ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食育情報 > 食育活動紹介 > 食育活動紹介一覧12 > 中央区食生活改善推進員協議会から食育活動報告がありました

ここから本文です。

更新日:2019年1月7日

中央区食生活改善推進員協議会から食育活動報告がありました

平成30年12月14日(金曜日)午前10時から午後3時まで、札幌駅前通地下歩行空間(愛称「チ・カ・ホ」)の憩いの空間において「中央区食育パネル展~まいにち野菜」を開催しました。

これは、多くの人々に野菜摂取を促すため、中央区食生活改善推進員協議会と中央区健康・子ども課が企画・実施したものです。
推進員は各コーナーに1~2名つき、来場者との会話を楽しみながら野菜摂取を促しました。

野菜を取るためのアイデア展示コーナーでは、来場者に「いいね!」と思うものに投票してもらいました。
最も人気があったのは「みそ汁は野菜たっぷりで」でした。

フードモデル(食品サンプル)展示コーナーでは、「青菜と大根の玉子炒め」や「千切り野菜のマヨサラダ」など、それぞれの料理に含まれる野菜量の展示を行ました。

野菜量計算コーナーでは、朝食に食べた料理などを選び、野菜量を把握してもらいました。
来場者から「1日に野菜を350グラムも取る必要があるの」と驚く声も上がり、野菜を食べる習慣を意識するきっかけとなっている様子でした。

 

中央区食育パネル展 中央区食育パネル展

中央区食育パネル展

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221