ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康(からだ・こころ) > 感染症・予防接種 > 感染症 > 医療従事者(医師・獣医師等)の皆様へ > (医療機関・研究機関等の皆様へ)世界的なポリオ根絶に向けた、不必要なポリオウイルスの廃棄について

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

(医療機関・研究機関等の皆様へ)世界的なポリオ根絶に向けた、不必要なポリオウイルスの廃棄について

平成27年12月11日、厚生労働省健康局結核感染症課より、世界的なポリオ根絶に向けた、不必要なポリオウイルスの廃棄について、周知及び協力依頼がありましたのでお知らせいたします。
通知の概要は、以下のとおりです。

【通知の概要】

  1. 感染性のある2型野生株ポリオウイルスを含む材料(詳細は以下の通知参照)については、平成28年1月末までに、廃棄すること。廃棄の方法については、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に規定する四種病原体として、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則第三十一条の三十四第三項に規程する方法で滅菌の上、廃棄すること。
  2. 感染性のある2型ワクチン株ポリオウイルスを含む材料(詳細は以下の通知参照)については、平成28年7月末までに廃棄すること。廃棄の方法については、感染性廃棄物として、適切に廃棄すること。
  3. 上記の期日を超えて、感染性のあるポリオウイルスを含む材料を継続して保有する必要があると考える場合は、上記の期日までに、その施設等の責任者から、厚生労働省健康局結核感染症課まで連絡すること。

世界的なポリオ根絶に向けた、不必要なポリオウイルスの廃棄について(平成27年12月11日厚生労働省健康局結核感染症課長通知)(PDF:119KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168

※緊急の対応が必要な場合は、直接お電話にて御連絡を願います。