ここから本文です。

更新日:2020年5月30日

札幌市医療従事者応援プロジェクト

札幌市では、4月に入ってから、新型コロナウイルス感染症の感染者数が急激に増加し、今もなお、感染拡大が続いている状況にあります。

政府による緊急事態宣言が5月31日まで延長される中、札幌市の医療提供体制は、医療現場の最前線で活躍される医療機関・医療従事者の皆さまの日夜、懸命なご尽力により、ギリギリのところで維持されている状況にあります。

札幌市といたしましては、医療従事者の皆さまが感染リスクにさらされることなく安全に医療提供ができるよう、また、心身の負担を少しでも軽減できるよう、様々な支援策を講じてまいります。

既に、ふるさと納税を活用した新型コロナウイルス感染症対策の寄付の募集や医療機関向けの個人防護具(PPE)の物資の提供・支援などに取り組んでおります。

また、日々奮闘する医療従事者に対する市民からの応援メッセージを募集し、心からの感謝の気持ちや励ましの声を医療従事者の皆さまにお届けする取組をスタートいたします。

札幌市は、こうした医療機関・医療従事者を支える取組を「札幌市医療従事者応援プロジェクト」と称し、引き続き、新型コロナウイルス感染症と闘う医療従事者を支援していくとともに、市内の医療提供体制の整備に努めてまいります。

▶医療従事者への感謝の「青」!

新型コロナウイルス感染症に対し、献身的に立ち向かう医療従事者への感謝を表すブルーライトアップは、3月26日にイギリスのロンドンで始まり、その後、この運動は世界中に広がりを見せています。

「青色」で照らすのは、イギリスの国営医療サービス事業である国民保健サービス「NHS」のシンボルカラーが「青色」であることが由来となっており、札幌市内でも次の施設などで、医療従事者たちに感謝とエールを送るブルーライトアップの取組が行われています。

 

札幌時計台ブルーライトアップ

札幌市時計台

 

札幌ドームブルーライトアップ

札幌ドーム展望台

 

サッポロファクトリーブルーライトアップ

サッポロファクトリー

 

札幌競馬場ブルーライトアップ

札幌競馬場

「新型コロナウイルス感染症対策」寄付~みんなでコロナに立ち向かおう!~

現在、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が全国に出されており、北海道については、特に重点的に感染拡大防止の取組を進めていく必要があるとして「特定警戒都道府県」に指定されています。

そこで札幌市では、医療体制の強化や医療従事者への支援などを進めていく予定です。その財源の一部として、皆さまから寄附を募っておりますので、ご支援・ご協力をお願いいたします。

「新型コロナウイルス感染症対策」寄付のお願いのページはこちら

医療機関向け個人防護具(PPE)の物資提供・支援

医療従事者が新型コロナウイルス感染症対応の医療現場で安全に診療が行えるよう、サージカルマスクや防護服などの医療用物資を医療機関やクラスターが発生した施設に提供します。

提供した医療用物資

医療用物資 供給量
サージカルマスク

2,613,960枚

N95マスク

85,119枚

ゴーグル

2,595個

フェイスシールド

62,171個

ニトリルグローブ

91,735枚

防護服

6,147着

サージカルガウン

453,896着

消毒液

3,571ℓ

※令和2年5月26日時点

新型コロナウイルスと闘う医療従事者に応援メッセージを!

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療の最前線で新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医師や看護師をはじめとする医療従事者の皆さまには、感謝の言葉しかございません。

医療従事者としての誇りを胸に市民の生命を守るため、日夜奮闘する医療従事者の皆さまに対し心からの感謝の気持ちを伝えるとともに、少しでも心の支えとなっていただけるよう、励ましの熱い応援メッセージを募集します。

