保全・活用

「景観資源」とは、自然や建築物、工作物、生活習慣など、景観を特色づけている様々な要素を指し、これらの景観資源は、良好な景観を形成するうえで重要な役割を担っています。

札幌市では、景観資源が有効に保全・活用される取組を積極的に推進していきます。

景観資源の指定・登録

札幌市では、景観法及び札幌市景観条例に基づき、景観資源の一部を景観重要建造物等に指定・登録しています。

 景観の種プロジェクト(活用促進景観資源の登録等)

良好な景観をつくるうえで欠かすことのできない景観資源を、景観の種(活用促進景観資源)として登録し、情報の公開を行うことで、皆さんに広く知ってもらい、活用の可能性を広げる取組を行っています。

 

取組を支える制度

 

景観資源の紹介

下記リンクより、札幌市の景観資源を紹介した書籍をご覧いただけます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都市計画部地域計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2545

ファクス番号:011-218-5113