ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 生物多様性の保全 > 生物多様性と事業活動 > 平成30年度生物多様性企業意識アンケート

ここから本文です。

更新日:2019年2月19日

平成30年度生物多様性企業意識アンケート

生物多様性マーク温暖化と並ぶ深刻な地球環境問題となっている「生物多様性」の喪失に対応するため、札幌市では、平成25年3月に生物多様性保全の指針となる「生物多様性さっぽろビジョン」を策定し、様々な取組を進めています。
この度、札幌市内の企業の皆様を対象に、生物多様性に対する企業の意識や取組状況を把握するため、アンケートを実施いたします。
5問程度の簡単なアンケートとなっており、この結果は本市の施策推進のための貴重な資料とさせていただきますので、本調査の趣旨をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

アンケートの内容

  • 生物多様性と企業活動のあり方に関する意識
  • 生物多様性保全への取組状況と取組内容
  • 生物多様性の保全と費用に関する意識
  • これから実施したいと考えている生物多様性保全への取組
  • 生物多様性保全への取組に必要な支援

調査対象

札幌市内の全事業者

アンケートの手順

  1. アンケート用紙(エクセル:68KB)をダウンロードしてください。
  2. アンケート用紙に回答を入力してください。
  3. 下記アドレスに回答入力済みファイルを添付して送信してください。
    ※メールの件名は「生物多様性アンケート」でお願いします。

【アンケート用紙】アンケート用紙(エクセル:68KB)
【送付先アドレス】biodiversity@city.sapporo.jp
【担当】札幌市環境局環境管理担当課物多様性担当話:011-211-2879

アンケート回答期限(終了しました)

平成31年2月18日(月曜日)【必着】
ご回答いただきました皆様、ありがとうございました。

生物多様性と事業活動について

々な生き物がつながり合い、支え合いながら、絶妙なバランスで豊かな生態系を保っている状態を「生物多様性」といいます。私たちは、生物多様性から水や空気をはじめ、衣食住等様々な恵みを受けています。
業活動も同様に、コピー用紙や木材、食材等、生物多様性の恵みによって成り立っていることから、事業者は、事業活動を通じて世界中の生物多様性に影響を与えていることになります。そのため、再生紙や低公害車の利用、簡易包装の実施、節電等の環境に配慮した取組は、生物多様性保全につながる重要な取組ということができます。
生物多様性と事業活動の関わりについては、下記のリンク先に詳しく書かれていますので、そちらもご覧ください。

リンク

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境管理担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108