ここから本文です。

更新日:2020年5月23日

新型コロナウイルスと闘う医療従事者に応援メッセージを!

医療従事者の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療の最前線で新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医師や看護師をはじめとする医療従事者の皆さまには、感謝の言葉しかございません。

医療従事者としての誇りを胸に市民の生命を守るため、日夜奮闘する医療従事者の皆さまに対し、心からの感謝の気持ちを伝えるとともに、少しでも心の支えとなっていただけるよう、励ましの熱い応援メッセージを募集します。

今後も安全・安心な医療体制の確保に努めるとともに、札幌市民の健康で安全な生活を確保していくため、我々も全力を挙げて皆さまを支援してまいります。

ともに戦っていきましょう。

市長からの応援メッセージ

 

市民の皆さまからの応援メッセージを募集しています

医療従事者の皆さまへの応援メッセージを募集しています。

いただいた応援メッセージは、新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医療従事者の皆さまに届けさせていただきます。

※応援メッセージの一部については、ホームページ等にて紹介させていただく場合があります。

 

応援メッセージ投稿フォームはこちら

市民の皆さまから寄せられた応援メッセージ(一部抜粋)

応援メッセージ
医療従事者の皆様、いつご自分も感染するか分からない中、
そしてマスクや防護服など医療用品も足りない中、懸命に取り組んでくださること、心より敬意と御礼申し上げます。
私は、小児喘息で何年も入退院を繰り返しましたが、看護師さんの寄り添いが暖かく嬉しかったこと、
ナースステーションの灯りを見ると、なかなか眠れない夜も安心できたことを思い出します。
そのときも、夜勤の看護師の皆さんがそこで働いてくださっていたのですよね。
また今も持病で長らく病院にお世話になっていますが、
寄り添い理解してくださる医師の方々に支えられてここまで人生を諦めずにくることができました。
皆さま、どうかご自愛ください。
そして、医療従事者の方々に対する差別的な言動には強く反対・抗議してまいります。
本当にありがとうございます。

40代 北区在住
医療従事者のみなさん、今働いてくださってる皆さん、本当にありがとうございます。
私個人でできることは少ないかもしれないですが、少しでも協力できるように行動させていただきます。
今、大切なのは一人一人が自分で判断して適切な行動をとることだと聞きました。
全てのひとが周りの人のために行動することができる世の中になることを少しでも後押しできていれば幸いです。
今、こんな状況の中働いてくださってる皆さん本当にありがとうございます。
休憩してくださいといいたいところだけど、
それすら負担になっていたら申し訳ないので感謝の気持ちだけでも伝わっていればうれしいです。
頑張ってください。

10代以下 北区在住
医療従事者の皆さまの存在に日々感謝しています。
現在、妊娠6ヶ月でどうしてこのタイミングで…と悩んだ時期もありましたが、
毎回の検診で私よりも感染の恐怖と向き合いながら
優しく出産まで寄り添った言葉をかけて下さる先生、看護師、助産師の方に心からの感謝をお伝えしたいです。
自分の出来る事として行動自粛をして、
より早く医療従事者の方々がほっと息を付ける日がやって来る事を強く願います。

20代 中央区在住
私の将来の夢は医者です。
皆さんのようなたくさんの病気に立ち向かえるような医者になりたいです。
コロナウイルスにうつったら大変、という不安もあると思いますが、国民のためにもがんばってください。
応援しています。

10代以下 西区在住
医療従事者の皆さまへ

最前線で働いてくださり、本当にありがとうございます。
私たちの今の生活があるのは、医療従事者の皆さまのおかげだと思います。
この大きな危機を乗り切るために、お互いを思い合うことを大切にして、
私たちができることは何なのかを考えて行動したいと思います。
微力ながら、医療従事者の皆さまを応援しております。

10代以下 北区在住
医療従事者の方全てに感謝しています。この一言につきます。
感染者の治療にあたってらっしゃる方々は、肉体的、精神的にもギリギリの中でやってらっしゃるのではないかと思います。
ご家族の方にも会えない中で、治療にあたっているのではないでしょうか?
直接感染患者に関わっていない医療従事者の方々も風評被害があったり、
私達が思いもよらないようなところでご苦労されていらっしゃるのではないかと思います。
私が出来る事は、不要不急の外出を控える事ぐらいですが、皆様方へ感謝の気持ちを持ちながら、毎日を過ごしています。
どうか皆様、お体に気をつけて乗り切って頂きたいと思います。

年代不詳 清田区在住
最前線の現場で、日々昼夜問わずご尽力されている皆さんに心から感謝します。
身内にも医療関係者がいます。心無い誹謗・中傷は、相手にする価値がありません。
少しでも皆さんの負担を減らせるよう、私もいまの自分にできることを徹底したいと思います。
一日も早い終息を願っています!

