ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 生物多様性の保全 > さっぽろ生き物さがしプロジェクト > マルハナバチ調査隊2015~花に集まるマルハナバチを探そう~

ここから本文です。

更新日:2016年6月29日

マルハナバチ調査隊2015~花に集まるマルハナバチを探そう~

モフモフハッチー幌市では、平成27年7月18日~8月31日にかけて、さっぽろ生き物さがしプロジェクト「マルハナバチ調査隊2015」を実施しました。
マルハナバチ調査隊2015は、市内に生息するマルハナバチの生息状況を調べるもので、参加した皆さんには、確認したハチの種類について、見つけた場所や写真と一緒に報告していただきました。
調査には、82グループ、243名が参加し、総データ数は661件となりました。
調査の概要や得られた結果について、参加者の皆さんから寄せられた写真とともにニュースレター形式でまとめました。

パネル展示

CISEサイエンスフェスティバル平成28年1月23日(土曜日)、24日(日曜日)に札幌駅前地下歩行空間北大通交差点広場で開催された「CISEサイエンス・フェスティバル2016 in チ・カ・ホ~生きものたちの北海道~」の会場で「マルハナバチ調査隊2015」の結果と写真コンテスト入賞チームの写真を展示しました。
セイヨウオオマルハナバチの防除活動を推進している「北海道セイヨウオオマルハナバチ対策推進協議会」と一緒に展示したブースには、たくさんの方にご来場いただきました。

 

ページの先頭へ戻る

マルハナバチ調査隊2015結果報告

ニュースレターマルハナバチ調査隊2015」には、82グループ、計243名とたくさんの方にご参加いただき、札幌市内のマルハナバチ生息情報として631件のデータが集まりました。
調査した区画数は130メッシュ(1キロ四方の単位)で、札幌市全体の約11%、市街地の約3分の1の範囲を調べることができました。
布が拡大しつつある外来種セイヨウオオマルハナバチがもっとも多く確認されましたが、夏場に多く見られるハイイロマルハナバチ類を始めとする在来種も3分の2以上を占めました。
調査の概要や分布マップについて、参加者の皆さんから寄せられた写真とともにニュースレター形式でまとめました。

 

マルハナバチ調査隊2015調査結果

ページの先頭へ戻る

ランキング発表

告データ数上位チーム及び写真コンテスト入賞チームを発表します。

報告データ数上位チーム

1位 チームすず
2位 伏古北小3-1
3位 oh good research
4位 今西family
5位 野中

6位 まや調査隊
7位 Team Sou
8位 はちみつチーム
9位 マルヤマハナバチ
10位 チーム新名

11位 チーム白土家
12位 モフモフハッチー
13位 BEES!
14位 スポンジボブ

写真コンテスト入賞チーム

チーム松村
マツムシさんチーム
【エゾコマルハナバチ雄&ラベンダー】
一見灰色ですが黄色味の落ちたエゾコマルハナバチのオスです

なかやま
なかやま
【セイヨウオオマルハナバチ&ハナツリフネソウ】
“盗蜜”の瞬間!花の根元に穴をあけ、受粉せずに蜜だけ盗みます

あまちゃん
あまちゃん
【セイヨウオオマルハナバチ&ハナツリフネソウ】
花粉まみれなのは受粉を手伝った証拠です

あんざい
あんざい
【エゾオオマルハナバチ雄&マリーゴールド】
黄色がとっても印象的な写真です

おいたんファミリー
おいたんファミリー
【エゾオオマルハナバチ&ハナトラノオ】
花にもぐりこんで蜜を集めるのが得意です

チームすず
チームすず
【エゾトラマルハナバチ&ヒエンソウ】
エゾトラマルハナバチの長~い舌が写っています

はちみつチーム
はちみつチーム
【エゾオオマルハナバチ&ウド】
在来植物のウドへの訪花シーン!

TeamSou
Team Sou
【ニセハイイロマルハナバチ&ムラサキツメクサ】
飛んでいるマルハナバチを激写!

村上幸子
村上幸子
【セイヨウオオマルハナバチ】
マルハナバチは土中のネズミの古巣を巣として利用します

モフモフハッチー
モフモフハッチー
【エゾオオマルハナバチ&ヤナギハナガサ】
マルハナバチの体の丸さがよくわかります

マルカメバチ
マルカメバチ
【アカマルハナバチ
&ガウラ(ヤマモモソウ)】

数少ないアカマルハナバチの写真です

調査員K
調査員K
【エゾトラマルハナバチ
&エゾヤマハギ】

在来植物のエゾヤマハギへの訪花シーン!

