ここから本文です。

更新日:2017年4月11日

市民向け補助(Q&A)

市民向けecoプロジェクトに関するよくある質問

Q1 工事が終わっているものは対象になりませんか?

Q2 家(戸建)の持ち主でありませんが、申込み可能ですか?

Q3 制度を利用したいのですが、単身赴任で札幌市内に妻(または夫)しか住んでいません。

Q4 市外に住んでいますが札幌市に転居予定です。制度は利用できますか?

Q5 新築で家の工事は始まっていますが、補助対象機器は工事していません。制度を利用できますか?

Q6 工事業者が代行手続きできますか?

Q7 年度内に何度も利用できますか?

Q8 抽せんで外れました。年度内は申込みできませんか?

Q9 二世帯住宅に補助対象機器をそれぞれ設置の予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

Q10 二世帯住宅にそれぞれ太陽光発電を設置予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

Q11 リースで補助対象機器を設置したいと考えています。申込みできますか?

Q12 書類を持込みによる申請はできますか?

Q13 昨年度補助金に当せんしましたが、計画を中止しました。今年度も申込みできますか?

Q14 募集は年度内に何回行いますか?

Q15 中古住宅に補助対象機器が備え付けられているものは、申込みできますか?

Q16 購入予定のマンションに、補助対象機器が設置されていますが、申込みできますか?

Q17 現在住んでいる分譲集合住宅の設備を補助対象機器に取り換える予定ですが、申込みできますか?

Q18 定置用蓄電池のみの申込みはできますか?

Q19 ロードヒーティング熱源用の機器を設置する予定ですが、申込みできますか?

Q20 太陽光発電の補助金額の計算はどうするのですか?

Q21 定置用蓄電池の補助金額の計算はどうするのですか?

Q22 木質バイオマスストーブとは、どのような機器が該当しますか?

Q23 設置工事が完了しました。完了届(補助金交付申請兼完了届)に必要な添付書類は、すべて揃っていなければ受付できませんか?

Q24 札幌市から平成28年度市民税の課税がなかったので納税していません。市民税納税証明書は必要ですか?

Q25 住民票、納税証明書は原本を提出しなければならないのでしょうか?

Q26 新築で住民票を移します。提出するのは異動した後の住民票ですか?

Q27 住民票、納税証明書はどこで請求できますか?

Q28 新品の設置を証明できる書類とはどんなものですか?

Q29 機器設置写真はどのようなものが必要ですか?

上記以外のご質問については下記問い合わせ先にお問い合わせ願います。

本制度に関する問い合わせ先

ecoプロジェクト受付係

TEL:011-351-1377

(土日祝日を含む全日午前8時~午後9時、ただし12月29日~1月3日を除く)

 Q1 工事が終わっているものは対象になりませんか?

A1 工事着手指定日以降に補助対象機器の工事を着手するものが対象です。なお、各募集回では、完了届の提出期限も定めておりますのでご注意ください。工事着手指定日及び完了届提出期限は申込方法をご参照ください。

 Q2 家(戸建)の持ち主でありませんが、申込み可能ですか?

A2 自ら居住する住宅であり、ご本人が工事費を支払うのであれば申込み可能です。

 Q3 制度を利用したいのですが、単身赴任で札幌市内に妻(または夫)しか住んでいません。

A3 市内にお住まいの方(この場合妻(または夫))が申込んでいただければ受付可能です。ただし、全ての提出書類がお住まいの方(この場合は妻(または夫))の名義となる必要があります。

 Q4 市外に住んでいますが札幌市に転居予定です。制度は利用できますか?

A4 利用可能ですが、各募集回の完了届提出期限までに、引っ越し(札幌市に住民登録すること)することが条件です。完了届提出期限は申込方法をご参照ください。

 Q5 新築で家の工事は始まっていますが、補助対象機器は工事していません。制度を利用できますか?

