ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食の安全 > 安全・安心な食のまち・さっぽろ推進事業 > さっぽろ食の安全・安心市民交流事業/子ども食品Gメン体験事業

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

さっぽろ食の安全・安心市民交流事業/子ども食品Gメン体験事業

札幌市では、市民のみなさんに事業者や生産者の食の安全・安心への取組みを現地で実際に見て、事業者や生産者と直接意見を交換してもらうことで、「事業者・生産者」と「市民」の相互理解を図り、また、市民のみなさんに食の安全について正しい知識と理解を深め、さらに食に対する信頼感を高めてもらうため、「さっぽろ食の安全・安心市民交流事業」を実施しています。

また、平成23年度からは、小学生の子どもたちを対象として、「食品Gメン(食品衛生監視員)」の仕事を体験し、食の安全についての知識や理解を深めてもらうため、「さっぽろ子ども食品Gメン体験事業」を実施しています。


参加者募集のお知らせ

  • 「食の現場を見に行こう!農場&レストラン見学バスツアー(令和元年度さっぽろ食の安全・安心市民交流事業)の参加者を募集します。募集は終了しました(当選者の方には参加証を発送済みです)

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。