双子のハッチ
双子のハッチ
【アカマルハナバチ&ラベンダー】
ラベンダーはマルハナバチが大好きな花の一つです

マルヤマハナバチ
マルヤマハナバチ
【エゾトラマルハナバチ&ガクアジサイ】
満開のガクアジサイの花が印象的です

 

ページの先頭へ戻る

マルハナバチ調査隊2015事務局だより

マルハナバチ調査隊2015事務局だより」は、平成27年7月~平成28年1月まで「マルハナバチ調査隊(札幌)フェイスブック」に掲載した内容を一部編集したものです。なお、フェイスブックは平成28年6月をもって閉鎖しました。

  1. マルハナバチを観察してみよう(PDF:478KB)
  2. マルハナバチ調査隊inサッポロさとらんど(PDF:714KB)
  3. 調査行ってきました<高山編>(PDF:493KB)
  4. 調査行ってきました<街中編>(PDF:559KB)
  5. マルハナバチの写真の撮り方(PDF:323KB)
  6. マルハナバチの見分け方と各種類の解説・その1外来タイプ(PDF:289KB)
  7. マルハナバチの見分け方と各種類の解説・その2三色タイプ(PDF:402KB)
  8. マルハナバチの見分け方と各種類の解説・その3赤色タイプ(PDF:243KB)
  9. マルハナバチの見分け方と各種類の解説・その4黄色タイプ(PDF:392KB)
  10. マルハナバチの見分け方と各種類の解説・その5灰色タイプ(PDF:502KB)

ページの先頭へ戻る

マルハナバチ調査隊2015(終了しました)

マルハナバチ調査隊2015チラシ花をさかんにおとずれ、ミツや花粉を集めるマルハナバチ。札幌市では、市内に生息するマルハナバチの一斉調査を行います。「マルハナバチ調査隊2015」では、身近にいるマルハナバチを通じて、札幌の自然環境を調べます。
加方法は簡単!家の庭や近くの公園、山、森などで、花に集まるマルハナバチを探し、調査場所ごとに報告シートに記入して事務局に送るだけです。参加グループには、結果をまとめたマップと記念品をプレゼントします。

【関連イベント】

実施期間

成27年7月18日(土曜日)~8月31日(月曜日)(終了しました)

記念品

参加グループには、結果をまとめたマップのほか、平成27年7月11日公開(2D・3Dロードショー)「アリのままでいたい」記念グッズをはじめ、参加賞プレゼント。さらに、報告数上位者や、素敵なハチの写真を送ってくれた方には、同映画の限定グッズをプレゼントします。

LaQ
限定グッズ例
©2015「アリのままでいたい」
製作委員会

映画ポスター
ロゴ

参加方法

  1. 準備:申込みは不要です。手引きをダウンロードして、調査にご参加ください。
  2. 調べる:家の庭や公園、山や森などで、花に集まるマルハナバチを探してください。
  3. 報告する:調査場所ごとの結果を結果報告シートに記入し、FAXやメール、郵便で事務局まで送ってください。
    ※ ハチの写真も募集しています。

報告締切

平成27年9月7日(月曜日)【必着】

 回答方法

 マルハナバチの種類と見分け方

札幌市内には、10種類ほどのマルハナバチが生息していますが、今回の調査では、毛の色で5つのタイプに分けて記録します。このうち、おしりの白いタイプは、人が持ち込んだ「外来生物」で、野外で増えているため、環境への影響が心配されています。

外来タイプ 三色タイプ 赤色タイプ 黄色タイプ 灰色タイプ

外来タイプモデル

3色タイプモデル

赤色タイプモデル

黄色タイプモデル

灰色タイプモデル

➊外来タイプ
セイヨウオオマルハナバチ

➋3色タイプ
エゾオオマルハナバチ

➌赤色タイプ
アカマルハナバチ
➍黄色タイプ
エゾトラマルハナバチ
➎灰色タイプ
ハイイロマルハナバチ
(やや小さい)

(写真提供:さっぽろ自然調査館)

セイヨウオオマルハナバチとは

成18年9月に、外来生物法の「特定外来生物」に指定されたセイヨウオオマルハナバチは、国外から輸入されたマルハナバチ類の一種で、トマトなどのハウス栽培で受粉作業の省力化や農作物の品質向上のために貢献しています。しかし、一部の個体が野外に逃げ出して野生化し、在来種のマルハナバチを減少させるなど、生態系への悪影響が懸念されています。

※「特定外来生物」
国外から人間により持ち込まれた生き物で、まわりの生き物への影響が大きいことから、外来生物法で規制の対象になっているもの。生きたまま保管・運搬することなどが禁止されています。

セイヨウオオマルハナバチ

セイヨウオオマルハナバチ
(写真提供:さっぽろ自然調査館)

【参考】

参加にあたっての注意事項

野外での活動は十分注意してください/お子様は大人の人と参加するようにしてください/私有地には無断で立ち入らないでください/一部の原始林など昆虫採集が禁じられている場所では採集しないでください/マルハナバチはおとなしいハチですが、手で捕まえたりすると刺される場合があるので注意してください/マルハナバチの近くにスズメバチがいることがあるので注意してください/送っていただいた写真は、札幌市の広報物やホームページ上で使用する場合がありますので、あらかじめご了承ください

ページの先頭へ戻る

 マルハナバチ調査隊2015事務局

株式会社さっぽろ自然調査館

〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条7丁目1-45 山岸ビル3階
電話番号:011-892-5306(平日9時~17時) ファックス番号:011-892-5318

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108