30代 豊平区在住

☆最前線の現場におられるエッセンシャルワーカーの方へ☆
コロナが札幌で騒がれ始めて、もう3ヶ月以上も経ちます。終わりもなかなか見えない中で、第二波が来て…。
多大なストレスを抱えておられることと思います。
それでも、休むことなく、諦めることなく治療を続けてくださっている医療従事者の皆さんに、

心からの感謝をお伝えしたいと思います。
わたしの好きな曲に、医療従事者の方にピッタリだと思う歌詞があったので、一部ご紹介します。
「見返り求めず憐み示せば喜び膨らみ 満足得られる憐みの人は真に美しい」
患者さんのために一生懸命働いてくださっている姿は、とても美しいと感じます。
これからも、心身ともにお気をつけください。

年代不詳 市外(道内)在住

医療従事者の皆様、

日々、新型コロナウイルス感染症と最前線で向き合ってくださり、本当にありがとうございます。
私の家族や知り合いには医療従事者はいないため、
皆様のご苦労や努力はメディア等を通して想像することしかできませんが、
いつまで続くかも不透明なこの未曽有の事態に立ち向かうこと、ご自身やご家族の命を守りながら、
患者さんのケアにあたる日々を過ごすことは精神的にも体力的にも相当なものだと推察します。
この未曽有の事態を乗り切ることは、もちろん医療従事者の皆様のご尽力なしには成し遂げられませんが、
一方で医療従事者の皆様だけでなく、市民、国民一人一人が、
この事態に真摯に向き合う姿勢もまた事態の早期収束には欠かせません。
私も日々自分にできることを精一杯やっていきます。
共に闘いましょう!
このようなメッセージを書くことによって改めて医療従事者の皆様を想うことができました。
ありがとうございました。

20代 厚別区在住

毎日、忙しく働いている医療機関の皆様へ
コロナなど感染の危険がある患者さんの対応は、命がけですし、大変なことと思います。
私がかつて入院していた病院や、友達の勤務先にもコロナ患者が出たことを知り、大変胸を痛めております。
治療を止め続けるのが難しい病気の方もいるので、患者さんにも、安心して治療に専念できる環境が整います様に。
少ない金額ですが、募金させて頂きました。

50代 白石区在住
私たちの元気を取り戻そうと奮闘していただいている医療従事者の皆さまへ
いつも大変お世話になっています。
今回のコロナウイルスへの対応はまだまだ続いている中ですから、益々お忙しい毎日を過ごしていられることと思います。
私たち自身がさらに感染を拡大していかないように、行動自粛や新しい行動様式への改善を心がけて参りますので、
医療従事者の皆さまもどうかお身体に気をつけて業務に当たってください。
皆さまご自身がご無事で終息の日を迎えられますように、心からお祈りしています。

40代 厚別区在住
医療を支える皆さんへ
皆さんの懸命な努力で地域が支えられていること、市民の命が支えられていることを、改めて実感します。
厳しい環境のなかでの戦い、その使命感に頭が下がります。
歴史に残る仕事をしていることをご家族に誇ってください。
私たちは皆さんとご家族を応援し続けます。

70代 中央区在住
医療従事者の皆様へ
私の家族も新型コロナの受け入れ病院で働く医療従事者の一人です。
最近は感染患者数も減り落ち着いてきたように見えていますが、医療の現場は大変と聞いています。
ずっと医療用具も不足する中を感染のリスクを背負って頑張り続けている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
刻々と容態が悪化する方や亡くなってしまう方がいる。
感染のリスクを考えると家族の元へ帰る事はできない。精神的に張り詰めた糸が切れる寸前。
完全な終息はずっと先の事になるのでしょうから、走り続けている医療従事者の皆さんが一呼吸できるよう…
私達が気を緩める事なく感染しない行動をしなくてはならないと思います。
どうか皆様お体に気をつけてください。
一日でも早く皆様がお子様を抱き上げたり家族と安らげる日が来るよう。
私達はコロナを恐れながらも優しい心を持ち、
コロナと闘っている方たちに敬意と感謝の気持ちを忘れずに感染しない行動を続けなければならないと思います。

50代 西区在住
医療従事者の皆様
本当に日々過酷な状況で人々の命を救うために励んでいただいていることと思います。
今回の札幌市の企画である医療従事者への応援メッセージという取り組みを知り
皆様のおかげでわれわれの日々の生活が送れているのだなあと
あらためて認識する機会にもなりました。
どうぞお体を労わりながら
とは言ってもなかなか難しいかもしれませんが
休む時にはしっかりと休み食べる時にはしっかりと食べていただきまして
引き続きご尽力いただければ幸いでございます