A5 補助対象機器の工事に着手していなければ利用可能です。なお、QA1もご参照ください。

 Q6 工事業者が手続きを代行できますか?

A6 できます。ただし、申請内容について機器設置者と十分に調整のうえ、手続きを代行手続きしてください。

 Q7 年度内に何度も利用できますか?

A7 同一世帯同一年度1機種1回限りのご利用となります。ただし、定置用蓄電池は、太陽光発電と同時に申込みできます。また、木質バイオマスストーブ及びHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)は、他の機器と同時に申込みできます。

 Q8 抽せんで外れました。年度内は申込みできませんか?

A8 補助対象機器の設置工事が未着工であれば、次回以降の申込みができます。また、着工した場合でも、工事着手指定日の条件を満たす場合は、次回以降の申込みができます。工事着手指定日は申込方法をご参照ください。いずれの場合も改めて申込みをする必要があります。

 Q9 二世帯住宅に補助対象機器をそれぞれ設置の予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

A9 それぞれの世帯で申込みできます。ただし、世帯が分かれていることを住民票で確認させていただきます。なお、一方の方が二世帯分を申込むことはできません。

 Q10 二世帯住宅にそれぞれ太陽光発電を設置予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

A10 それぞれの世帯で申込みしてください。ただし、電力会社との契約が世帯ごとに分かれていることが条件です。

 Q11 リースで対象機器を設置したいと考えています。申込みできますか?

A11 リースの場合は申込みできません。

 Q12 書類の持込みによる申請はできますか?

A12 書類の持込みによる申請はできません。書類は全て郵送(日本郵便のサービスのみ)にて受け付けます。

 Q13 昨年度補助金に当せんしましたが、計画を中止しました。今年度も申込みできますか?

A13 昨年度、計画中止届を提出している方であれば、申込みできます。

 Q14 募集は年度内に何回行いますか?

A14 年度内に6回行う予定です。ただし、6回目はキャンセルがあった場合や、申込みが少なく予算が残っている場合のみ行います。

 Q15 中古住宅に補助対象機器が備え付けられているものは、申込みできますか?

A15 中古住宅に新たに設置されたもの(新品)は申込みできます。家に設置しているものが、既に使用されているものであれば申込みできません。

 Q16 購入予定のマンションに、補助対象機器が設置されていますが、申込みできますか?

A16 新築分譲集合住宅に設置する補助対象機器は申込みできません。マンションにおいては標準的な設備であるため、補助対象になりません。

 Q17 現在住んでいる分譲集合住宅の設備を補助対象機器に取り換える予定ですが、申込みできますか?

A17 申込みできます。ただし、補助対象機器への取り換えが、機器性能上の問題等などからできない場合がありますので、販売店等にご確認ください。

 Q18 定置用蓄電池のみの申込みはできますか?

A18 既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込みできます。

 Q19 ロードヒーティング熱源用の補助対象機器を設置する予定ですが、申込みできますか?

A19 申込みできません。

 Q20 太陽光発電の補助金額の計算方法はどうするのですか?

A20 補助金額はパネルの合計出力(kW)に45,000円を乗じ、千円未満を切り捨てた額です(上限は225,000円)。パネルの合計出力(kW)はパネル出力×パネル枚数で計算される数値を小数点第3以下切り捨てにします。

 Q21 定置用蓄電池の補助金額の計算方法はどうするのですか?

A21 補助金額は蓄電池の定格容量(kWh)に5万円を乗じ、千円未満を切り捨てた額です(上限は20万円)。なお、定格容量は小数点第2位以下切り捨てにします。

 Q22 木質バイオマスストーブとは、どのような機器が該当しますか?

 A22 木質ペレット及び薪などの木が由来の燃料(木質バイオマス)を使用できる設置及び仕様のものが、対象となります。ただし、木質バイオマス燃料に建築廃材は含みません。木質バイオマス燃料以外の燃料を使用する場合は、補助金を返還していただきます。

 Q23 設置工事が完了しました。完了届(補助金交付申請兼完了届)に必要な添付書類は、全てそろえていなければ受付できませんか?

