文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ホーム > 診療科・部門 > センター > 網膜硝子体センター

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

網膜硝子体センター

市立札幌病院 網膜硝子体センター 平成30年4月開設

市立札幌病院では、平成30年4月1日より「網膜硝子体センター」を開設します。
失明やQOLの低下につながる重症な網膜硝子体疾患を関連各科、メディカルスタッフとの連携・協力により迅速に治療を行います。病態に応じて、網膜硝子体手術、抗VEGF薬硝子体内注射、レーザー治療を組み合わせて最適な治療を行い、「より良い見え方」を目指します。また「見えにくさ」で生活に不便を感じている患者さんには今ある視機能を最大限活用する方法をロービジョンケアを通じて提供します。

対象疾患

  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 黄斑円孔
  • 黄斑前膜
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜血管閉塞性疾患
  • その他網膜硝子体疾患全般

構成科

実績

網膜硝子体手術件数(2017年)  

合計

  • 糖尿病網膜症

127件

619件

  • 網膜剥離

175件

  • 黄斑前膜

147件

  • 黄斑円孔

70件

  • その他

100件

硝子体内注射件数
(加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管など)

約200件/1ヶ月

担当医師

センター長

今泉 寛子

日本眼科学会専門医・PDT認定医

副センター長

木下 貴正

日本眼科学会専門医・PDT認定医

【紹介予約受付】 (月曜日~金曜日 9時00分~17時00分)

  • 地域連携センター TEL: 011-726-7831(直通) FAX: 011-726-7832
  • 地域医療室(医師会) TEL: 011-707-7705(直通) FAX: 011-707-7706

緊急時: Dr to Dr 患者紹介専用ダイヤル

       TEL: 011-788-6570 (月曜日~金曜日 8時45分~17時15分)

印刷用PDFファイル(PDF:549KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

市立札幌病院 

〒060-8604 札幌市中央区北11条西13丁目1-1

電話番号:011-726-2211

ファクス番号:011-726-7912