文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ホーム > 医療関係の方へ > ソマトスタチン受容体シンチグラフィについて

ここから本文です。

更新日:2016年9月28日

ソマトスタチン受容体シンチグラフィについて

「ソマトスタチン受容体シンチグラフィ」開始のお知らせ

 当院では、平成28年9月下旬より核医学検査「ソマトスタチン受容体シンチグラフィ」を開始することになりました。この検査は、全身に広く分布する神経内分泌細胞に由来する腫瘍を検出することを目的としております。神経内分泌腫瘍(NET)は、膵臓、消化管及び肺に発生することがほとんどで、ソマトスタチン受容体が高率に発現することから、このシンチグラフィが局所診断の1つとして注目されております。またNETは希少癌ではありますが、近年、その罹患率は年々増加傾向にあります。
 当院のSPECT装置はCTが搭載されているモデルですので、吸収補正や重ね合わせ等の画像処理により腫瘍の局在診断には大変有効です。
 つきましては、10月より予約受付を行う予定ですので、是非地域医療機関の皆様からも御利用いただきたいと考えております。
 当院を受診していただく患者様には、すでに稼動しているPET/CT装置、3.0テスラMR装置、320列CT装置と合わせて、最新の装置を用いた、より精密で有用な画像情報と専門の診断医によるレポートを提供させていただき、快適な検査環境の下に安全な検査をさせていただきます。

今後とも、当院放射線施設の御利用よろしくお願い申し上げます。

市立札幌病院放射線部 

ソマトスタチン受容体シンチ、ご依頼時のお願い(医療機関の皆様へ)

  • 核医学検査(ソマトスタチン受容体シンチ)のご依頼は、この診療情報提供書に必要事項をご記入いただき、下記へFAXにて送信をお願いします。折り返し予約日時をご連絡いたします。

○札幌市医師会会員医療機関様
 札幌市医師会地域医療室(市立札幌病院1F)  FAX番号 011(707)7706

 診療情報提供書(検査予約票)(エクセル:171KB)

 

○上記以外の医療機関様
 市立札幌病院地域連携センター           FAX番号 011(726)7832

 診療情報提供書(検査予約票)(エクセル:171KB)

 

  • この検査は神経内分泌腫瘍(NET)を鑑別するために行われる検査です。NETは腫瘍細胞にソマトスタチン受容体を有しており、使用する放射性薬剤がその受容体と結合することで、腫瘍の場所を画像化することが可能です。
  • 検査を申し込む際は、診療情報提供書の核医学(RI)検査の検査項目欄に「ソマトスタチン受容体シンチ」と記載して下さい。
  • サンドスタチンを使用している患者様には次のような前処置が必要です。
    短時間型を使用している場合検査前日の休薬が必要です。
    長時間型を使用している場合、休薬が難しいため、次回の注射直前にこの検査を予約する等の日程調整が必要ですので、御連絡下さい。
  • この検査に使用する放射性医薬品は週1回、水曜日に到着しますので、下記の日程で検査を進めてまいりますので御了承下さい。
    <注射日時>
    ● 毎週水曜日 午前11時に注射 (特別な場合を除いて、この時間でお願いします。)
    <撮影日時>
    4時間後と24時間後の2回の撮影をします。そのため4時間後は注射当日の午後3時から、また24時間後は翌日の午前に予定します。
  • 1回の検査で全身撮影と断層撮影を行いますので、検査時間はおよそ1時間かかります。
  • 連絡先電話番号は日中、必ずご本人に連絡の取れる電話番号をご記入ください。
  • 使用する放射性医薬品は、患者様お一人専用に検査日の1週間前から発注するため、基本的にキャンセルはできません。
  • 画像および当院放射線診断科担当医の読影レポートは、検査後1週間程度で郵送いたします。

<予約に関するお問い合わせ>

  • 札幌市医師会会員医療機関様 : 電話 011(707)7705(直通)
  • 上記以外の医療機関様 : 電話 011(726)7831(直通)

<核医学検査のお問い合わせ>

市立札幌病院 画像センター  電話 011(726)2211 (内線5322)