 A23 全てそろえていなければ受付できません。住民票は札幌市に住民登録されているものが必要です。(市外から札幌市に転居する予定の方は、完了届提出期限までに、札幌市に住民登録する必要がありますので、ご注意ください。)

 Q24 札幌市から平成28年度市民税の課税がなかったので納税していません。市民税納税証明書は必要ですか?

 A24 札幌市から平成28年度市民税が課税されていなければ、市民税納税証明書の提出は不要です。(固定資産税も同様です。)

 Q25 住民票、納税証明書は原本を提出しなければならないのでしょうか?

 A25 原本の提出が必要です。

 Q26 新築で住民票を移します。提出するのは異動した後の住民票ですか?

 A26 引っ越し後の住民票が必要です。設置する場所に申請者の方がお住まいになっていることを確認する必要があります。

 Q27 住民票、納税証明証書はどこで請求できますか?

 A27 住民票は各区役所、篠路出張所、定山渓出張所、大通証明サービスコーナー及び各まちづくりセンターにて請求可能です(まちづくりセンターは取り次ぎのみ)。また、マイナンバーカードによるコンビニエンスストアでの取得もできます。納税証明書は各区役所、各市税事務所、本庁舎2階「税の証明窓口」、篠路出張所及び定山渓出張所にて請求可能です。

 Q28 新品の設置を証明できる書類とはどんなものですか?機器設置写真はどのようなものが必要ですか?

 A28 保証書(名前、住所、日付、型式、個数、施工業者名等の記載があるもの)、メーカーによる出荷証明、施工業者による新品を設置したことを証明する書類(記載例はこちら)です。太陽光発電の場合は、メーカーが発行する出力対比表、メーカー保証申込書では受付できません。

Q29 機器設置写真はどのようなものが必要ですか?

 A29 補助対象機器ごとに以下のカラー写真が必要です。

 ● 太陽光発電: 設置した住宅の全景写真、及び全ての太陽光パネルの枚数が確認できる写真(複数枚に写真が分かれる場合は、それぞれの写真の繋がりがわかり、正確に枚数を確認できるよう撮影して下さい。積雪等により、枚数確認できない写真は受け付けできません。

  ※パネル設置工事の際に、施工業者に写真を撮影するようご依頼ください。

 ● 定置用蓄電池: 使用可能な状態の蓄電池本体、及びパワーコンディショナー、その他付属装置が確認できる写真

 ● エネファーム(燃料電池): 使用可能な状態の燃料電池が確認できる写真

 ● コレモ: 使用可能な状態のコレモ本体が確認できる写真

 ● 地中熱ヒートポンプ: 使用可能な状態のヒートポンプ本体、及び採熱管、その他付属装置が確認できる写真

 ● 太陽熱利用システム: 使用可能な状態の太陽熱集熱器、及び太陽熱温水器、蓄熱槽、その他付属装置が確認できる写真

 ● 木質バイオマスストーブ: 使用可能な状態の木質バイオマスストーブ本体、及び排気筒等が確認できる写真

 ● HEMS: HEMSを構成する全ての機器(データ集約機器、通信装置、制御装置、モニター装置、計測機器)が設置されていることがわかる写真。住居全体の電力使用量が表示されていることが確認できるモニターの写真(モニター全体が写っていること)

  ※計測機器とは、電力量センサー、タップ型電力量計、計測機能付き分電盤等を指します。

本制度に関する問い合わせ先及び書類郵送先

〒060-0003

札幌北三条郵便局留め 「ecoプロジェクト受付係」

TEL:011-351-1377

(土日祝日を含む全日午前8時~午後9時、ただし12月29日~1月3日を除く)

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2872

ファクス番号:011-218-5108