今後も安全・安心な医療体制の確保に努めるとともに、札幌市民の健康で安全な生活を確保していくため、我々も全力を挙げて皆さまを支援してまいります。

ともに戦っていきましょう。

「新型コロナウイルスと闘う医療従事者に応援メッセージを!」のページはこちら

市民からの応援メッセージ入りポスター

5月12日から医療従事者の皆さまに対する応援メッセージの募集を開始したところ、数多くの心温まる応援メッセージをいただきました。ご協力いただいた市民、道民、国民の皆さま本当にありがとうございました。

このようにして寄せられた感謝のお気持ちを、より多くの医療従事者の方々に伝えるべく、応援メッセージ入りポスターを作成しました。このポスターは新型コロナウイルス感染症の対応医療機関にお届けしております。

応援メッセージ入りポスター(PDF:1,694KB)はこちら

市民の皆さまから寄せられた応援メッセージ(一部抜粋)

応援メッセージ

新型コロナウイルスの感染患者に対応している病院の様子が報道されるのを見て、
医療従事者の皆さんがご自身への感染というリスクにさらされながら、

使命を全うしている勇気に感謝したいと思い投稿させていただきました。
勇気には逆境に面しても頑張り通す、正しい事柄を擁護する、
堂々と信念をもって苦難に立ち向かうといった特色がある、と言われています。
まさに皆さんはコロナウイルスとの戦いの最前線で立派な勇気を示しておられます。
現場で働く知り合いの看護師さんから、
ご家族も先の見えない状況の中で忍耐し医療従事者の皆さんを支えておられること、
その上周囲から心ない言葉をかけられていることもお聞きししました。
このような形でしかできませんが医師の皆さん、看護師の皆さん
そして医療に従事される全ての皆さんの勇気と、
医療従事者者の皆さんを支えておられるご家族に心からの感謝をお伝えいたします。
本当にありがとうございます。

70代 清田区在住

初めてのウイルスで手探りの対応に追われてる中で、常に危険に晒されて、
それでも献身に、1番厳しい現場で患者と向き合って日々がんばってる医療従事者の皆様のおかげで、
私達は、こうして安心して生活ができてると感謝の気持ちしかありません。
自分がその立場になれば、感染のリスクと日々闘いながら同じ対応ができたのか…と考えたら出来ないと答えると思います。
本当に有難うございます。そして本当にお疲れ様です。
医療従事者の皆様に感謝しながら皆様の健康をお祈りしています。

50代 豊平区在住

医療従事者の皆様、支えてくださっているご家族の皆様。
ありがとうございます。日々、感謝しています。
毎日、不安と緊張があり大きなストレスを感じますよね、、、、
どんな時でも人々に何も見返りを求める事無く、
受けるより与える精神により命を救う為、
多くの犠牲を払い働いてくださっている事に私たちは助けられて支えられています。
心から感謝し、応援しています。

50代 清田区在住

新型コロナウイルス感染患者に対応されている医療従事者の皆さま、本当にありがとうございます。
私も医療従事者です。市内の民間病院で働いていますが、
私たちのような病院が今まで機能を果たしてこれたのは、

コロナを最前線で受け入れている、感染症指定病院の存在があるからです。
市立札幌病院、北海道医療センターなど、コロナ発生当初から対応されている皆さまには、本当に感謝しかありません。
報道や医療関係者からの情報などを見聞きし、物資不足や長期に渡る治療・看護従事を思うと、
同じ医療従事者として本当に人事とは思えません。
皆さまに直接的な支援は出来なくても、

今自分が出来ること、勤めている病院で出来ることを同僚や他職種の方々とも話しています。
コロナ以外の患者さんが今まで通りの医療を受けれること、
コロナ対応病院のバックアップをすることが、私たち民間病院の役割だと思いながら、日々従事しています。
緊急事態宣言が解かれ、人々の流れが戻っても、
最後までこの感染症と向き合っている医療従事者の皆さまがいることを、
自分自身も含め、皆忘れずに日々を過ごし、これ以上の感染拡大がないことを願っています。

