ここから本文です。

更新日:2016年1月29日

居宅サービス計画の軽微な変更の取り扱いについて

居宅サービス計画を変更する際には、課題分析(アセスメント)からサービス担当者会議、居宅サービス計画の作成・交付までの一連の業務が必要になりますが、軽微な変更の場合は省略することができます。
なお、福祉用具の品目追加・削除()や一部の介護保険サービスを止める場合は、軽微な変更として取り扱うことができませんので、ご留意願います。
※福祉用具の品目削除とは、レンタルしていた車イスを、翌月以降返却する場合などを言います。

軽微な変更として取り扱うことができる場合の例は、介護保険最新情報Vol.155(平成22年7月30日)に示されております。

介護保険最新情報Vol.155(平成22年7月30日)(PDF:466KB)

本来、サービス種別が変更となる場合は軽微な変更として取り扱うことはできませんが、平成28年4月から地域密着型通所介護が新たに加わった対応として、目標が変わらず、利用者の状況以外の原因による「単なる事業所の変更」を行った結果、通所介護から地域密着型通所介護に変更となる場合に限り、軽微な変更として取り扱うことができるものとします(地域密着型通所介護から通所介護に変更となる場合も同様)。

ここで言う「単なる事業所の変更」には、通所介護事業者が利用定員を変更したことに伴い、地域密着型サービスに変更となる場合も含むものとします(地域密着型通所介護から通所介護に変更となる場合も同様)。

なお、軽微な変更を行う場合は、居宅サービス計画の変更箇所の冒頭に変更時点を明記しつつ、同一用紙に見え消し修正し、支援経過記録にも軽微な変更として取り扱った旨を記載するとともに、利用者及び第2表に位置付けた事業所等に軽微な変更の内容を周知し、その旨も支援経過記録に記載してください。

平成28年1月 介護保険課

Q&A(PDF:93KB) (H28.1.29掲載)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2972

ファクス番号:011-218-5117