ここから本文です。

更新日:2013年12月25日

節電のアイデア・ヒント

節電のアイデア・ヒントのページ

北海道の家庭で使用される家電の中で、電力消費の多い機器のトップ3をご存知ですか?答えは「照明」、「冷蔵庫」、「テレビ」です。

白熱球の照明をLEDに変える、といった省エネ製品への買い替え以外にも、使い方一つで実践できる節電・省エネ術がたくさんあります!節電から始まる、無理のないエコな生活を、あなたもはじめてみませんか?

この冬、実践できる節電術を紹介しています

電力需要が高まる冬期は特に重要です。ここでは、ちょっとした工夫で誰でも取り組める節電術などを、ご紹介します。

節電アイデア

札幌市が発行する節電アイデアパンフレットでは、厳しい札幌の冬を無理なくエコに過ごすための情報を掲載しています。暖房だけでなく電気ポットや炊飯器など、様々な家電機器は、使い方の工夫次第で節電につながります。

~節電アイデアの一例~

  • 電気暖房
    電気ストーブ、電気こたつ、電気カーペットの設定温度を低めにする。
  • 照明
    日中は電気を消すか、控えめにする。夜間の点灯も最小限にする。
  • 冷蔵庫
    温度設定を見直す
  • 温水洗浄便座(暖房便座)
    便座保温・温水の設定温度を下げる

ほかにも、灯油やガスを使用する暖房の節約術などを紹介しています。

 

2011年冬版節電アイデアパンフレット表面(JPG:408KB)

2011年冬版節電アイデアパンフレット(表面)(PDF:871KB)

みんなのアイデア集

節電促進キャンペーンの市民モニターから寄せられた節電アイデア

札幌市では、家庭内での節電を促進するため、市民モニターを募集し、一定期間節電に取組んでいただく「2011年度節電キャンペーン」を実施しました。

のキャンペーンに参加された市民モニターの方が実際に取り組んだ行動や、ワットチェッカーを使った削減効果についてお知らせいただいた事例の一部を紹介します。

みんなの節電アイデア(JPG:426KB)

市民モニターの方からキャンペーン取組期間後に寄せられた節電アイデア(PDF:246KB)

 

市民モニターの方によるワットチェッカーを使った電力削減効果

機器

取組事例

冷蔵庫

平成21年製530リットル度設定

150ワット(強)→120ワット(中)→82ワット(弱)

テレビ

平成23年製40型液晶テレビるさ設定

170ワット(強)→77ワット(中)→35ワット(弱)

掃除機

平成17年製じん力の設定

1160ワット(強)→850ワット(中)→250ワット(弱)

節電に成功した方の多くは、特定のエコ行動に集中するのではなく、複数の行動を組み合わせて実践されていました。また、家族みんなで取り組んでいるご家庭は特に節電の効果があがっていました。

 

※市民モニターの方から新たに寄せられた情報を随時、本ページに掲載していきます。

節電相談会

電術などの専門知識をもった相談員が、家電機器の節電効果について実演を行ったり、市民の方からの疑問にお答えするイベントを随時、開催しています。
催状況は「節電相談会のページ」をご覧下さい。

<節電相談会の様子(「節電相談会のページ」より抜粋)>

節電方法の実演

節電方法の実演

節電ツリー

市民の皆さんにより制作された「節電ツリー」

うちエコ診断実演紹介

「うちエコ診断」の体験

家庭ですぐ出来る冬の取組

全国地球温暖化防止センターでは、「家庭ですぐ出来る冬の取組」を紹介しています。皆様の更なるエコライフをお願いいたします。

家庭ですぐ出来る冬の取組

家庭ですぐ出来る冬の取組

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2877

ファクス番号:011-218-5108