ここから本文です。

更新日:2016年2月25日

利用のご案内

札幌市の斎場(火葬場)の受付時間・利用料金などについてご案内します。

受付時間

受付時間は、9時30分から15時までです。
なお、火葬の順番は到着(受付)順となっております。

休業日

1月1日及び友引日

利用料金

火葬料金のご案内

注意事項

  • 火葬するときは、火葬場使用申請書(火葬台帳)と火葬埋葬許可証がかならず必要です。
  • これらの書類を忘れた場合は火葬できませんので、事前にご確認ください。
  • 火葬をする場合は、死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ火葬することができません。
    ただし、法令に定めのあるものや、妊娠7か月(24週)に満たない死産の場合には、24時間以内に火葬することができます。
  • ペットを連れてのご来場は、ご遠慮ください。
  • 副葬品の自粛にご協力ください

 

<参考>

ページの先頭へ戻る

 火葬料金のご案内

種類 単位 金額
火葬炉 ★12歳以上の死体 1体につき 49,000円
★12歳未満の死体 1体につき 40,000円
★死胎(死産) 1体につき 23,000円
★埋葬(土葬)された死体 1体につき 12,000円
手足の指 1kgまでごとにつき 1,000円
上記以外で焼骨が発生する人体の一部 1kgまでごとにつき 3,000円
焼却炉 胞衣産わい物 1kgまでごとにつき 600円
上記以外で焼骨が発生しない人体の一部 1kgまでごとにつき 600円
特別控室 1室につき 23,000円
霊安室 1時間までごとにつき 100円
火葬済証明手数料 1件につき 350円

★印…札幌市民は無料です。

ページの先頭へ戻る

 副葬品の自粛にご協力ください

 副葬品をひつぎに入れますと、火葬や収骨の障害となることがあります。
 現在、ダイオキシン類などによる環境汚染が大きな社会問題となっており、副葬品の中にプラスチック製品などが入っていた場合、火葬によりダイオキシン類が発生する可能性があります。
 ダイオキシン類の発生や火葬時の障害を防ぐため、副葬品をひつぎに入れないようご協力をお願いいたします。
 また、ドライアイスは燃焼を妨げますので、出棺時にはお取りいただきますようご協力をお願いいたします。

副葬品の制限品目

制限品目 考えられる障害

・プラスチック(ビニール)製品
 例)ハンドバック、靴、ゴルフボール、おもちゃ、人形など
・化学繊維製品、カーボン製品
 例)洋服、寝具、ゴルフクラブ、テニスラケット、釣竿など

・ダイオキシン類の発生
・急激な燃焼による温度上昇
・酸素不足による不完全燃焼
・集塵装置の不具合
・火葬時間の延長
・焼骨の損傷
・ガラス製品
 例)ビン類、めがねなど
・硬貨
・貴金属製品
 例)宝石、金、プラチナなど
・焼骨、台車への焼付き
・炉内での爆発(密閉の場合)
・貴金属の焼失に伴う誤解の発生
・燃えにくいもの
 例)果物(西瓜、メロンなど)、書籍(辞書、アルバムなど)、繊維製品(衣類、ぬいぐるみなど)
・火葬時間の延長
・酸素不足による不完全燃焼
・危険物
 例)化粧品スプレー、ガスライター、電池、携帯電話など
・炉内での爆発(ご遺骨損傷の原因となります。)

故人がペースメーカーをご使用されていた場合には、火葬受付時にお申し出ください。
また、義手、義足等はなるべく外して下さい。

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311