ここから本文です。

更新日:2016年6月6日

平成27年度さっぽろ食の安全・安心市民交流事業/子ども食品Gメン体験事業

事業者や生産者の“食の安全・安心”への取組を現地で見学し、意見交換するなどして、事業者・生産者と市民の相互理解を図り、また、市民が食の安全について正しい知識と理解を深め、さらに食に対する信頼感を持ってもらうため「食の安全・安心市民交流事業」を実施しました。

また、子ども達が「食品Gメン(食品衛生監視員)」の仕事を体験し、食の安全についての知識や理解を深めてもらうため「子ども食品Gメン体験事業」を実施しました。

 食の安全・安心市民交流事業

第1回さっぽろ食の安全・安心市民交流事業【生産農家及び販売店】

レタスやとうもろこしなど50種類以上の農産物を生産している木田農園の圃場を見学し、木田さんと直接意見交換を行いました。また、しのろとれたてっこ生産者直売所の見学やサッポロさとらんどで収穫体験を行ったほか、野菜ソムリエである大宮さんから、野菜に関するさまざまなことについて話を聞きました。

 27-1産地見学 27-2産地見学 27-3産地見学

日時

平成27年9月3(木曜日)12時30分~17時00分

参加人数 27名
内容
  • 農場見学
  • 生産者との意見交換
  • 販売所見学
  • 収穫体験 
見学先
  • 木田農園(札幌市北区篠路町拓北北82-16)
  • しのろとれたてっこ生産者直売所(札幌市北区篠路3条10丁目1-1)
  • サッポロさとらんど(札幌市東区丘珠町584-2)
参加者の
主な感想
  • 消費者に届くまでの生産者の苦労がよくわかりました
  • 農家さんは、肥料や農薬などにとても気を使って植物由来の農薬を使用したりと努力しているというのが良くわかり安心しました
  • 農家、野菜ソムリエ、職員さんの話しとても参考になりました
  • これを機に、これからもっと食の安全について知識を持っていきたいですし、地元の野菜のその他の物をどんどん食していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る 

第2回さっぽろ食の安全・安心市民交流事業【菓子製造工場】

白い恋人パークで、北海道の代表的な菓子「白い恋人」の製造ラインを見学しました。また、お菓子作り体験を行ったほか、検査体験等をとおして、製造部門や品質管理部門の担当者らと直接意見交換を行いました。

 27-1工場見学 27-2工場見学 27-3工場見学

日時

平成28年3月2(水曜日)13時30分~14時10分

参加人数

28名

内容
  • お菓子作り体験
  • 工場ライン見学
  • 館内(ショップ)見学
  • 検査体験
  • 意見交換会
見学先

白い恋人パーク(札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36) 

参加者の
主な感想
  • 工場内もとても衛生的で、管理が行き届いていて素晴らしいと思う
  • 普段経験できないことを学ばせていただきました。食の現場を見に行くことで意識が変わります
  •  参加されている方々がいろいろ興味を持たれているようで、質問を聞いていて勉強になりました
  • 官能検査などなかなかできない体験で楽しかったです。これからも参加したいと思います

ページの先頭へ戻る 

 子ども食品Gメン体験事業

第1回さっぽろ子ども食品Gメン体験事業【札幌中央卸売市場】

全道・全国各地から新鮮な魚や野菜が集まる札幌市中央卸売市場で、小学校3~6年生の親子を対象に“食品Gメン”の仕事を体験していただきました。

青果棟見学 マグロ解体見学 手洗い実習

日時

平成27年7月31(金曜日)6時30分~11時20分

参加人数 18名(親子9組)
内容

中央卸売市場の見学・Gメン体験

  • 水産棟で放射温度計を使った温度チェック
  • 青果棟せり場の見学

市場内の検査室の見学・Gメン体験

  • 微生物検査及び理化学検査の説明
  • 手洗いチェッカー及びルミテスターによる手の汚れチェック
  • 市場関係者への質問
見学先

札幌市中央卸売市場(札幌市中央区北12条西20丁目)

参加者の
主な感想

≪子ども≫

  • 1人1人しっかり役わりを果たし、安全・安心を確かめていてすごいと思った。
  • 朝早くから、はたらいてくれて、ありがとうございます。

≪保護者≫

  • 札幌での食の取り組みや市場での事がとてもよくわかり勉強になった。
  • 市場に保健所が入っていて、いつも仕事をしているとは思わなかった。
体験レポート 平成27年度第1回さっぽろ子ども食品Gメン体験レポート(PDF:1,273KB)

第2回さっぽろ子ども食品Gメン体験事業【ロイトン札幌・札幌市保健所】 

大きな国際会議も行われるロイトン札幌で、器具の洗浄状態を確認するなどの食品Gメンの仕事と、スイートルームやチャペルなどのホテルの施設見学を行いました。

白衣着用練習 厨房内の確認 ホテルの説明

 

日時

平成28年1月8(金曜日)13時00分~17時00分

参加人数 14名(親子7組)
内容

ロイトン札幌

  • 調理器具等のATP拭き取り検査
  • 厨房内の衛生状態確認
  • スイートルーム、チャペル等の施設見学

札幌市保健所

  • 白衣の着用練習
  • ATP検査機器の使用練習
  • 手洗い実習
見学先 ロイトン札幌・札幌市保健所
参加者の主な感想

≪子ども≫

  • 食品Gメンがつかう機械をつかわせてくれてありがとうございます。食品をほぞんしているれいぞうこを見せてくれて、厨房の人ありがとうございました。
  • 見学が1ばん楽しかったです。またこうゆうイベントをやってください。

≪保護者≫

  • 普段見る事のないところの見学が子供達にはとても新鮮で良かったです。沢山企画して頂きたいです。
  • ホテルのバックヤードを見る事がなかったので勉強になりました。食の安全・安心をあたまに、徹底した管理をしているのがわかりました。
体験レポート 平成27年度第2回さっぽろ子ども食品Gメン体験レポート(PDF:763KB)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。