文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

栄養科について

常に患者さんの視点に立ち、美味しく安全で治療効果の高い病院食の提供と、栄養状態の改善のためのサポートを行います。

当科の主な業務は1.給食管理、2.栄養指導、3栄養管理・NST です。

1.給食管理: 患者さん一人ひとりの症状や体格に合わせた食事を提供しています。
治療食の種類は約40種で、食種ごとにアレルギー対応、きざみや骨とり・肉抜きなどの個別対応も行っています。入院生活をより快適に過ごしていただけるよう強化磁器食器を使用し、週5回のセレクトメニューや年間20回程度の行事食で食事を楽しんでいただいています。
また、残量・嗜好調査を定期的に実施し、喫食率向上のために献立の改善に努めています。

2.栄養指導: 医師の指示のもと、ご家庭での食事療法のアドバイスを行っています。
個別指導は、糖尿病、腎臓病、炎症性腸疾患等の病態に対し、予約制で行っています。集団指導は糖尿病教室(2回1コース)、母親教室を実施しています。

3.栄養管理・NST: 現在6診療科5病棟でNST活動を実施しています。
NSTでは医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、リハビリテーション科などとチームを組んで患者さんの栄養管理を行うことで、治療効果の向上が図られています。NST介入以外の患者さんにも必要に応じて食事調整を実施し、すべての入院患者さんの栄養状態の保持・改善をサポートしています。

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:NST)

北海道知事賞(優良給食施設)受賞

北海道知事賞(優良給食施設)は栄養(給食)管理・栄養指導などの功績が認められての表彰です。
平成29年10月21日全道栄養士研修会において表彰式が行われ、小林栄養担当課長が高橋はるみ知事の代理である村井篤司北海道保健福祉部健康安全局長より賞状を受けました。
今後も患者さまの栄養状態の改善・維持のために努めていきます。

291024_eiyou01

 

291024_eiyou02

291024_eiyou03