ここから本文です。

更新日:2014年11月28日

第6回さっぽろ環境賞受賞者

第6回さっぽろ環境賞受賞者

 
地球温暖化対策部門 札幌市長賞   国立大学法人 北海道大学
優秀賞  パッシブホーム株式会社
  藤野地区町内会連合会

 →受賞者概要


生物多様性保全部門 札幌市長賞 札幌市立定山渓中学校
優秀賞  株式会社 北洋銀行

公益財団法人札幌市公園緑化協会

【札幌市豊平川さけ科学館】

地域賞  国蝶オオムラサキ保存会

→受賞者概要

 

環境保全・創造部門 奨励賞   日本航空株式会社
地域賞   特定非営利活動法人 藻岩山きのこ観察会

→受賞者概要

受賞者概要

地球温暖化対策部門

札幌市長賞

  • 国立大学法人 北海道大学
「冷涼な外気を活用した高発熱データセンターの高効率冷却システムの実現」

 北海道大学大学情報基盤センターに導入されたスーパーコンピューターを対象に、冷涼な北海道の気候を活用した外気冷房方式、さらに外気温度が低下すると高効率運転可能なチラーユニットと空調機を併用した冷却システムを導入し、高い省エネルギー率を実現しています。他施設への導入により大きな省エネにつながる取組です。

優秀賞

  • パッシブホーム株式会社
「産学官による特許工法で、自然エネルギーのみで換気と暖房(熱搬送)を同時に行う住環境の提供と普及活動」

一般住宅において、床下に設置した家庭用エアコン1台で全室暖房と全体換気を内外の温度差のみで行う工法により、暖房と換気の消費エネルギーを約半分に抑え、省エネルギー化に成功しています。省エネ・低炭素社会を目指すうえで、大いに将来性がある取組です。

  • 藤野地区町内会連合会
「町内会組織による省エネ・節電の取組」

平成25年度に連合町内会員8名により札幌市の「消費電力量見える化機器」の貸出事業を利用して節電に取り組み、消費電力量の平均削減率が前年同月比で20%以上と高い節電効果を得ることに成功しています。今年度はさらに、多くの世帯が参加し、取組が地域へ拡大しており、省エネ・節電の地域コミュニティへの展開における先進的モデルケースとして大きく期待できる取組です。

↑一覧へ戻る

生物多様性保全部門

札幌市長賞

  • 札幌市立定山渓中学校  
「創って学ぶ、森のはたらき」

奥定山渓の土場跡地をもとの環境にもどすため、現地の樹木の種子を採取し、学校に持ち帰って苗を育て、現地に植栽することにより、苗の育種や森林の育成に必要な作業体験学習を実施するとともに、定山渓三笠緑地の環境を守るため、植物調査や保全活動等のPR、清掃などの環境美化活動を地域と協働して行うなど、学校と地域の人々との連携による森づくりの取組が高く評価できます。

  優秀賞

  • 株式会社 北洋銀行
 「ほっくー基金」の設立および「ほっくー定期預金」の取扱

北海道の生物多様性保護を目的とした「ほっくー基金」を設立し、市内道内の希少動植物保護団体等への寄付を通じて環境保全活動を支援しています。 「預金」という本来業務を活かし、顧客とともに取り組む環境保全活動は、環境と事業活動の両立の模範的な活動であり、高く評価できる取組です。

  • 公益財団法人札幌市公園緑化協会【札幌市豊平川さけ科学館】
 「豊平川におけるサケの標識放流調査、及び野生サケの優先的保全を目指した順応的管理の導入検討」

市民の有志や研究者、さけ科学館のスタッフ等で構成される「札幌ワイルドサーモンプロジェクト」では、豊平川において野生サケを優先的に保全することを目的として、稚魚の放流数をコントロールする「順応的管理」の導入を目指しています。サケの順応的管理の事例は全国でも事例がなく、先進的な取組として今後の発展に大きく期待ができる取組です。

地域賞 

  • 国蝶オオムラサキ保存会  
「オオムラサキの保護活動」

自然豊かな地域特性を生かし、まちづくり活動の一環としてオオムラサキの保護活動を行っており、自然の大切さや生き物のつながりを理解する子どもの育成と自然豊かなまちづくりなど、地域の活性化につながる活動です。今後、地域の生態系全体についても配慮し、より多様な環境保全活動の要素を取り入れることなどにより、更なる発展に大きく期待できる取組です。

 

↑一覧へ戻る

環境保全・創造部門

奨励賞

  •   日本航空株式会社    
  子ども向け環境啓発プログラム「そらエコ教室」の実施

「そらエコ教室」は、地球温暖化の仕組みと航空機操縦席から見た地球の変化を写真などを用いて伝え、同社が航空機運航の中で実践している二酸化炭素排出量削減の取り組みなどを子供たちにわかりやすく紹介し、同社の事業の特性を活かした環境啓発活動を展開しています。今後、プログラムの実施回数を増やすこと等による活動の拡大により、環境教育への貢献に期待ができる取組です。

地域賞

  • 特定非営利活動法人 藻岩山きのこ観察会   
     「創立年から会員のみなさんと一緒にかなえたい夢「藻岩山の森林と関わるきのこたち&札幌近郊林のきのこ」の冊子発行を11年目に実現」

長年にわたり、きのこ写真展などの菌類普及啓発活動を継続するとともに、環境美化活動や植林活動など様々な自然環境保全活動を実施しています。学校をはじめとする他の団体への支援活動も積極的に行っており、環境教育にも大きく貢献しています。2014年に約700種類もの菌類を写真入りで掲載した冊子を発行し、教育関係等多くの団体に寄贈しており、今後のさらなる菌類普及啓発活動の発展とその社会貢献に期待ができる取組です。

↑一覧へ戻る


このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境管理担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879  内線:2879

ファクス番号:011-218-5108