ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 生物多様性の保全 > まちなか生き物活動 > 出前子ども自然体験活動~守屋開先生の精進川の水生生物と命のつながり~

ここから本文です。

更新日:2015年8月17日

出前子ども自然体験活動~守屋開先生の精進川の水生生物と命のつながり~

出前子ども自然体験活動札幌市では、平成27年度の「まちなか生き物活動事業」の一環として、「出前子ども自然体験活動~守屋開先生の精進川の水生生物と命のつながり~」を開催しました。

 

実施概要

日時 平成27年8月8日(土曜日)10時~15時
場所 精進川(豊中公園沿い)・中の島小学校
参加人数 25名
プログラム 10時00分 集合
10時30分 精進川の水生生物の観察・採集
12時00分 昼食
12時45分 中の島小学校の理科室で顕微鏡観察・同定
14時15分 守屋開先生のお話「精進川の水生生物と命のつながり」
15時00分 解散
主催等
  • 主催:公益財団法人 北海道自然体験学習財団・札幌市
  • 後援:札幌市教育委員会
  • 協力:札幌市立中の島小学校・中の島一区第3町内会

活動の様子

中の島小学校に集合し、準備を整えいざ精進川へ。守屋先生の指示のもと、川底の石を持ち上げ、石に付着している水生昆虫を採集したり、川べりを網ですくって魚を捕まえました。
捕まえた水生生物は小学校に持ち帰り、今度は理科室で観察・同定へ。資料と見比べながら観察し、カゲロウやトビケラの幼虫、ヨコエビ、プラナリアなど、たくさんの生き物が精進川に生息していることがわかりました。また、フクドジョウをたくさん捕まえたほか、ウグイやヤマメ、トミヨ属淡水型も捕まえました。
観察後は、守屋先生によるお話があり、かけがえのない自然を後世に永く残せるように、何をなすべきなのかを子どもたちと一緒に考えました

 

採集の様子
採集の様子

採集の様子
採集の様子

採集した生き物
採集した水生生物

 

採集の様子
採集の様子

観察の様子
観察・同定の様子

講義の様子
守屋先生によるお話

事務局

公益財団法人 北海道自然体験学習財団

  • 住所:札幌市中央区南1条西4丁目 日本旅行札幌ビル8階
  • 電話&FAX:011-271-5167
  • URL:http://www.codomo-sizen.com

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108