ここから本文です。

更新日:2016年2月28日

微量採血用穿刺器具の使用状況について

1 微量採血用穿刺器具とは

 微量採血用穿刺器具とは、主に血糖値を測定する目的で、微量の血液を採取するために指先に針を刺す器具であり、通常の注射器などとは違います。
 今回問題になっている器具は、針は交換できますが、針の周辺部分は交換できないものです。(下表下段の器具)

穿刺器具イメージ

このページの先頭へ

2 どのような危険性があるのか

 微量採血用穿刺器具の針を交換していても、周辺部のキャップの部分等を交換せずに複数人に使用した場合には、ウィルス性肝炎などに感染している人の血液が針を介して、他の人の血液中に入り、感染させるおそれがあります。
 しかし、わが国においては、これまでのところ当該器具を複数人に使用することによる感染症の発生事例の報告はありません。
 なお、当該器具を個人専用として使用している方は、ご心配ありません。

このページの先頭へ

3 本市関連施設等における不適切な使用について

 本市関連施設及び本市関連事業において、現在までに判明した微量採血用穿刺器具の不適切な使用状況について、以下のとおりお知らせいたします。 なお、針を交換せずに複数人に使用した事例はありません。

(1) 市立札幌病院及び静療院(PDF,164KB)
(2) 札幌市稲寿園(PDF,9KB)
(3) 健康さっぽろ21フェスタ(きたえーる)(PDF,10KB)
(4) 札幌市夜間急病センター(PDF,10KB)(平成20年8月8日追加)

このページの先頭へ

4 本市内の医療機関における不適切な使用について (平成20年8月8日追加)

 本市内の医療機関の調査を実施した結果、微量採血用穿刺器具の不適切な使用が明らかになった施設及び回答がなかった施設について、以下のとおりお知らせいたします。

 (1) 不適切な使用が明らかになった施設(PDF,136KB)
  *上記ファイル中の医療器具番号と医療器具名の対応表(PDF,45KB)
 (2) 未回答施設(PDF,12KB)

このページの先頭へ

5 微量採血穿刺器具の取扱いに係る市民相談窓口 (平成20年8月8日更新)

 今回の穿刺器具の使用等に関する相談窓口は、以下のとおりです。

市民相談窓口一覧(PDF,109KB)

このページの先頭へ

6 リンク (平成20年8月8日追加)

厚生労働省ホームページへのリンクです。(施設公表・Q&A等)

厚生労働省ホームページ

このページの先頭へ

お問い合わせ先

医療政策課医務係
電話 011-622-5162

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221