ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

薬物乱用とは

本来は、病気などの治療に使用する医薬品を医療目的以外で使用したり、医薬品でない薬物を不正に使用することを「薬物乱用」といいます。
たとえば、不眠症でないのに酩酊感を味わうために睡眠薬を飲んだり、シンナーを遊びや快楽を得るために使用することです。
このような目的で使用した場合、たとえ1回使用しただけでも、薬物乱用にあたります。

乱用される危険のある薬物とは

乱用される危険のある主な薬物

※厚生労働省・都道府県作成パンフレット「薬物の乱用は、あなたとあなたの周りの社会をダメにします!」から抜粋

なぜ薬物乱用はいけないのか?

  1. 脳をおかされて、心も体もメチャクチャになる。
  2. 自分の意思では止められなくなる。
  3. 薬物乱用により凶悪な事件を起こす。
  4. 薬物欲しさに犯罪を犯すようになる。
  5. 法律で厳しく禁止されていて、重い罰を受ける。
  6. 友達や家族を失う。

誘われたときの断るコツ

薬物は、一度乱用するだけであなたの将来を台無しにしてしまう可能性があります。薬物の使用を誘われたら、しっかりと断りましょう。

  1. ハッキリ・キッパリ断る!(少しでも迷っている様子を見せてしまうと、また誘われてしまいます。)
  2. その場から離れる!(誘われた状態から早く抜け出しましょう。)

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所医療政策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5162

ファクス番号:011-622-5168