ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康(からだ・こころ) > 健診・検診 > がん検診 > 札幌市胃がんリスク判定のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

札幌市胃がんリスク判定のお知らせ

胃がんリスク判定の実施について

胃がんの原因の8割がヘリコバクターピロリ菌(以下、「ピロリ菌」という。)とされており、胃がピロリ菌に感染し、胃炎を起こすと胃がんになりやすいと言われております。

札幌市では、平成31年1月より、血液検査により胃がんにかかりやすいかどうかを判定する検査を実施することとしております。

具体的には、血液検査によりピロリ菌感染の有無と胃粘膜萎縮の度合いを調べ、両者の結果の組み合わせにより、胃がんのリスクをA、B、C、Dの4つの群に分類し、リスクの度合いを判定いたします。

また、リスクの高い方(B~D群)には、精密検査を受診するよう勧めております。

(注)胃がんの有無を調べる検査ではありません。

≪対象者≫

下記の要件をすべて満たす方を対象としております。

  • 札幌市内にお住まいで、受診日当日に満40歳の方(平成33年3月末までは、満42歳、満44歳、満46歳、満48歳の方も受診可能です。)
  • 過去に札幌市胃がんリスク判定を受診していない方
  • ピロリ菌除菌歴の無い方
  • 次の状態に該当しない方 (上部消化器(食道・胃・十二指腸)に自覚症状がある方/上部消化器疾患で治療中の方/胃酸分泌抑制薬の中で、プロトンポンプ阻害薬を服用中の方/胃切除後の方/腎不全の方/免疫不全・低下の状態、または免疫抑制剤を服用している方)

 

≪検査費用≫

  • 公益財団法人北海道対がん協会がん検診センター  900円
  • 指定の医療機関                       1,000円

検診費用の一部をご負担いただきますが、生活保護世帯・市民税非課税世帯方は、証明書類の提示で自己負担額が免除になります。

費用が免除される方

証明書類

市民税非課税世帯に属する方

市・道民税が非課税であることが確認できる書類

生活保護世帯に属する方

生活保護受給証明書


≪検査項目≫

検査内容は問診・血液検査(血清ペプシノゲン検査・ヘリコバクターピロリ抗体検査)です。

  • 血清ペプシノゲン検査      …胃粘膜萎縮の有無を調べます。
  • ヘリコバクターピロリ抗体検査 …ピロリ菌の有無を調べます。

なお、検査に伴い、検査内容などをご理解いただいた上で受診していただいております。受診を希望される方には、検査にかかる説明書兼同意書にご署名いただいております。

≪実施場所≫

実施医療機関は医療機関名簿をご覧ください。

※各区保健センター、各地区会館等住民集団検診では実施致しません。

≪受診方法≫

健康保険証や運転免許証など、住所・氏名・年齢のわかるものを提示のうえ、実施の医療機関等の窓口に「札幌市胃がんリスク判定を受診したい」と申し出てください

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221