ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 理容・美容・クリーニング業 > 営業者の皆様へ > 理容師法・美容師法の取扱いが変わりました

ここから本文です。

更新日:2015年7月31日

理容師法・美容師法の取扱いが変わりました

 厚生労働省より「理容師法及び美容師法の運用について」の通知が、平成27年7月17日に発出されたことから、同日より、理容師法および美容師法の取扱いが以下のとおり変わりました。

 

1 理容行為について

  理容師はこれまで、パーマネントウェーブについて、刈込み等の行為に伴う理容行為の一環として、男子に対し仕上げを目的とする場合のみ認められていましたが、客の性別によらずパーマネントウェーブを行うことができることとなりました。

 

2 美容行為について

  美容師はこれまで、カッティングについて、パーマネントウェーブ等の美容行為に伴う場合と女性への施術は認められており、これ以外のカッティングは認められていませんでしたが、客の性別によらずカッティングを行うことができることとなりました。

 

参考

 以下の行為については、変更はないので、留意してください。

1 染毛は、理容師または美容師でなければ行ってはいけません

2 顔そりは、理容行為の範囲に相当するため、理容師のみが行えます


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所環境衛生課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5165

ファクス番号:011-622-5177