40代 中央区在住

緊張感の走る医療現場で身を粉にして働いて下さっている皆様には本当に頭が下がります。
心から感謝を申し上げます。
「惜しみなく与える人は報われ他の人を爽やかにする人は自分も爽やかにされる」と言う言葉が有りますが
時間、体力の限りを尽くし思いやりを持って接して下さっているその働きは、必ず報われる事と思います。
重ねて感謝し1日も早くコロナ感染が終息しホッとする日が来ることを祈っています。

 

60代 清田区在住

自分のことばかり考えずに他の人のことにも気を配りましょう、と言う言葉の通り、

医療従事者の皆さんの命がけの働きに心からエールを送ります。

もし、少しでもお休みが取れたら、心の緊張を解いて、皆さんお身体をご自愛下さい。
医療従事者を支えるご家族の皆様にも、心から感謝致します。

60代 清田区在住

ウイルス感染者数が多い北海道で、頑張っている医療従事者の方々、保健所などの関係者の方々には、本当に感謝しています。
差別などもあると聞いていますが、私の周りにそんな人が居たら、烈火のごとく怒りますのでお任せください!
一市民として出来ることは、自分が患者とならないようにすることでしょう。
これからも継続して、3密を守っていきます。

50代 西区在住
何度も大学病院の先生方に救われてきた私です。
今懸命にコロナと向き合い戦っている医療従事者の皆さんに、心からエールをおくりたいと思います。
何も力になれない事がとても歯がゆいです。
ひたすら家に閉じ籠りコロナにかからない事しか出来ませんが、
私は先生方ナースの皆さんが感染しないことを切に願います。信じています。
又笑顔で受診できる日が来ることを…。

50代 市外(道内)在住

毎日忙しく働いておられる医療従事者の皆様へ
今は皆様の懸命な働きで市民の命が支えられています。
「あらゆる勤勉な働きには価値がある」と言う言葉の通り皆様のその勤勉な働きには本当に頭が下がります。
皆様を応援しておりますので、どうかこれからも頑張ってください。
また皆様を支えておられるご家族の方々にも深く感謝します。

60代 清田区在住

あなた達にも家族、恋人、友人、守りたい人がいると思います。
守りたいからこそ、きっとご自分もSTAY HOMEしたいと思うでしょう。
それにも関わらず最前線で戦い見ず知らずの私達を守ってくれていること感謝しかありません。
この場を借りてしか言えない弱い私でごめんなさい。
ありがとうございます。
あなた達がいるから今日も大切な人の笑顔がみれました。
本当に本当にありがとうございます。

30代 北区在住
医療従事者の皆さんへ。
目に見えないウィルスとの戦いは、誰にとっても驚異となっている出来事です。
そんな中、最前線で働いて下さっている医療従事者の皆さんの労苦に、頭が下がります。
きっと皆さんの大切なご家族も、多大な犠牲を払って皆さんを支えておられるのではないでしょうか。
本当にありがとうございます。
昔の人の言葉に『人にとって働く充実感以上の幸せはない』とあります。
尊い命を救うため、皆さんが奮闘して下さり、時には葛藤もあることと思いますが、
誰にでも出来ることではない自己犠牲の働きには、必ず報いはあります。
皆さんの働きに、心からの感謝をこめて。

60代 清田区在住
医療従事者様、新型コロナウイルスに、日々奮闘してくれている事にとても感謝します。ありがとうございます。
大変な状況の中、肉体的にも精神的にもダメって言う時でも、コロナと闘っている事に、私は胸を打たれました。
皆さんのおかげで、多くの大切な命が助かっています。本当にありがとう!
この時期を乗り越えれば、明るい未来は必ずきます。一緒に乗り越えましょう。
そして最後に、医療従事者の皆様どうか体には気をつけて頑張ってください!応援しています!

