ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

乳がん検診無料クーポン券(新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業)

 平成29年度は、下記のとおり実施いたします。 

乳がん検診無料クーポン券について

 一定の年齢に達した女性に対して、乳がん検診に関する検診手帳と検診費用が無料となるクーポン券を送付し、がんに関する正しい健康意識の普及啓発を図るとともに、受診促進を図ることを目的としています。国の方針に基づき実施します。

 下記の対象者の方へ、平成29年4月20日時点での住民登録をもとに、直接送付します。事前申込は不要です。

平成29年度乳がん検診無料クーポン券の対象者 

 平成29年4月20日時点で、札幌市に住民登録をされている以下の方

下表の生年月日の女性

生年月日

年齢

(平成29年4月1日現在)

昭和51年(1976年)4月2日~昭和52年(1977年)4月1日

40歳

 

平成29年度の送付時期

平成29年6月21日(水曜日)に発送いたしました。

 平成29年4月20日時点で札幌市外に住民登録をされている方は、住民登録のある市町村から送付されます。住民登録のある市町村に問い合わせてください。(よくあるご質問へ)

無料となる検診内容

問診・マンモグラフィ検査(注1)

エコー等の追加検査、診療等を受ける場合は、検診料がかかりますので、医療機関からの説明を受けてください。

妊娠中、授乳中や今までにかかったご病気、検診時の症状によっては、無料クーポン券がご使用いただけない場合がありますので、主治医にご相談ください。

注1:マンモグラフィ検査は、40歳代の方は2方向撮影、50歳以上の方は原則*1方向撮影です。 

※医師の判断により2方向撮影とする場合もある

検診実施場所

札幌市内の指定の医療機関(直接申込みをしてください)
実施医療機関名簿
無料クーポン券に同封されている「乳がん検診手帳」にも実施医療機関名簿が掲載されています。

クーポン券の有効期限

 平成29年度対象者のクーポン券の有効期限は、クーポン券がお手元に届いてから、平成30年3月31日まで。

 平成30年3月31日までに検診の申し込みをしていても、検診受診が平成30年4月1日以降になった場合は、いかなる理由があっても、クーポン券は無効となります。

平成29年4月1日からクーポン券の発送までに、「札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」を受診した場合

以下の条件に該当する場合は、医療機関で支払った検診料を後日払い戻しします。

条件

平成29年度の乳がん検診無料クーポン券の対象となる方で、 平成29年4月1日から無料クーポン券がお手元に届くまでの間に札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」を受診して自己負担額を支払った場合

「札幌市が実施しているがん検診」の詳細はこちら→札幌市が実施しているがん検診

妊娠中や症状のある方の検査、人間ドック・職場での検診、過去にかかったご病気によっては、検査の内容が同じでも、「札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」の対象外となりますので、主治医にご確認ください。

払い戻し方法について

平成29年12月末までに該当となる方へ直接ご案内を郵送する予定です。事前申込み不要。

 クーポン券と引き換えに、札幌市が払い戻しをします。医療機関では払い戻ししません。

 なお、払い戻しを希望せず、無料クーポン券を使って再度検診を受けることもできます。

注意

札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」を受診した場合とは・・・
検診受診日当日に満年齢で40歳以上の原則*偶数歳であり、札幌市が指定する実施医療機関で、札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」として申込みをして受診した場合。自己負担額は、以下の通り。 

※直近の偶数歳時に札幌市乳がん検診を受診していない奇数歳の方は受診可能

北海道対がん協会札幌がん検診センター:1,300円 
その他の実施医療機関:1,800円  

札幌市が指定する実施医療機関についてはこちら→実施医療機関名簿

平成29年3月31日以前に「札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」を受診した場合や、人間ドック・職場検診、エコー等による検診などの「札幌市が実施しているがん検診(乳がん検診)」以外での受診の場合は、払い戻しはできませんのでご了承ください。

よくあるご質問

Q1.どうして対象者の年齢を制限しているのですか?目的は何ですか?
A1. 今回の事業は、国の方針により特定の年齢の方に対して女性特有のがん検診の受診促進策として実施するものです。国の事業として実施されるものですので、ご理解ください。

Q2.今回クーポン券の対象になっていないが、検診を受診したい場合はどうしたらよいですか?
A2-1.職場(家族検診も含む)で検診を受ける機会のある方
 ~職場検診、家族検診で受診してください。
A2-2.職場等で検診を受ける機会のない方
 ~札幌市内にお住まいであれば、40歳以上で原則*偶数歳の時に1回、札幌市が実施しているがん検診を受けることができます。※直近の偶数歳時に札幌市乳がん検診を受診していない奇数歳の方は受診可能
 料金等の詳細はこちら→ 札幌市が実施しているがん検診 

Q3.来年度(平成30年度)以降もこの事業を実施するのですか?
A3. 国の事業であるため、現在のところ未定となっています。
 国の実施が決定しましたら、本ホームページでお知らせいたします。

Q4.平成29年4月20日以降、札幌市外へ引越しをする場合はどうなるのですか?
A4.無料クーポン券等は平成29年4月20日現在の住民登録の住所へ郵送することになりますので、新しい住所へ確実に届くように郵便局に転居・転送届けを提出してください。
詳細は→郵便局の転送サービス
 引越し先に無料クーポン券が届きましたら、そこの市区町村へ連絡をして無料クーポン券の使用期限や医療機関についてお聞きください。札幌市と使用期限等が異なる場合があります。
無料クーポン券は、居住している市区町村内でのみ使用可能です。

Q5.平成29年4月20日以降、札幌市内へ引越ししてきました。前に住んでいた市町村からクーポン券が送られてきましたが、札幌市で使えますか?
A5.以下の2点を札幌市の実施医療機関に提出・提示していただいて、ご使用ください。札幌市のクーポン券と差し替える必要はありません。

  1. 平成29年4月20日時点にお住いの市町村から発行された、クーポン券(国の要綱に基づき発行される無料クーポン券に限ります。市町村独自で発行されているクーポン券は対象外です。)
  2. 現在、札幌市にお住まいであることがわかる公的書類(健康保険証や運転免許証など)

Q6.クーポン券は誰でも使えるのですか?
A6. いいえ、使えません。クーポン券には、氏名、生年月日、住所等が記載されており、本人のみ使用できます。また、医療機関の窓口で、保険証等による確認をします。

Q7.すでに乳がん検診を受診したが、この券を使って再度受診できますか?
A7. 受診できます。ただし、医学的には2年に1度の受診で十分な検診効果がありますので、1年に2度受診する必要性は低いとされています。

Q8.今までに一度もクーポン券をもらったことがないが、なぜですか?申し込みが必要なのでしょうか?
A8. 申し込みは不要です。対象の方には、一斉に郵送します。乳がんの無料クーポン券事業は、平成21年度に国の事業として開始され、平成29年度で9年目の事業となっています。対象者が年度ごとに決められているため、今までに対象年齢に該当していない方もいらっしゃいます。 

お問い合わせ先

 

【札幌市コールセンター】(電話 011-222-4894)※年中無休 8時00分~21時00分

【保健福祉局保健所健康企画課】(電話 011-622-5151)

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221