ここから本文です。

更新日:2014年9月10日

給水設備の区分

ビル、マンション等に設置されている給水設備は、その規模や使用している水源により設備の構造や維持管理に関する基準が異なっています。これらは「水道法」をはじめ、「札幌市簡易専用水道指導要領」や「札幌市給水設備の構造及び維持管理等に関する指導要綱」に基づき、以下のとおり区分されております。

  1. 簡易専用水道
  2. 小規模受水槽水道
  3. 住居用飲用井戸
  4. 業務用飲用井戸
  5. 専用水道

給水区分

 

(注1)水道直結施設については、保健所への届出は必要ありません。

(注2)水道法の規定により、水道水を使用している施設においても、

 

  • 地中または地表にある25mm以上の導管が全長1,500mを超えるもの
  • 地中または地表にある水槽の有効容量が100m3を超えるもの

については、専用水道に該当します。詳しくは、札幌市保健所にご相談ください。

(注3)住居用飲用井戸等は、もっぱら1戸の住宅のみに供給する場合は除きます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所環境衛生課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5165

ファクス番号:011-622-5177

※健康被害の発生など、緊急の対応が必要な場合は直接お電話にてご連絡をお願いします。