10代以下 西区在住
医療従事者の皆様へ
テレビ等の報道から大変な状況下で闘っているのだと知りました。
新型コロナから私達を全力で守ってくれている方々への偏見差別、誹謗中傷があるなんて信じられませんでした。
でも私をはじめ多くの市民は医療従事者の皆様に感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
私に出来る事は外出を控え、健康管理を気をつける事位しか出来ませんがそれが一緒に闘っている事だと信じ頑張ります。
本当にありがとうございます。必ず皆で笑顔で過ごせる日が来ると信じています。

50代 東区在住
私は、保育士をしている50代の主婦です。
若い時医療の現場で働いていました。
ですから、現場の状況は手に取るようにわかります。
やっても、やっても終わらない状況。
あらゆる手を施しても改善されない状況や救えない命の中、頑張っていることが目に見えます。
現場は暗闇のなかでしょうが、きっと光が射します。
世の中は少しずつですが、光射しつつありますよ。
もう少しです!!
体には十分気を付けお互い頑張りましょう。

50代 南区在住
最近コロナウイルス感染症で退院された方のインタビューがありました。
「大丈夫ですよ」と医療従事者から声をかけて頂いた事が一番の励みになったとのコメントを聞いて感動しました。
とても忙しく緊迫された中でも病気で弱い立場にある人に、思いやりの言葉をかけられて立派だと思いました。
私の愛読書の中にも「慰めの言葉をかけ、弱い人を支え、辛抱強くあってください」とあります。
新型感染症の最前線で闘って下さっている医療従事者の皆様に心からの感謝をお伝えしたいと思い投稿しました。
ありがとうございます。感謝にて。

60代 清田区在住
日々、最前線で地域を支えて頂きありがとうございます。
私たちが計り知れないほどのリスクや不安をかかえながら、命を救う為に努力して下さり、本当に感謝しています。
私に出来ることは少ないですが、少しでも力になれればと思い、メッセージを送らせて頂きました。
医療従事者の方々の健康と、一刻も早い終息を願っています。

10代以下 南区在住
大変な状況の中、私たちのために奮闘してくださっている皆さま、本当に本当にありがとうございます。
皆さまが日々最前線で闘ってくださっているお陰で私も仕事をしながら共に乗り越えようと思えます。
昨年、私は親の病で在宅治療を経験しました。
医療のお仕事は患者1人1人に寄り添い、患者さんを親身になって対応してくださる、
自分の身を削りながら日々取り組んでくださっている、
本当に素晴らしい、自分には到底できない仕事だと感じております。
本当にありがとうございます。大変な状況ではありますが、これからも応援しています。

20代 西区在住
医療従事者の方々へ
日々、尽力してくださりありがとうございます。
医療従事者の方々のリスクに対する不安や立ち向かってくださっている勇敢さは私には、はかり知れません。
それぞれに大切な人がいて守りながらも最前線に立ってくださっていること。本当に頭があがりません。
言葉では足りないですが、ありがとうございます。
どうかほんの少しでも安らげる時間がありますように。
外出自粛くらいしか貢献できない私ですが、ともに終息に向かって進んでいますよう。
心はともにありたいです。

30代 東区在住
勇敢に闘ってくださっている皆さまへ
愛、勇気、憐み深さ、辛抱強さ、善良さ…。
皆さんが払ってくださっている自己犠牲の多くの働きに感謝とともに、深い敬意を表したいです。
一人一人の貴重な命を大切に思ってくださる大きな愛、本当にありがとうございます。
心からの感謝を込めて…。

40代 東区在住

医療従事者の皆様。関係者の皆様。心から感謝申し上げます。
正直今どの様な言葉をかけて良いのかもわからない位戦って命を守る為に尽力されてる姿を想像しただけでも涙が出て来ます。
ですから何もできませんが、私は緊急事態宣言が出てから未だに家に居ます。
皆様の事を考えたら自粛のストレスなんて言ってられません。
どうか辛かったら泣いて下さい。悔しい思いをしたら叫んで下さい。
でも確実良くなっている人達います。その時は笑顔を見せて下さい。
心と身体を守りながら今を乗り越えて頂きたいです。
皆様が頑張っている事は決して忘れてません。
毎日祈っています。ありがとうございます。

60代 西区在住

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所医療政策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5162

ファクス番号:011-622-5168