ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

札幌市がん対策認定企業

 札幌市が推奨する下記のがん対策に取り組む企業を、その取り組み内容に応じたクラスに分けて認定します。

 認定した際には、認定書を交付するとともに、認定されたクラスに応じ、認定マークの使用許可があるなどの優遇制度があります。 

お知らせ

  • 現在のところ新たなお知らせはありません。

応募資格

  • 札幌市内に本店や支店、事務局などの事業所を有している事業主
  • 都道府県公安委員会が指定した暴力団等の構成員を、役員、代理人、支配人その他の使用人又は入札代理人として使用していないこと。

認定要件

以下の1~3を認定要件とする。 

  1. 治療と就労の両立支援として、以下の別表1の取組事項全てを満たしている。
  2. 受動喫煙防止対策として、少なくとも事業所内を完全分煙とする。
  3. がん検診と健診を同時に受診可能にする等、受診しやすい環境を整備している。

   ただし、がん検診は、札幌市がん検診又は以下の別表2に示すがん検診とする。

クラス分類

  • シルバー : 上記認定要件を全て満たすこと。
  • ゴールド : 認定要件に加え、全面禁煙又はがん検診費事業者負担(別表3参照)のうち、いずれか1つを実施すること。
  • プラチナ : 認定要件に加え、全面禁煙かつがん検診費事業者負担(別表3参照)の両方を実施すること。

優遇制度

全クラス共通

  • ホームページでの公表に加え、特徴的な取り組みをされている企業については、本市より連携報道機関への取材依頼も提案します。
  • 求人の際にも「札幌市がん対策認定企業」であることをアピールできます。

        ご希望の場合は 市内ハローワークの求人申し込み書の備考欄に「札幌市がん対策認定企業」と記載してください。

  • 認定クラスに合わせた認定書を交付いたします。

ゴールドクラス以上

  • 認定マークの使用許可

     札幌認定マークを、印刷物やHPに掲載することができます。掲載を希望される企業は、別途認定マーク掲載届出書(PDF:78KB)を提出してください。

  •  契約上の優遇制度

     各担当課において直接、指名競争入札の参加者や随意契約の相手方を選定できる契約手続きを実施する際、優先的に選定するよう努めます。

 

 ※ その他 : プラチナかつ、がん患者の積極的雇用に努め、特に功績があると認められた認定企業については札幌市長からの表彰制度があります。

          また、障害者雇用安定助成金(北海道労働局所管 10万円)の対象となる場合もあります。

申請方法等

 認定・クラス変更申請様式

  • 札幌市がん対策認定企業申請書

     様式1-1(PDF:258KBワード:85KB

  • 札幌市がん対策認定企業対応手順書

     様式1-2(PDF:75KBワード:16KB

     様式1-2記載例(PDF:172KBワード:19KB

その他届出書

  • 認定マーク掲載届出書

     様式3(PDF:78KBワード:36KB

  • 札幌市がん対策認定企業辞退届出書

     様式4(PDF:76KBワード:34KB)   

提出先
  • 札幌商工会議所 産業部 生活・サービス産業課

  〒060-8610 中央区北1条西2丁目北海道経済センター

  電話番号   : 011-231-1374

  対応時間   :平日9時~17時30分

  ホームページ:http://www.sapporo-cci.or.jp/

 

  • 札幌商工会議所 中小企業相談所

   西支所 〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-3 宮の沢1条ビル3階   TEL. 011-665-6431
   豊平支所 〒062-0932 札幌市豊平区平岸2条5丁目2-14 第5平岸グランドビル5階 TEL. 011-823-7166
   札幌駅北口支所 〒060-0809 札幌市北区北9条西3丁目10-1 小田ビル3階  TEL. 011-756-9181
   白石支所 〒003-0026 札幌市白石区本通17丁目南5-15 白石商工センター  TEL. 011-862-7255

 