40代 中央区在住
ほんの少しでも皆さまの心の支えになれたらと思い、微力ではありますが応援メッセージを送らせていただきます。
私はこれまで、日常生活の中で「医療を受けられること」をどこか当たり前のように感じていました。
しかし、それは決して当たり前のことではなかったのだと、今になって改めて強く感じています。
医療に従事される皆さまが昼夜問わず、医療を必要とする方々のため身も心も削りながら寄り添って下さるからこそ、
私たちは安心して暮らすことができているのだと改めて気付かされました。
この場をお借りして、心より、ありがとうございます。
そして、どこか当たり前のように感じていた自分を恥ずかしく思っております。
ヒーローのように感じられても同じ人間同士。
とてつもない重圧や激務にさらされ泣きたくなるような日も少なくないのではないかと想像いたします。
どうか、ご自身とご家族の安らげる時間が少しでも多くありますよう願ってやみません。
そして一刻も早い収束のため、自分に出来る健康管理と外出自粛を
引き続き行うことで同じ札幌市民としてささやかながらお力になれるよう頑張ります。
最後になりましたが、医療従事者の皆さまを心より尊敬しております。

30代 豊平区在住
いま、医療従事者の皆様は、新型コロナウイルスという未曽有の敵と、その最前線で戦っていただいています。
自分自身や、ご家族の感染リスクを防ぎながら、皆様は、その大きなプレッシャーの中で、
人々の大切な命を守るために献身的に頑張ってくださっていると思います。
一方で、世の中には、医療従事者の皆様やその家族の方々を、危険な対象として
差別や偏見、そして、誹謗、中傷といった形で攻撃する方がいると聞き、とても悲しくなります。
新型コロナウイルスがどういうものなのか、正しく理解できないあまりに新型コロナウイルスが怖いあまりに、
多分その恐怖心からなのでしょうか、分かりませんが。
私は、医療従事者の方々や、皆様を支えるご家族を、感謝の気持ちで応援したいと思います。
そういう思いで、今回、この投稿をさせていただきました。
私のような思いを持っている方々は、たくさんいると思います。
ぜひ、この思いを医療従事者に届けてほしいと思いますし、少しでも、その支えになればと願っています。
今まで経験したことがないような大変な事態ですが、私たち一人ひとりができることが、たくさんあると思っています。
私たちの生活を支えて下さる多くの方々に対し、感謝の気持ちを持ちながら、
この機会に、一人ひとりができることを、もっともっと考えていきたいと思います。

40代 北区在住
医療従事者のみなさまにおかれては、日々コロナ対策の最前線で働かれており、
多忙さはもとより感染リスクと常に隣り合わせであるため、心身ともに困憊のなか業務にあたられていると思います。
そのような中、我々が皆さんにできることは、感謝することと、それをできるだけ形にしてお伝えすることと思っています。
本当にご苦労様です。そして、ありがとうございます。
皆さんのおかげで救われた命、生まれた笑顔がどれだけあるか・・
一日も早いコロナの収束と、従事者の皆様の健康を願い、応援メッセージとさせていただきます。
まだ難局は続きそうですが、皆で乗り越えていきましょう。

年代不詳 中央区在住

すべての医療従事者の皆さん、関係者の皆さんに心から感謝しております。本当にありがとうございます。
それと同時になかなか感染抑制ができていない現状に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんなさい。本当に本当にごめんなさい。
1日でも1秒でも早くコロナウィルスが収まって、あなた方がいつもの日常を取り戻し、
あなた方を待っている大切な人たちに安心して笑顔で会える日を心から祈っております。
私たちは感染防止の為に自宅待機や自粛する事しかできませんが、

医療従事者の皆さんのご負担にならないようにがんばります。
あたりまえのあの日を取り戻すまでみんなでがんばりましょう。
札幌市の皆さん、心をひとつにがんばりましょう。

40代 北区在住

医療従事者の皆様
昼夜を問わずの激務に頭が上がりません。
もし医療従事者の方にお子様がいて保育園や学校の心無い保護者に差別的な事を言われたら、
「人の心があるのか?自分のさえよければ自分の子どもさえ守れればいいのか!?」と怒れる人でありたいです。
そして医療従事者のお子様を守れる保護者であろうと思います。
大変な仕事を続けてくれて
本当にありがとうございます。

50代 西区在住

我が家の長女が看護師を目指し、今年医療大学へ進学しました。
なので尚更、医療に従事されている方々の事が常に頭に浮かびます。
本当に頭が下がります。
市民レベルでは何もお助け出来る事は無いかもしれませんが、

コロナにうつらない、うつさない事が最低限の応援と思い、なるべく人との接触を避けております。
頑張れとは言いません。
こんな状況ですから、とにかくご無事でとしか言えません。
そして、心からありがとうとお伝えしたいです。
長女も数年後、みなさまのおチカラになれるよう勉強しております。
くれぐれも御自愛下さい。

40代 東区在住

ふるさと納税募集中

札幌市では、医療体制の強化や医療従事者への支援などのため、皆さまから寄附を募っております。
ご支援・ご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所医療政策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5162

ファクス番号:011-622-5168