ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

札幌市認知症ケアスーパーバイズ事業

事業内容

スーパーバイザーが、依頼のあった事業所を訪問し、認知症の方の個別ケアについて助言等を行います。

対象事業所

 

  • 介護老人福祉施設(地域密着型を含む)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 認知症対応型共同生活介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 複合型サービス(平成26年度から対象事業所に追加)
  • 認知症対応型通所介護(平成26年度から対象事業所に追加)

スーパーバイザー

フォローアップ研修を修了している認知症介護指導者

事業開始日

平成26年4月1日から実施

ご利用にあたっての注意事項

  • 事業所の経営や運営など個別ケア以外のこと、医療相談、利用者の家族に関する相談は対象外です。
  • 事業所の費用負担はありません。
  • 1回の相談時間は概ね2時間以内です。
  • 派遣可能な件数に限りがあるため、派遣を断る場合があります。
  • 同一利用者に対する相談は概ね2回までとします。
  • 利用者の情報をスーパーバイザーに提供することについて、事前に利用者や家族に同意を得ることが望ましいと考えます。(各事業所の判断となるため必須ではありません)

事業利用の流れ

申込み方法

派遣希望の概ね1か月前に、依頼書を下記へFAXして下さい。

依頼書様式(エクセル:39KB)

送付先:保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課認知症支援担当係担当:延(のぶ)

Fax:011-218-5117

スーパーバイザーを決定

保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課認知症支援担当係で、派遣するスーパーバイザーを調整します。

決定後、依頼のあった事業所とスーパーバイザーに決定通知書を送付します。

派遣日を決定

スーパーバイザーから依頼があった事業所へ連絡をします。

派遣日が決定したら、スーパーバイザーが保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課認知症支援担当係へ派遣日を連絡します。

利用後の結果報告

スーパーバイザーが保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課認知症支援担当係へ助言等を行った内容を報告します。

事業所は、事業利用後概ね1か月後に、助言後の結果等をアンケートに記載し、下記へFAXして下さい。

 

アンケート様式

送付先:保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課認知症支援担当係担当:延(のぶ)

 

Fax:011-218-5117

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2547

ファクス番号:011-218-5117