ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 未受診妊婦対策 > 赤ちゃんのキモチで考えよう!

ここから本文です。

更新日:2016年8月16日

赤ちゃんのキモチで考えよう!

赤ちゃんのキモチで考えよう!

定期健診を受けず、出産間際になって医療機関へ飛び込み出産をする「未受診妊婦」が、いま社会問題となっています。その要因はさまざまありますが、やはりそれはオトナ側の都合によるもの。でも、誰もが赤ちゃんであったことを思えば、その立場になって考えることは、できるはず。女性も男性も、年齢も関係ありません。

さあ、赤ちゃんのキモチであなたも考えてみませんか?

札幌市母子健康手帳 表紙デザイン募集!審査結果発表!詳しくはこちら

 

 

未受診妊婦防止・解消キャンペーン「赤ちゃんのキモチで考えよう!」は、
市民と団体・企業と札幌市が一体となって推進する取り組みです。

●キャンペーン・パートナー企業 

アインファーマシーズ

サッポロドラッグストアー

ツルハドラッグ

アラクス

オムロン ヘルスケア株式会社

MIZUHO MEDY

株式会社メディケアシステムズ

つぼ八

AEON

Seicomart

三角山放送局

赤ちゃんのキモチで考えると、
妊娠から出産までの大切なことやキケンなことが見えてきます。

 

詳しく見る

診断を受ける 母子健康手帳を受け取る 妊婦健診を受ける 出産までの流れ

 

 

赤ちゃんのキモチで考えよう!座談会

 北海道の主婦&ママのネットワーク「MaM-CaN」会員の中から、妊娠経験のない方、出産経験のある方、はじめての妊娠の方に参加いただき、助産師さんを交えて、妊娠・出産に関する座談会を実施しました。

 座談会の様子はこちら(PDF:502KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所医療政策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5162

ファクス番号:011-622-5168