ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

予防接種の間違いの防止について

北海道保健福祉部地域保健課より、下記の通り、定期の予防接種に係る間違いの発生防止に関する通知がなされました。医療機関の皆様におかれましては、参考資料をご確認いただき、事故の防止に向けて引き続き取り組みを推進していただきますようお願い申し上げます。

定期の予防接種にかかる間違いの発生防止について(通知)(PDF:42KB)

 

(参考資料)予防接種における間違いを防ぐために(PDF:3,566KB)

(参考資料)予防接種の間違いの防止について(PDF:4,563KB)

・(参考資料)予防接種基本方針部会における医療関係者ヒアリング資料(平成30年3月29日開催)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000200528.html

 

予防接種の事故に伴う処理

定期予防接種の実施にあたり、万が一、誤った用法容量でワクチンを接種した、有効期限の切れたワクチンを接種した等の事故を引き起こした場合には、

以下の(1)から(7)までの内容を任意の様式に記載し、郵送またはFAX(FAX番号:622-5168)で札幌市保健所感染症総合対策課に報告してください。

(1)予防接種を実施した期間

(2)ワクチンの種類、メーカー、ロット番号

(3)予防接種を実施した年月日(事故発生日)

(4)事故に係る被接種者数

(5)事故の概要と原因

(6)健康被害発生の有無(健康被害が発生した場合は、その内容)

(7)今後の再発防止策

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168

※緊急の対応が必要な場合は、直接お電話にて御連絡を願います。