治療と就労の両立支援に関する具体的な相談・支援について  

受付先

独立行政法人労働者健康安全機構 北海道産業保健総合支援センター

〒060-0001 札幌市中央区北1条西7丁目1番地 プレスト1・7ビル2階

電話番号   : 011-242-7701 

対応時間   :平日8時30分~17時15分

ホームページ:http://www.hokkaidos.johas.go.jp/

 

相談内容
  1. 事業者や人事労務担当者などからの両立支援に関する相談に応じます。
  2. 事業場を訪問し、状況にあった具体的な助言等を行います。また、治療と就労の両立への理解を促す教育を実施します。
  3. 従業員が治療を受けながら仕事を続けるための、事業場と患者(従業員)、医療機関と連携し、調整支援をします。

   また、両立支援プラン作成の助言を行います。事業者等に対する啓発セミナーも実施可能です。

 別表

別表1

取組事項

提出物

活用する様式

  • がんに罹患した際の相談窓口の設置

   従業員への周知

   従業員及び事業者が利用できる支援制度の把握

   支援体制に係る関係者の整理

様式1-1(PDF:258KBワード:85KB

 

  • 休暇制度及び勤務制度(少なくとも以下のうち一つは規定)

   時間単位の年次有給休暇

   傷病休暇、病気休暇

   時差出勤制度

   在宅勤務(テレワーク)

   試し出勤制度

   短時間勤務制度(育児、介護休業法に基づくものを除く)

様式1-1(PDF:258KBワード:85KB

 

就業規則

 

  • 対応手順書の策定

   事前準備

   がん診断後両立支援、復職に向け

   休職中

   治療と就業の両立中

様式1-2(PDF:75KBワード:16KB

● 様式イ(PDF:370KBワード:38KB

  勤務状況報告書(従業員→主治医)

● 様式ロ(PDF:407KBワード:34KB

  診断書兼就業意見書(主治医→企業)

● 様式ハ(PDF:377KBワード:33KB

  復帰意見書(主治医→企業)

● 様式ニ(PDF:358KBワード:39KB

  両立支援・職場復帰プラン(従業員・所属部署)

 

別表2

検診項目

検査方法

基準

負担額

対象

年齢等

受診

間隔

胃がん検診

胃部エックス線検査(バリウム検査)

2,200円

50歳以上

2年に1回

胃内視鏡検査

基準なし

肺がん検診

  1. 胸部エックス線検査
  2. 喀痰細胞診(問診により実施)

1  無料

1+2 400円

40歳以上

1年に1回

大腸がん検診

便潜血検査(2日法)

400円

子宮がん検診

子宮頚部細胞診

1,400円

20歳以上の女性

2年に1回

乳がん検診

マンモグラフィ検査

  1. 40歳代  …2方向撮影
  2. 50歳以上…1方向撮影(原則)
  1. 1,800円
  2. 1,400円

40歳以上の女性

注)従業員の自己負担額は基準負担額以下とすること、胃がん検診の検査方法についてはどちらか一つの検査方法のみでも可能とする。

※ 胃部エックス線検査(バリウム検査)は40歳以上・1年に1回の実施も可能とする。

 

別表3

取組項目

  • 事業所内を全面禁煙(建物内禁煙又は敷地内禁煙)にする
  • 実施するがん検診を、札幌市がん検診ではなく、事業者負担にて実施するがん検診とする。従業員に一部負担させる場合は上記別表2の基準負担額以下とすること。

 

障害者雇用安定助成金(北海道労働局所管)

  一定の要件を満たす事業主が、本事業にて要件としているがん治療と就労の両立支援を含む「両立支援制度」を導入・実施した場合に、各都道府県の労働局が10万円を支給する制度。

  • 詳細

     次のリンク先「雇用関係助成金のご案内(詳細版)パンフレット」のうち、P8~P10及びP146~P150を参照してください。

  • 申請様式

     次のリンク先「申請様式」から入手してください。

申請先(本社が道内企業の場合)
北海道労働局職業安定部職業対策課雇用対策係(障害担当)

〒060-8566 札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎

電話番号   : 011-709-2311

ホームページ:http://hokkaido-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221