ここから本文です。

更新日:2016年6月17日

エコドライブの推進

エコドライブは、意識次第ですぐに取り組むことができる環境に優しい運転方法で、2割ほどの燃費向上や二酸化炭素排出量の削減が見込まれ、交通事故件数の減少にもつながる運転方法です。具体的には、アイドリングストップや穏やかな発進、速度変動を抑えた走行、惰性運転の活用など、様々な方法があります。詳しくはパンフレットをご覧ください。

エコドライブパンフレット

パンフレット

エコドライブの方法と効果、企業内での取組事例などを紹介しています。

表・裏表紙(PDF:1,038KB)

P3~6(PDF:1,101KB)

P7~10(PDF:1,037KB)

P11~14(PDF:1,249KB)

環境局では、エコドライブの定着、実施を目指し、以下のような事業を行っています。なお、平成27年度までに取り組んできた事業の概要については、過去のエコドライブ推進事業(PDF:263KB)をご参照ください。

事業者のエコドライブ活動の支援

エコドライブ活動サポートプロジェクト

市内各事業所でのエコドライブ活動が深まり、定着されるよう、概ね半年間、各事業所内でのエコドライブ活動を支援する事業です。平成23~27年度までで41社に支援を行い、平均燃費が5.7%改善され、事故の削減や、年間801tのCO2削減効果がありました。平成28年度は、以下の支援内容で実施しております。

  • 講習会の開催:エコドライブ活動の趣旨などを説明し、取組を促します
  • 運転診断:お使いの車両で運転データを記録できる機材を貸し出し、従業員のエコドライブ実践度合いや運転の改善点などを診断します
  • 指導者養成講習会の開催:事業所内でエコドライブを推進する方に、指導者としての認定講習を開催します
  • 報告会の開催:支援を受けて取り組んだ内容、結果の発表、他社の取組や成功事例を紹介するセミナーを開催します

さっぽろエコドライブ活動セミナーを開催しました

エコドライブ活動を広め、さらに深めてもらうため、「さっぽろエコドライブ活動セミナー」を平成28年1月22日(金曜日)に開催しました。41社の市内事業者の方にご参加いただき、活動を推進・継続していくためのポイントに関する講演や、市内事業所の取組事例・成果発表、本市エコドライブ関連事業の紹介を行いました。

エコドライブ活動セミナーの様子 エコドライブ活動セミナーの様子

New! エコドライブ指導者養成講習会を7月9日(土曜日)に開催します!

平成28年7月9日(土曜日)に、市内事業者の方向けに、社内でエコドライブを推進するにあたり必要な、エコドライブに関する知識、技能、アドバイス方法等が習得できる講習会を開催します。座学だけではなく、実際に運転をしながらインストラクターの指導を受けることで、実践的にエコドライブを学ぶことができます。

受講者にはエコドライブ指導者としての認定書と、講習の修了書をお渡ししています。ぜひご参加ください。

お申し込みにつきましては、こちらの申込書(PDF:155KB)に必要事項を記載し、Eメール又はFAXにてご提出ください。

 

エコドライブ指導者養成講習会概要
日時 平成28年7月9日(土曜日) 9時30分~16時30分(予定)
場所 山口処理場(札幌市手稲区手稲山口364)
定員 市内事業者の方20名(先着順)
申込 以下のメールアドレスまで、参加される方のお名前(ふりがな)、ご年齢、お勤め先、連絡先をお知らせください。(締切:7月1日(金曜日))
メールアドレス kan.suishin@city.sapporo.jp

 

<昨年度の様子>

 講習会の様子1 講習会の様子2 講習会の様子3

エコドライブ推進グッズの配布、エコドライブ講演の受付

エコドライブの取組を進めていただくよう、パンフレットやステッカーなどを無償配布(郵送料は別途)します。

また、企業や団体、地域の集まりなど、ご希望の場所にてエコドライブの講演も行っています。

詳細、申込については以下の申込用紙をご参照下さい。

第5回さっぽろエコドライブ大会を開催しました

平成27年8月31日に、エコドライブの広まりや深まりを目的とした、エコドライブの技術を競い合う運転競技大会を開催しました。

速度ムラや燃費などを計測し、運転を点数化したほか、エコドライブの知識をチェックする筆記試験の点数も合計し、競い合いました。

また、次世代自動車の車両の展示・試乗イベント、水再生プラザの見学会や燃料電池自動車のラジコン走行などの併催イベントも開催し、多くの方にご来場いただきました。

第5回エコドライブ大会の様子 第5回エコドライブ大会の様子 第5回エコドライブ大会の様子

市民向けのエコドライブ啓発活動:エコドライブ効果体験会

効果体験会の様子運転シミュレーターを使って、エコドライブの効果的な実施方法、具体的な燃費改善効果を疑似体感する体験会です。

平成27年度は、札幌市内イオン各店のほか、環境広場さっぽろ2015内の環境計画課ブースなどにて開催し、620名の方がエコドライブを体験、425トンのCO2削減効果がありました。

その他

エコドライブ推進協定

より効果的にエコドライブを推進するため、企業内での推進方法を取得するため、共通運送株式会社、株式会社トワード物流と3者協定を締結しています。この協定をもとに、平成23年度からエコドライブ活動サポートプロジェクトやエコドライブ大会などの事業を行っています。
札幌市におけるエコドライブ推進協定書(PDF:391KB)

エコドライバープロジェクト

「エコドライバープロジェクト」は、エコドライブを実践する人を「エコドライバー」と呼び、「エコドライバー」であることが“これからのドライブマナー”であることを呼びかける、環境省が行っている取組です。エコドライブの取組方や利点を紹介しているほか、プロジェクトの参加者に向けて、エコドライブに関する情報発信等を行っています。

・エコドライバープロジェクト(環境省HP)

スマートムーブ北海道キャンペーン

スマートムーブとは、エコドライブの実践や公共交通機関の積極的な利用など、日常生活のさまざまな移動手段を工夫し、CO2排出量を削減するライフスタイルの一つです。札幌市は環境省が行っている「スマートムーブ北海道キャンペーン」(FMノースウェーブHP)に協力しています。

札幌圏モビリティ・マネジメント検討会

国土交通省北海道開発局が主催する札幌圏モビリティ・マネジメント検討会に参加し、渋滞対策や排気ガス削減対策、公共交通機関の利用促進などについて、道内他自治体や事業者と意見交換を行っています。

・「考えるあしプロジェクト」

自動車の普及に伴い、生活が便利になった反面、都心部での渋滞、大気汚染、温暖化問題などが生じています。この問題に対処するには、市民一人ひとりが毎日の交通を見直し、過剰な自動車利用を控え、徒歩や自転車、公共交通機関を利用するエコな移動手段を選択する必要があります。このプロジェクトは、都心部の緩和や環境負荷の低減を目的に北海道開発局が主体となり推進しているものです。

考えるあしプロジェクト

 

 

 

札幌市のアイドリングストップキャラクター

アイドリングストップキャラクター

トメマル君トメマル君

トメ子ちゃんトメ子ちゃん

自動車の排出ガスを足もとから吸い、頭からきれいな空気を出す、アイドリングストップのキャラクターです。

平成9年5月誕生。作者は、当時西野中学校3年生の川端さん。しまふくろうがベースになったとのことです。命名者は、市内にお勤めの松本さん。「止めてマル」が名前の由来とのことです。

トメ子ちゃんは、トメマル君の妹で、平成14年8月に誕生しました。

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2877

ファクス番号:011-218-5108